fc2ブログ

扶桑会について

指導者: 石塚嘉 【達人・名人・秘伝の師範たち】
稽古日時:日曜14時半~16時半 / 木曜19時~21時
稽古場所:神道扶桑教 世田谷太祠 東京都世田谷区松原1丁目7−20 【道場紹介】 

入会希望者が参加可能な公開稽古は4月29日(月・祝)13時30分から16時30分まで開催します。
場所は 世田谷区総合運動場 体育館 第一武道場です。
扶桑会への入会を希望される方は 左のメールフォームよりお問い合わせください。

扶桑会のYouTubeチャンネルでは「メンバー限定動画」の配信を始めました。一般公開の動画ではカットしている口伝や、道場でしか見せないコツを取り上げています。
興味のある方は 「Aiki-Kobujutsu」チャンネルホームページ にアクセスして「メンバーになる」から購読手続きしてください!
【扶桑会がTV放送されました!】 縦に使う1 
NHKWorld「J-arena」(↑上の画像をクリックすると無料視聴できます) 
 

【関連商品】 縦に使う1 扶桑会DVD「柔(やわら)の力の完成」←Amazonへリンク   
【Twitter】https://twitter.com/aiki_fusoukai
【Instagram】https://www.instagram.com/aiki_kobujutsu/
【Facebook】https://fb.com/kobujutsu

【稽古日誌】3月14日、17日 本稽古、20日 大東流合氣柔術 扶桑会  




大東流合氣柔術 扶桑会の稽古日誌、今回は3月中旬の修練内容について記していきます。

まずは3月14日(木)の稽古。
この日は畳の道場を使うことができず、普段剣道場として使われている板間の施設での稽古となりました。



PSX_20240314_214256.jpg



そのため大きな受身や居捕(座った状態で行う技)は最小限に止め、手首や肘の操作法や、剣を使った動きの修練を中心に研究しました。



PSX_20240314_214818.jpg



木剣を使った修練では、青眼の構え方、運歩などの基礎から、四方投げ、一本捕を剣を使って単独で鍛錬する方法に取り組みました。

すでに「独習法」としてYouTube動画に公開している動きですが、改めて皆で共有することで、その価値を再確認しました。



PSX_20240314_215646.jpg



一人稽古にも十分に生かせる修練法です。
剣の理合の体得に役立ててください。

※「独習法」は当ブログ内「カテゴリ>基本動作」の中に格納されています。



PSX_20240314_220631.jpg











3月17日(日)、この日は3月の本稽古でした。

扶桑会の本稽古ではこれまで何度も取り上げているのですが、この本稽古でも「自然体」をテーマに3時間の研究をしました。



PSX_20240317_230227.jpg



我々が「自然体」と呼ぶ身体を作るためには、地球に働く重力を感じて、それを受け入れることから始めます。

つまり、身体感覚において自分が生きている環境と素直に合致していくことを目指すのです。



PSX_20240317_224025.jpg



やがて修行が進めば、その感覚は他者との関係性にも及んでいくでしょう。

自他を過剰に区別し、自我をあくまで押し通すことが人を不自由にします。それは、私たち現代社会に生きるものが負う宿痾(しゅくあ)といってもよいと思います。



PSX_20240317_220150.jpg



それを乗り越えることを、扶桑会の稽古では目指していきます。



PSX_20240317_232413.jpg












最後は3月20日(水・祝)の稽古。



PSX_20240320_191934.jpg



相手との接点をいかに「持たせたまま」にするか。

脱力、手刀の使い方、粘着など個々の操作法を統合して、相手が握ったところを離せなくさせる動きに取り組みました。



PSX_20240320_184426.jpg



身体操作もさることながら、相手とぶつからず、ひたすらくっついていくという動きには、心理的な意識改革が必要です。



PSX_20240320_181840.jpg



その根本の考え方を、日本古武術の修練を通して心に定着させていけるといいですね。



PSX_20240320_195006.jpg
















スポンサーサイト



Posted on 2024/03/23 Sat. 09:25 [edit]

category: 稽古日誌

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  合気柔術  手刀  古武術  受身  自然体  剣の理合  一本捕 
tb: 0   cm: 0

【稽古日誌】令和5年11月12日 16日 19日 大東流合氣柔術 扶桑会  




大東流合気柔術 扶桑会の稽古日誌、今回は11月中旬の稽古内容を記録していきます。
まずは12日(日)の稽古。

この日は畳敷きの会場が確保できず、板張りの体育室での修練となりました。



PSX_20231112_221047.jpg



そのため、足捌きの訓練や木剣を使った身体の使い方を稽古しました。



PSX_20231112_221316.jpg



正しく素振りを行うことで、脱力や丹田を意識した身体操法を磨いていくことが可能になります。
相手をつけての修練が中心のように思われがちな大東流合氣柔術ですが、一人稽古で感覚を高めていくことも大事です。



PSX_20231112_225522.jpg



長時間素振りを行った後に少しだけ一本捕をやってみたところ、いつもより技のキレが増して、びっくりしたという声が上がりました。

たまに板間での稽古をするのも、普段は感じられない気づきがあって良いものです。



PSX_20231112_225837.jpg










続いて11月16日(木)の稽古。
11月も半ばを過ぎ東京も急激に冷えこんできた感がある中、熱心に古武術修行に取り組みました。



PSX_20231116_222204.jpg



扶桑会が目標に掲げる「自然と一体になった動き」とは、人間本来が持っている心の状態を探るプロセスでもあります。

日常生活で直面する様々な問題に頭を悩ませることも多いと思いますが、稽古場ではそれをリセットして無心に体を動かします。



PSX_20231116_224131.jpg



たった今目の前で起こっていることに完全に焦点を当て、あたかも命のやり取りをするような気持ちで立ち向かう…。
一朝一夕には成らない難しい作業ではありますが、それぞれのレベルに合わせて、雑念を捨て、無心に稽古することに集中するのです。



PSX_20231116_230046.jpg



扶桑会ではこうした真摯な修行の中から、「自然体の境地」に入ることを目指しています。



PSX_20231116_221933.jpg












最後は11月19日(日)の稽古。
この日も基本の形から。



PSX_20231119_211840.jpg



相手と接触した瞬間に感じる「ぶつかり」に対して、どう応じていくかということは大東流合氣柔術の修行者にとって永遠の課題です。



PSX_20231120_014910.jpg



初心者から熟練のものまでそれぞれに工夫を凝らして方法論を探っていきます。

ガイドとして考え方を指導することは出来ますが、自ら納得して感覚に落とし込んでいく過程は修行者本人に求めるほかありません。



PSX_20231120_014530.jpg



この日は自主練習の時間をたっぷりと取って、個々の技の探求に取り組みました。

令和5年も残りひと月余り。気を引き締めて稽古していきましょう!



PSX_20231120_103205.jpg











Posted on 2023/11/22 Wed. 20:00 [edit]

category: 稽古日誌

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  合気柔術  古武術  丹田  一本捕  自然体 
tb: 0   cm: 0

稽古日誌 令和5年5月25日、28日、6月1日 大東流合気柔術 扶桑会  




大東流合気柔術 扶桑会の稽古日誌。今回は5月下旬から6月初旬にかけての内容です。
5月25日(木)の稽古では、初伝一カ条立合の形を中心に修練。



PSX_20230526_080410.jpg



何度も繰り返し鍛錬してきた動きですが、練度が上がるほど自分の頭に思い描くイメージと実際に操作する体の動きとの間にギャップが生まれてきます。

そこにもどかしさを感じてしまいますが、一方ではそれだけ武術の思考法が身についているということでもあります。



PSX_20230526_091936.jpg



最近稽古の中で私が会員の皆さんに繰り返し伝えている言葉があります。
それは、「『難しいことが有る』ということは『有難い』こと」。

頭で理解はしてもなかなか実行できないことを克服しようと努力する、それこそが感謝すべき成長の機会だ、という意味です。



PSX_20230526_092438.jpg



古武術の修練を通じて、そうした成長の機会に日々向き合えているのは、本当にありがたいことです。



PSX_20230526_093720.jpg















5月28日(日)は、3人の昇級審査を行いました。

5級審査は一本捕、逆腕捕をそれぞれ左右、居捕と立合で行います。
扶桑会では昇級を目指す人が最初に挑戦するのがこの5級です。
全部で8本の演武ですが、衆目のなか古武術の所作に則って技を披露するのは、相当の緊張感です。



PSX_20230528_195231(1).jpg



続いて3級審査。こちらは初伝一カ条の居捕・立合をすべて行う、計21本。
4級から一挙に形の数も増え、難易度も上がります。

初段(黒帯)にたどり着くまでの、大きな関門と言えます。



PSX_20230528_195459.jpg



積み上げた修練の成果を見せて、無事に全員が認定を受けました。

3人とも大東流を始めたばかりの頃に比べると、見違えるほどの成長が示されました。
会全体にとっても、良い刺激になったことと思います。



PSX_20230528_184354.jpg



技術向上と、古武術的な思考法の理解を車の両輪として、扶桑会は活動しています。
昇級審査はその一つの指標です。



PSX_20230528_184739.jpg



昇級昇段を目指しながら、審査に取り組む過程で自分自身の稽古への取り組み方を再発見していく効用もあります。



PSX_20230528_184150.jpg



たゆまずに毎回の稽古を積み重ねていくこと。

継続こそが、力です。



PSX_20230528_185633.jpg














最後は6月1日(木)、世田谷総合運動公園 体育館での稽古。



PSX_20230601_235152.jpg



この日は同じ攻撃に対して、一カ条、二カ条それぞれの考え方で対応していく形で修練しました。



PSX_20230601_234824.jpg



中心を攻める、間合いを空けるといった初動の違いはありますが、相手と結んだ接点を小手先の力ではなく身体全体の連動で操作していくところは共通です。



PSX_20230601_234614.jpg



見慣れない動きや手首関節の取り方に戸惑いもありながら、新鮮な気持ちで新しい形に取り組みます。



PSX_20230601_234308.jpg



出来る、出来ないにあまりこだわり過ぎることなく、大東流合気柔術の本質探求を楽しむような稽古を目指していこうと考えています。



PSX_20230601_235708.jpg













Posted on 2023/06/05 Mon. 19:28 [edit]

category: 稽古日誌

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  合気柔術  古武術  一本捕  居捕 
tb: 0   cm: 0

其の四百二十六 一ヶ条立合 大東流合気柔術 扶桑会  




大東流合気柔術 初伝118カ条のうち「一ヶ条」と呼ばれる31本の形を3回にわたって紹介する。

第1回目の今日は「立合」の十一本。双方が立った状態で行う形である。

扶桑会では昇級審査の5級で一本捕、逆腕捕、4級で左記に加えて車倒、裏落を行う。
3級以上は11本すべてが審査項目に入ってくるため、この動画を参考にして習熟されたい。







以下に形の名称を読み方とともに記す。

一本目 「一本捕(いっぽんどり)」
二本目 「逆腕捕(ぎゃくうでどり)
三本目 「車倒(くるまだおし)」
四本目 「裏落(うらおとし)」
五本目 「小手返(こてがえし)」
六本目 「腰車(こしぐるま)」
七本目 「帯落(おびおとし)」
八本目 「搦投(からめなげ)」
九本目 「切返(きりかえし)」
十本目 「四方投・表(しほうなげ・おもて)」
十一本目「四方投・裏(しほうなげ・うら)」



一カ条立合サムネ2



動画の見方であるが、最初に通常の速度での演武、続いて再生速度を落としてポイントごとに解説を加えている。
いわゆる「楷書」のように一点一画をおろそかにせず、しっかりと詰め、崩しを入れて制していく「柔術」的動きである。
最初はこのように、柔術的技法を大切にして形を覚えていくことが望ましい。

なお、それぞれの形の解説の末尾に「合気柔術」として動きを簡略化した方法を掲げた。
簡略化と言っても単純にコンパクトにしたというものではなく、より少ない動きの中に柔術的崩しを包含させている。
一見すると体捌きなどが省略されているようだが、これらも微妙な重心の移動や身体操作で柔術的技法と同じかそれ以上の威力を発揮させている。

より発展的な研究に役立てていただければ幸いである。








Posted on 2023/03/18 Sat. 19:00 [edit]

category: 一カ条

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  合気柔術  一本捕  小手返  重心 
tb: 0   cm: 0

稽古日誌 令和5年1月19日 22日 26日 29日 大東流合気柔術 扶桑会  




大東流合気柔術 扶桑会の稽古日誌。今回は一月後半の稽古内容です。

まずは1月19日(木)、扶桑教世田谷太祠 本殿での稽古です。



PSX_20230121_105737.jpg



この日は「中心を攻める」を主題にして研究しました。

中心と一口に言っても、そこをどのようにとらえるか、お互いが動いている中でそれなりに難しいものです。



PSX_20230121_105916.jpg



ただ単に相手の中心を見つけ出すだけではなく、次には自分の中心力を発揮することも必要になります。
筋力に依存した力任せの操作では、相手とぶつかってしまいがちです。



PSX_20230121_110335.jpg



形稽古を通じて、流動的な動きに備えた感覚を養成していきます。



PSX_20230121_111511.jpg








続いて1月22日(日)の稽古。



PSX_20230122_220905.jpg



この日は前日に公開したブログの内容「其の四百十八 受け止める」をおさらいする形で進めました。

相手の力を受け止めるとき、自分が力を内に込めてしまっては、はじき返すような形になり、合気柔術の動きとは言えません。



PSX_20230122_220743.jpg



自分の中心から放射するように「力を出す」。

そのためには身体を「伸ばす」ことが必要です。



PSX_20230122_221452.jpg



理論で裏付けた操作法を、実践して身体に練り込む。

毎回の稽古でその過程を着実に踏んでいきます。



PSX_20230122_222317.jpg








1月26日(木)も扶桑教太祠 本殿での稽古です。



PSX_20230127_132835.jpg



前回に引き続き「伸ばす」動きに焦点を当てて修練しました。



PSX_20230127_132525.jpg



さらには「沈む」動きで切返。



PSX_20230127_132031.jpg



複雑に見える形に取り組むときほど、基本の身体操作に立ち返って反復練習します。

我々扶桑会では、そうした核心の身体操作、思考法を「要素」と呼んでいます。



PSX_20230127_133214.jpg








1月29日(日)は、今年初めての本稽古でした。

この日のテーマは「手刀」の使い方。



PSX_20230130_130323.jpg



これまで日常の稽古の中で何度も取り上げている考え方ですが、改めて体系的に「一から」捉え直す機会としました。



PSX_20230130_131717.jpg



人体の一部を「道具」に見立てて使うことの意味と、その具体的な運用法。

剣の理合」に基づいた動きが、いかに効果的な力を発揮するか。



PSX_20230130_130648.jpg



3時間の稽古の中で、実感できたのではないでしょうか。

月に一回の本稽古では、こうした基本の考え方に、基礎からじっくりと取り組んでいきます。



PSX_20230130_133130.jpg










Posted on 2023/02/06 Mon. 20:02 [edit]

category: 稽古日誌

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  合気柔術  手刀  中心  一本捕  剣の理合 
tb: 0   cm: 0

其の四百二十 一筆で倒す 大東流合気柔術 扶桑会  




今回は、柔術技法における「一筆書き」ということについて述べてみたい。

私どもが普段稽古しているのは、書道になぞらえれば「楷書」ともいうべき方法である。
すなわち、「止め、はね、はらい」を着実に行って一つの文字を書き上げるように、部分的な動作をしっかりと連続させ、一つの技を形成していく。



八の字4



楷書に対し、一画一画を流れるように形作っていくのが行書であり、
全体を一筆で書き上げていく草書となるとその流麗さに比して技術的な難易度は格段に上がる。

私も「下手の横好き」で筆をとることがあるが、やはり楷書の域を脱して行書・草書に達するには、余程の習熟を経なければ難しいと実感できる。







筆の運び、勢いの緩急、全体の中での部分の調和。
書道における技術的留意点はそのまま大東流の柔術技法にも当てはめられる。



一筆1



話が横道にそれたので、動画解説に戻ろう。

今回、「一本捕」を一筆書きの要領で流れるように行ってみたのであるが、楷書的な柔術技法にしても、行書・草書的な合気柔術技法であっても、初動の「乗せる」という操作が重要であることには変わりがない。



一筆3



「乗せる」とは、攻撃してきた相手を自分の腰(体幹)と繋げてしまうことであり、そこで無力化してしまうことだ。

その上で、柔術的技法で行う一つ一つの操作をほぼ同時的に、なおかつ簡潔に最小の動きを用いて行うことで「一筆書き」の技が成立する。



一筆4



上記説明した一連の動きは、相手の攻撃の意思を妨げることなく、自分の優位なところに導くようにして制する手法であるが、「合気之術」という境地にまで達すると、この「乗せる」動きが相手を物理的・心理的に支配するような形で発動されるという。











Posted on 2023/02/04 Sat. 19:00 [edit]

category: 正面打

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  合気柔術  手刀  一本捕  正面打  古武術 
tb: 0   cm: 0

其の四百十九 八の字 大東流合気柔術 扶桑会  




今回からは大東流合気柔術の代表的な形ともいえる一本捕について解説していきたい。

特に体重移動で技をかけていくという、まさに大東流らしい考え方を含む身体操作法を取り上げるので、ぜひ参考にしてほしい。



八の字4



まずは、初動である。
正面打ちで攻撃してくる相手の腕を、はじき返すのではなく全身を一体とした手刀の柔らかな動きで受け止める。

この瞬間に相手を乗せてしまうところに極意があるのだが、これは前回の「受け止める」でも解説しているのでそちらを参照されたい。







初動で相手とつながったら、そのつながりを失わないよう、一動作ごと丁寧に運んでいくのだが、最後に腕を斬り落とすときにどうしても力づく、つまり腕の力を用いて引っ張ったり引き落としたりということになってしまう。

ここで出てくるのが、冒頭で述べた体重移動による崩しである。



八の字3



相手は両足が地面に接する二点で自分の身体を支えている。
これを固定したまま、その二点を底辺とする二等辺三角形の頂点に相手の重心を移動させれば、物理の法則にしたがって支え続けることは出来なくなる。

そして、その位置への移動を自らの身体を動かすことによって行えば、相手の抵抗はほとんど起こらない。
何故なら相手の意思に反した無理な力が働かないからである。



八の字1



動画ではこの時に、相手の両足を結ぶ線と、自分の両足の作る線が「八」の字になるように運足する、としている。

これを「4点で台形を作る」「真ん中に鏡を置いたと想定して足を対称位置に置く」など、様々な口伝があるが、どれにしても要は相手の重心を三角点に導くために、自分の体重をどこに移動させるかということを語っている。



八の字2



相手を動かそうとして無理に引っ張りまわすのでなく、素直に自分の位置を変えてことを進める。

古武術大東流の知恵に満ちた思考法だと感じるのだが、いかがだろうか。






Posted on 2023/01/28 Sat. 19:00 [edit]

category: 正面打

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  合気柔術  手刀  重心  一本捕  体重移動 
tb: 0   cm: 0

稽古日誌 令和4年9月15日、19日本稽古、25日 大東流合気柔術 東京稽古会  




大東流合気柔術 東京稽古会の稽古日誌。今回は9月中旬から下旬にかけての記録です。

まずは9月15日(木)、世田谷総合運動公園体育館での稽古。



_20220915_220917.jpg



基本の形から修練を始め、その変化・応用へと段階を追って進みます。

この日は立襟捕など、後ろからの攻撃に対する考え方を取り上げました。



_20220915_215711.jpg



正面からの攻撃と違って、後ろから接触された場合にどう臨むか。

予期しない攻撃に対して反応するために必要なものは何か?



_20220915_220348.jpg



そうした「心構え」的なものを練り上げていくのも、古武術修行の現代的な意義です。



_20220915_215346.jpg














9月19日は9月の本稽古。

この日は「正面打」をテーマに、大東流合気柔術の基本的思考法について学びました。



_20220920_133144.jpg



正面打ちの打ち方、受け方に始まった稽古は、「受け」が「攻め」そのものに転じることや、身体の中心を使うこと、全身を柔らかく運用することなど、大東流の核心的な思考法を身体操作に置き換えていく刺激的なものでした。



_20220920_132724.jpg



一カ条から、二カ条、四カ条まで、正面打ちという動きを使って様々なバリエーションの形に取り組みます。



_20220920_132611.jpg



最後は同じ思考法で「胸取」にも応用が可能であることを確認。



_20220920_132232.jpg



今後の稽古に活かしてほしい、重要な術理を学べた本稽古となりました。



_20220920_133445.jpg

















最後は9月25日(日)の稽古。

この日は相手の攻撃してきた身体の部分を「盾」にして使う考え方から稽古を始めました。



_20220925_204642.jpg



これは胸をつかんできた相手の腕の陰から攻め込んでいく動き。



_20220925_204830.jpg



お互いの動きをどう感じ、どう修正すればよいかを話し合うことが、充実した修練につながります。



_20220925_205452.jpg



さらにその考え方を使って、片手取りの四方投げなど。

変化応用は基本の考え方のベースによって理解度が深まります。



_20220925_205406.jpg



この日は帯の色が同じ人同士がそれぞれの習熟度に合わせて自由練習にも取り組みました。

お互いが切磋琢磨して技術向上を目指していきます。



_20220925_210635.jpg






Posted on 2022/09/26 Mon. 19:46 [edit]

category: 稽古日誌

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  合気柔術  手刀  古武術  中心  連動  一本捕  正面打 
tb: 0   cm: 0

稽古日誌 令和4年9月1日、4日、8日、11日 大東流合気柔術 東京稽古会  




大東流合気柔術 東京稽古会の稽古日誌、今回は令和4年9月上旬の記録です。



1662290883064.jpg



この日は基本の形を中心に、時間をたっぷりとって修練しました。
細かい疑問点にも取り組むことができ、理解を深められたようです。



1662290897268.jpg



後捕両肘返、切返。どちらも「沈む」動きを初動に使います。
相手の入力に逆らわず、効果的な崩しに繋げていく操作法です。



1662290891715.jpg



会員が自主的に練習の内容を決めて、その本質をとらえていくのも大事な修行です。
良い修練になったと思います。



1662290903011.jpg










続いては9月4日(日)の稽古。



_20220904_190757.jpg



この日は白帯の会員が初めての審査に臨みました。
入門から初審査まで少し時間がかかりましたが、継続して鍛錬したことで無事に認定です。



_20220904_191602.jpg



東京稽古会では古武術の技術理解の向上をはかるため、その目安として習熟度を昇級によって示します。

決して昇級や昇段が目的ではなく、そこから単なる技術にとどまらない、日本伝来の思考法や精神性の継承に繋げていくことを目指しています。



_20220904_191423.jpg



昇級は一つの区切りではありますが、そこに満足せず次の階梯にたゆまず向かう心構えが大事です。
より一層の精進を目指してほしいと思います。



_20220904_191953.jpg













9月8日(木)も扶桑教太祠での稽古。



_20220908_230032.jpg



攻撃をしっかりと受け、柔らかく全身を使って自分の重心に「乗せて」しまう動きを研究しました。



_20220908_225632.jpg



裏落、車倒、二カ条肘挫など。
乗せる動きが初動にあらわれます。



_20220908_225458.jpg



こういった修練では受手側の攻撃の意識が非常に重要です。
稽古は双方の真摯なやり取りの中から出なくては充実しません。



_20220908_230639.jpg











最後は9月11日(日)の稽古。この日kは大阪琢磨会から小林清泰先生が指導に来られました。



_20220911_182227.jpg



脱力を使って、相手の身体にからみつくようにして制する動きを多くご教授いただきました。



_20220911_181914.jpg



また、後取両肘返、肘返、腕返などの形にも取り組みました。



_20220911_182759.jpg



いつも東京稽古会に新鮮な学びをもたらしてくださいます。
丁寧なご指導に感謝申し上げます!



_20220911_183005.jpg

















Posted on 2022/09/12 Mon. 20:31 [edit]

category: 稽古日誌

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  合気柔術  手刀  古武術  一本捕  小手返 
tb: 0   cm: 0

稽古日誌 令和4年8月18日、21日、25日、28日本稽古 大東流合気柔術 東京稽古会  




大東流合気柔術 東京稽古会の稽古日誌。今回は8月後半の記録です。

まずは8月18日(木)の稽古から。



_20220819_002527.jpg



この日は基本の動きの後、四カ条の裏落、抱首などの動きを修練。
普段はあまり馴染みのない操作法が出てきますが、考え方は変わりません。



_20220819_002353.jpg



技の難易度が上がるにつれて重要なことは、受手側の攻撃が中途半端にならないことです。
攻める気持ちがない者を制することは出来ません。大東流合気柔術の思考法の根幹がそこにあります。



_20220819_212837.jpg



受け手に一定の技量がなければ、難しい技を充分に習練することは出来ないのです。
相互に上達を図りながら、稽古をしていくことが重要です。



_20220819_002824.jpg









続いては8月21日(日)。



_20220821_182413.jpg



この日は相手が後ろから攻撃してきたときの対処法、「後捕」を中心に習練しました。



_20220821_182653.jpg



正面から攻めてくる場合に対して、相手が何をしてくるかわからない「後捕」。
その初動は、相手の攻撃を瞬時に想定して、それを無効化するものでなくてはなりません。



_20220821_182310.jpg



形の稽古とは言え、そうした意識を充分に持ったうえで修練することが必要です。

東京稽古会では、単純な形の反復ではなく、そうした心構えの部分を大事にして稽古を重ねていきます。



_20220821_183030.jpg



この日の稽古後には、扶桑教さんから甘いスイカの差し入れをいただきました。
本殿の畳の上でスイカ。夏らしい光景です。



1662300902456.jpg







8月25日(木)も、扶桑教太祠 本殿での稽古です。



_20220826_001640.jpg



相手の攻撃を押し返すのではなく、全身を使って乗せてしまう動きを研究しました。



_20220826_001947.jpg



一カ条車倒、立襟捕、2カ条半座手刀詰などなど…。



_20220826_210404.jpg



稽古の最後には、大東流合気柔術の核心技法でもある合気上げの秘伝ともいえる考え方を伝えました。
東京稽古会独自である重要な秘伝です。

これまで、技がかからなかった会員も、突然相手の身体が動いて、びっくりの経験でした。



_20220826_205933.jpg









最後は8月28日(日)、8月の本稽古です。



_20220829_072956.jpg



相手の手首を攻める操作、受け手からすれば手首を強くする鍛錬法を連続して行うために。




_20220829_072618.jpg



四カ条合掌捕、一カ条小手返、三カ条手鏡、二カ条小手詰と、順を追って修練します。



_20220829_073910.jpg



各個の操作法を使って流れるように動き、相手の身体の中心を制していきます。



_20220829_072221.jpg



とどまらず、こだわらず、柔らかく。
大東流らしい考え方を再確認した稽古となりました。



_20220828_231546.jpg














Posted on 2022/09/05 Mon. 20:15 [edit]

category: 稽古日誌

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  合気柔術  古武術  中心  正面打  一本捕  小手返  合気上 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

入会はこちらから

大東流合気柔術って何?

これまでの動画と記事

最新記事

最新コメント

カテゴリ

アクセス数

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top