fc2ブログ

扶桑会について

指導者: 石塚嘉 【達人・名人・秘伝の師範たち】
稽古日時:日曜14時半~16時半 / 木曜19時~21時
稽古場所:神道扶桑教 世田谷太祠 東京都世田谷区松原1丁目7−20 【道場紹介】 

入会希望者が参加可能な公開稽古は2月23日(金・祝)13時30分から16時30分まで開催します。
場所は 世田谷区総合運動場 体育館 第一武道場です。
扶桑会への入会を希望される方は 左のメールフォームよりお問い合わせください。

扶桑会のYouTubeチャンネルでは「メンバー限定動画」の配信を始めました。一般公開の動画ではカットしている口伝や、道場でしか見せないコツを取り上げています。
興味のある方は 「Aiki-Kobujutsu」チャンネルホームページ にアクセスして「メンバーになる」から購読手続きしてください!
【扶桑会がTV放送されました!】 縦に使う1 
NHKWorld「J-arena」(↑上の画像をクリックすると無料視聴できます) 
 

【関連商品】 縦に使う1 扶桑会DVD「柔(やわら)の力の完成」←Amazonへリンク   
【Twitter】https://twitter.com/aiki_fusoukai
【Instagram】https://www.instagram.com/aiki_kobujutsu/
【Facebook】https://fb.com/kobujutsu

【動画解説】其の四百七十三 軸で回る 大東流合氣柔術 扶桑会  




「体の転換(たいのてんかん)」とは、体の向きを変更することをいう大東流合気柔術の術語である。

武術における転換とは、向きを変えることによってより安定した力を発揮できる状態を作るという意味を含んでいる。
ただ顔の方向が変わればいいというものではない。



軸で回る1



つまり、転換を行った後でも自分の身体が体術的に十分な状態であるかどうかが問われるということだ。
今回の動画では、「軸」の概念を使って転換の前後でも対応力に差が出ないように動くことを目指した。







これまでの動きでは腰の位置を移動させることによって、体全体を一つの塊として動かす意識を高めてきた。

ただ、今回の動きにおいては後ろにいる相手に対していかに素早く、かつバランスを崩すことなく(自然体のままで)向き直ることができるかということが主眼である。



軸で回る2



腰の位置はその場で180度向きを変えればよいのであるから、腰の片側に一本の軸を通して、その軸を支点として回転することが効率がいい。



軸で回る5



この時、軸に対して力を入れ、地面を蹴るようなイメージで動いてしまうと、見かけ上のスピードは出るかもしれないが、どうしても力のバランスが偏ってしまう。

簡単に言うとグラついてしまうのだ。



軸で回る3



それを避けるため、今回の動画では、軸に取った足を股関節から一瞬緩めて、沈み込むような意識をとりながら動くことを提唱している。

言葉では伝わりずらいかもしれないが、膝、くるぶしを柔らかく使い「地球の中心に落ちる」意識で、その落下感を利用して体を方向変換するのだ。

こうすることで、古武術的な瞬間の動きが可能になる。実際に稽古の中で体感していただければ、幸いである。





スポンサーサイト



Posted on 2024/02/10 Sat. 19:00 [edit]

category: 基本動作

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  合気柔術  古武術  連動  中心  転換 
tb: 0   cm: 0

【稽古日誌】令和6年1月21日本稽古 25日 28日 大東流合氣柔術 扶桑会  




大東流合氣柔術 扶桑会の稽古日誌。今回は1月下旬の稽古内容について記していきます。

まずは1月21日(日)。この日は今年最初の本稽古でした。



PSX_20240121_160329.jpg



大東流の基本的な考え方、核心技法を重点的に修練する本稽古ですが、この日のテーマは「千鳥足」です。

その場にいながらにして腰の位置を変え、身体を捌いて力の方向を変える身体操作です。



PSX_20240121_162944.jpg



両足のつま先が180度近く開くことから「千鳥足」の呼称がついたと推察されますが、実際の操作では足の形にとらわれてはいけません。

重要なことは腰の方向がしっかりと変えられるかどうかにあります。



PSX_20240121_162249.jpg



手を変え品を変えて様々な方向から研究を行いましたが、若干時間切れの感もありました。

「千鳥足」とその周辺技法については、今後も継続的に取り上げていこうと思います。



PSX_20240121_155851.jpg
















続いては1月25日(木)の稽古です。
この日は初級者のための形稽古を多めにし、その分回数をこなす修練内容としました。



PSX_20240125_232919.jpg



扶桑会においては、形を習得し、古武術の理解を深めていくのと同等に重視しているのが「受身」の習熟です。

この日、稽古後の感想では、会員それぞれが思わぬ転倒やアクシデントにあった時、とっさの受身で危険回避したという体験談を次から次に聞かせてくれました。



PSX_20240125_232054.jpg



自転車で転んだ、坂道で滑った、階段から落ちた…。いずれも大事に至らず、何事もなかったかのように次の行動に移れたということです。

考えてみれば、「護身」という概念として、受身ほど「即効性のある技術」はないと言えるでしょう。



PSX_20240125_233438.jpg



一般的な生活者として、「でんぐりがえり」のように身体を回転させることを日常的に行っている人は稀です。

扶桑会の稽古では毎回、前受身、後ろ受身、横受身、前方回転受身、後ろ回転受身を反復修練しています。
身体を大きく回転させることは神経機能の強化や平衡感の調整につながり、身体感覚は必ず研ぎ澄まされて行きます。

慣れないうちは恐怖感があるかもしれませんが、経験者が丁寧にわかり易く指導します。

安全に受身の練習をしてみたい方は、扶桑会の稽古に参加してはいかがでしょうか。



PSX_20240125_234834.jpg
















最後は28日(日)の稽古。

この日は体捌きについて研究しました。



PSX_20240129_104708.jpg



いつもやっている基本的な技も、体の捌き方を少し変えることで、全く違う動きになることを体感します。



PSX_20240129_093003.jpg



手先の動きに注目しがちですが、手首や肘の関節を捕る時点においては、相手はすでに崩れているのです。



PSX_20240129_093145.jpg



そのためには、接触点を丁寧に扱い、全身の動きで身体の捌きを使うことが必要となります。

当然力任せに振り回すのではなく、柔らかく繊細な感覚を忘れてはいけません。



PSX_20240129_103007.jpg



古武術としての大東流合氣柔術の、核心部分に迫るような稽古になりました。



PSX_20240129_110251.jpg









Posted on 2024/02/01 Thu. 17:28 [edit]

category: 稽古日誌

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  合気柔術  手刀  古武術  中心  連動  受身 
tb: 0   cm: 0

【動画解説】其の四百七十一 肚で投げる 大東流合氣柔術 扶桑会  




このところ末端の力を使わず、肚(丹田)から力を発するという身体操作法を連続して取り上げている。

無論、大東流の動きのどれをとっても、小手先の力だけで完結するものはないのであるが、今回紹介するのは、その中でもより中心からの力、また手先足先の脱力が求められる操作法となる。



肚で投げる4



と言っても内容的には新奇なものではなく、座った状態で両手を掴まれたところを手刀を使って詰め上げ、投げ倒すという、いわゆる「合気上げ」の鍛錬である。

この日は冒頭で受身の訓練も行ったため、膝行しながら次々に相手を変えて合気投げを連続していくという形で稽古してみたのがこの動画である。







このように前後左右あらゆるところからの攻撃に、常に動きながら対処することは良い修練になる。

ともすれば静止した状態から始めがちな合気上げの稽古であるが、準備の整わない状況を敢えて作ることで、肩に力を入れず、肚から力を出し続ける感覚を磨いていく。



肚で投げる3



熟練者はさらに、相手が来るのを待つだけでなく、自分の方から膝行して相手に近づいていく動きも加味してみると良い。

そうすることで、自分の骨盤の上に上半身を垂直にのせた状態を維持するというポイントの重要性がはっきりするだろう。



肚で投げる1



前のめりになったり、後ろに傾いたりしてしまうと、必然的に小手先の力を出さざるを得なくなる。

力を発揮するためには、自然体を崩さないことがいかに大事であるかを理解するのにも良い訓練法である。



肚で投げる6



受けを取る側は、自部が投げられる方に爪先を向け、柔らかく身体を使って大きく受身を行うこと。

複数組で修練する場合には、他の組の受け手と衝突しないように注意しながら訓練してください。






Posted on 2024/01/27 Sat. 19:02 [edit]

category: 両手捕

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  合気柔術  中心  古武術  受身 
tb: 0   cm: 0

【動画解説】其の四百七十 まわる 大東流合氣柔術 扶桑会  




今回も、肚を「力の出所」にする身体操作について、引き続き解説していきたい。



まわる3



これまで剣を振る動きと膝行で足運びをする場合に、身体の中心から「肚から動く」という意識を持つことによって、大東流合氣柔術の様々な操作に応用できる感覚が養成できることを見てきた。

特に前々回「其の四百六十八 肚で動く」では足と腕を同時に操作する鍛錬法で、強引に肚を使って動く意識付けを行った。







それでは前方後方に複雑に動き回る膝行であればどうなるだろうか?
慣れない動きであるがゆえに、どうしても足先に推進力を頼ったり、上半身による反動を使って身体を進めてしまいがちだ。



まわる5



ここで有効なのは「力は出すものだ」という古武術ならではの思考法である。

どのようなスポーツであっても、あるいは日常生活、仕事においても、私たちは口癖のように「力を入れる」と口にする。
たとえば「力を入れて頑張ろう」、「もっと力を入れなさい」という具合に。



まわる1



今回の動きが特にわかり易いのは、「力を入れる」場合、その部位としては足先と上半身の胸から上になることだ。
実際に試してもらえると良いが、明らかにその部分にしか意識がいかないことに気付かれると思う。

反対に「力を出す」という意識を持ちながら、前後左右への膝行を行ってみてほしい。



まわる4



身体の中心である丹田(肚)の辺りを起点として、放射状に力が発揮される感覚に導かれて、滑るように身体が移動していくはずだ。

ちょっとした意識の違いが、実際の操作においてかくも大きな効果を生む。
「力を出す」という概念については、今後も引き続き研究を重ねていきたい。








Posted on 2024/01/20 Sat. 19:00 [edit]

category: 基本動作

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  合気柔術  古武術  中心  丹田 
tb: 0   cm: 0

稽古日誌 令和5年10月12日 15日 19日 大東流合気柔術扶桑会  




大東流合気柔術扶桑会の稽古日誌です。
今回は10月中旬の稽古について記していきます。

まずは10月12日(木)、世田谷総合運動公園 体育館での稽古から。



PSX_20231012_222136.jpg



この日は、いわゆる「掴み手」の口伝をいくつか取り上げて修練しました。

手の甲や掌に対して、自分の手刀をどう触れさせるか。
激しい動きの中でも、正しい位置に、正しいかたちで合わせることが必要になります。



PSX_20231012_223144.jpg



いうまでもなくその効力は、手先の動きをなぞるだけでは発揮されません。
姿勢、脱力。全身の連動…。

そうした基本的な操作が可能になって初めて、古武術大東流としての口伝が生きてきます。



PSX_20231012_222328.jpg



扶桑会のYouTubeチャンネルでは「メンバー限定動画」の配信を始めました。
一般公開の動画ではカットしている口伝や、道場の外では見せられないコツなどを取り上げています。

扶桑会の会員として稽古に参加してみたいけれども、
仕事や家庭の事情、あるいは首都圏外に在住で東京世田谷の道場には来られない方のために始めた取り組みです。
興味のある方は

YouTube「Aiki-Kobujutsu」チャンネルホームページ

にアクセスして「メンバーになる」から購読手続きしてください!



PSX_20231012_224617.jpg








続いて10月15日(日)の稽古。
この日は背後からの攻撃への対処から始めました。



PSX_20231015_210539.jpg



見えない相手を感じ取り、届いた攻撃に対しては即時に応じる気構えが重要です。
大東流合気柔術の「後捕」という技術系では、稽古の中でそうした思考法を養成していきます。

一方で現実の世界においては、不意の攻撃は防ぎえないものなのか否か、不断に検証し、その備えを怠らないことも同時に必要でしょう。



PSX_20231015_211441.jpg



中東に紛争が発生し、痛ましい被害の報道が本邦にも次々ともたらされています。

民族、宗教、歴史と様々な違いから互いを憎しみ合い、暴力で応酬していく姿は、人間の悲劇的な一側面です。
私たち日本民族が再びその泥沼に足をとられることがないとは断言できません。



PSX_20231015_204821.jpg



神道では「人は天の下の神物(みたまもの)なり」ととらえます。

「みたまもの」即ち「神の分霊(わけみたま)」です。

私たちは皆、唯一にして全てである大いなる存在、神の「分身」であると、古来から日本人は考えてきました。
別々のように見える私たち一人ひとりは、元をたどれば「神」にたどりつきます。
真実は皆、たった一つにつながっているはずなのです。



PSX_20231015_204626.jpg



人類の苦境を、日本人が古来から抱いていた素朴な真理によって救うことができないかと夢想します。

古武術の思考法が、その有効な一つの実証として世界の人々に届くことを望みます。



PSX_20231015_211309.jpg







最後は10月19日(木)。
この日も後ろからの攻撃をどうさばくか、からスタート。



PSX_20231019_232248.jpg



自ら身を固くして縮こまってしまうと、その場を切り抜けることは儘なりません。
相手からの強度の高い攻撃を受けた時こそ、のびやかに自然体を維持することが必要です。



PSX_20231019_233013.jpg



また、見えない相手に対して気迫で負けない気構えも大切です。
接触点を通じて旺盛なエネルギーを放射し、状況の不利を跳ね返していきます。



PSX_20231019_232646.jpg



技術的な試行錯誤とともに、精神面での向上を目指し、扶桑会は日々稽古に臨んでいます。



PSX_20231020_002934.jpg








Posted on 2023/10/20 Fri. 18:30 [edit]

category: 稽古日誌

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  合気柔術  古武術  姿勢  中心  連動  重心  手刀 
tb: 0   cm: 0

其の四百五十四 真中に置く 大東流合氣柔術扶桑会  




今回も掴まれたところを起点にして相手に大きな力を伝えていくということについて解説していく。

最初は片手で掴まれたときの対処から。



真中に置く2



大きな力を伝えるためには、こちらが大きな入力をしなければならないという思考は、こと大東流に限っては適用されない。
仮につかまれたところを力を込めて引っ張ってみるといい。相手はより強い力で握り返して来るだけだ。







その理由は引っ張ることによって、相手との接点にぶつかりが生じるからだ。

引っ張っているのにぶつかるとは不思議に聞こえるかもしれないが、近づいてこようが遠ざかろうが、己の把持しているところが意思に反して動いたとき、人はその部分に固執し、抵抗するものである。



真中に置く3



今回片手での操作において特筆すべきは、掴まれた部分を空間上に固定しておくような意識で、むしろその空間上の一点を自分の真ん中に置きつづけるようなつもりで、体幹部を動かしていく技法を使っていることだ。

こうすることで、相手は抵抗する意図を持てないままに、体勢を崩されてしまう。
このあたりの呼吸は、文章で説明するのは相当にむずかしい。

実際に生身の人間と相対してみて、そこから掴んでいってもらいたい。



真中に置く4



そこで初心者については片手は少し難易度が高いので、まずは両手取りから始めることをお勧めする。

その際にも脱力が最も大切だ。
腕で押し返さず、手刀を活かして相手を自分の重心に乗せるような意識で修練してほしい。



真中に置く7



そのあとは構えた両方の手刀を、自分の身体の真ん中に置いたまま、180度体を転換させる。

大きく派手に投げることを考えず、相手に力が伝わっているかどうかに焦点を絞って、丁寧な動きを心がけることで、徐々にコツがつかめてくるはずだ。




Posted on 2023/09/30 Sat. 19:00 [edit]

category: 未分類

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  合気柔術  手刀  古武術  中心  姿勢  重心  転換 
tb: 0   cm: 0

稽古日誌 令和5年8月31日 9月3日 7日 大東流合氣柔術扶桑会  




大東流合氣柔術 扶桑会の稽古日誌、今回は8月末から9月上旬にかけての修練の内容を記していきます。

まずは8月31日(木)の稽古。
この日は「交叉取り」に対してどう応じていくかというテーマでした。



PSX_20230831_224431.jpg



自分の右手に対して向かい合った相手も同じ右手で掴んできます。
丁度握手をするときを想像してもらえるとわかりやすいかと思いますが、YouTubeに公開している動画などでは実際にこうした形で攻撃をしてくることはないのではないかという批判を受けることが偶にあります。



PSX_20230831_225717.jpg



いわゆる「実戦では古武術的な動きなど役に立たない」という意見ですが、そうしたプラグマティック(実利優先)な思考と古武術とはやはり相性が悪いというのが私の持論です。

例としてふさわしいか分かりませんが、パソコンやスマホで文字を打つことが日常化した現代人にとって、墨と筆を使って字を書く書道など何の役に立つのだ、という論にも似ていて、そこには対話が成立しない状況だと感じています。



PSX_20230831_231611.jpg



全て世の中の技術には、その拠って立つ精神性や、理想とする思考が存在します。

スポーツ格闘技にもそれがあるのでしょう。
そしてまた同じく我々の追及する古武術においても、古来より連綿と受け継がれてきた極意があり、我々修行者はそこに到達することを目指しているのです。



PSX_20230831_234245.jpg









続いては9月3日(日)の稽古。

基本の形も、毎回着眼点を変えて行うことで、初心者も上級者も同じように新鮮な気持ちで取り組めます。



PSX_20230903_211857.jpg



手刀の概念化であれば、普段意識していないポイントについて取り組むだけで、いつもの決まりきった動きとはガラリと変わってきます。

この日は「手首を曲げない」という考え方を抽出しました。



PSX_20230903_211012.jpg



それぞれ社会人として責任を果たすなかで、週に二回の稽古はなかなか厳しいものがあるとは思いますが、各自で着眼点を工夫して毎回の稽古の意義を高めていってもらえればと思います。



PSX_20230903_211413.jpg



何の修行であっても、続けることが重要です。
会員の皆さんの継続意欲を手助けできるように、指導する側も精進を心がけます。



PSX_20230903_213554.jpg









最後は9月7日(木)の稽古。

手刀を「縦」に使う意識の養成から始めました。


PSX_20230908_000033.jpg


親指側を使うのも「縦」の考え方です。


PSX_20230908_000238.jpg



手刀には「刃」と「峰」があり、それぞれ小指側と親指側が相当します。
それらを接点に対して垂直になるように操作していきます。



PSX_20230908_000450.jpg


手刀については状況、形の種類によって千差万別、多様な考え方が可能です。

まずは根本の原理を理解して、その後応用編へと進んで行きましょう。



PSX_20230908_002609.jpg


















Posted on 2023/09/13 Wed. 20:47 [edit]

category: 稽古日誌

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  合気柔術  手刀  古武術  中心 
tb: 0   cm: 0

稽古日誌 令和5年 8月20日 24日 27日本稽古 大東流合気柔術 扶桑会  




大東流合氣柔術 扶桑会の稽古日誌です。
今回は8月下旬の稽古の内容を記録していきます。

まずは8月20日(日)。この日は扶桑会の行事として二段審査を開催しました。



PSX_20230820_191525.jpg



大阪琢磨会から小林清泰先生をお招きし、立会をお願いしたうえでの審査です。

大東流の二カ条は合計30本。
一カ条からは難易度も格段に上がります。



2段審査1



継続した鍛錬の成果を見せて、無事に審査合格。2段認定となりました。

世界中どこの国においても、人間の言語読解能力の平均値は小学校6年生から中学校1年生のレベルだそうです。
それは、日常生活においてそのレベルの読解力があれば一通りのやり取りが支障なくこなせるから。

つまり、「とりあえず出来る」ところまで能力が上がった時、人は「それ以上のレベルに上げていく努力をしなくなる」という、興味深い分析があるのです。



二段審査2



これは武術の世界においても同じことがいえると考えます。

段位を上げて、一通りのことができるようになったとき、さらに切実にその上のレベルを目指す意識を持てるかどうか?
あくなき向上心は、もっと道の奥深くを見てみたいという真摯な思いから発します。



PSX_20230820_191852.jpg



これからも変わることなく、古武術探求の心を持ち続けてもらいたいと思います。



PSX_20230820_192503.jpg












続いては8月24日(木)。



PSX_20230824_231238.jpg



この日は基本に立ち返り、攻撃を受けたときに自分がどういう心構えで対応するかを中心に稽古しました。

掴まれた部分を全身で操作して、三角点に導き崩す動き。



PSX_20230824_231816.jpg



突き出された腕の内または外に体を捌いて、そこから崩しをかけていく動き。

シンプルな動きほど古武術の核心的な考え方が明確に現れます。



PSX_20230824_232240.jpg














最後は8月27日(日)。
この日は8月の本稽古でした。



PSX_20230828_093151.jpg



相手の攻撃を体捌きをもってかわす動きから始めました。

全身を一体化させて動けるかどうか、簡単なようで難易度は高いです。



PSX_20230828_093327.jpg



さらに木刀や短刀を使って負荷を上げていきます。
人間の体の動きに、目で見える脅威の強さが大きく影響することを実感します。

平常心の維持こそが、達人への道なのです。



PSX_20230828_095845.jpg



さらに手刀の使い方を研究したのち、この日は総伝技の研究も行いました。

相手に掴まれたところを、そのまま掴ませておいて、厳しい関節の固めに入ります。
琢磨会に伝わる、昭和のはじめ武田惣角の円熟期の技です。



PSX_20230828_092226.jpg



基本から「幻の技」総伝まで。

これからも扶桑会では、奥行深く大東流合気柔術の探求に取り組んでいきます。



PSX_20230828_100845.jpg










Posted on 2023/09/05 Tue. 20:40 [edit]

category: 稽古日誌

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  合気柔術  手刀  古武術  中心  連動  正面打  武田惣角 
tb: 0   cm: 0

稽古日誌 令和5年7月30日 8月3日 6日 大東流合気柔術 扶桑会  




日々の修練内容を記録する大東流合気柔術 扶桑会の稽古日誌。

まずは7月30日(日)、世田谷区松原にある扶桑教太祠本殿で稽古を行いました。
私たちはこちらを常設の稽古場として使わせていただいています。



PSX_20230730_210808.jpg



この日、稽古前の雑談と稽古後の感想で出てきたのが「幸せ」に関する考察でした。
米ハーバード大の84年にわたる「幸福感の追跡調査」によると、人間が自己を幸せであると認識する要件は、収入や職業、学歴などの定量的なものではなく、「充実した人間関係」であったといいます。



PSX_20230730_204837.jpg



我々は古武術を志す者の集まりですが、修行を通してたどり着くべきは究極のところそれぞれの「幸せ」であるはずです。

私は個人として、技量や立場をもって人と競い、争い打ち破ることを目的とする武術のなかに、人生の充実が見出せるとは考えません。



PSX_20230730_205158.jpg



稽古中、生き生きとした表情の会員さんたちの姿を見ながら、
「充実した人間関係を得る」ために大事なものを、この修練のなかで生み出していきたいと改めて感じさせてもらいました。



PSX_20230730_211210.jpg















続いて8月3日(木)。



PSX_20230803_233927.jpg



この日は基本の形から、脱力、正しい姿勢、全身を使って力を伝えていくという、こちらもごく基本的な考え方を意識して修練を行いました。



PSX_20230803_233643.jpg



腕の筋力だけを使っていては、自分より体格に優る相手を動かすことは出来ません。



PSX_20230803_234558.jpg



武術的に細かい急所の攻め方や、位置取りなどの定理はありますが、やはりそれらを統合するのは先に述べた基本的な思考法です。



PSX_20230803_235258.jpg














最後は8月6日(日)の稽古。



PSX_20230806_200734.jpg



この日は「腕を伸ばす」という動きに焦点を当てました。

ともすれば相手を「押し返す」ような操作をしてしまいがちですが、



PSX_20230806_203747.jpg



むしろ相手の身体への接触は少ない方が力が伝わるという、不可思議な理合です。

自分の身体を脱力して伸ばすことで、相手の身体も同じように伸びていきます。



PSX_20230806_200604.jpg



「腕を伸ばす」という言葉に囚われがちですが、実は身体全体を伸ばさなければいけません。

こうした概念の習得も、古武術大東流の稽古の中から掴んでいってほしいところです。



PSX_20230806_204529.jpg
























Posted on 2023/08/10 Thu. 18:44 [edit]

category: 稽古日誌

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  合気柔術  古武術  姿勢  中心 
tb: 0   cm: 0

其の四百四十五 並んで攻める 大東流合氣柔術扶桑会  




「剣を使うように」相手の身体を操作する、大東流合氣柔術ならではの技法解説、今回は「相手の隣に並ぶ」思考法を解説する。



並んで攻める2



これも「摺り上げ」の動きがその根幹となる考え方だ。
「摺り上げ」についてはここ何回か継続して取り上げているので、そちらも併せて参照してほしいが、手刀の刃(小指側)を意識しながら、自分の身体の中心で操作することが基本となる。







両手をつかんできた相手の手首を、手刀を立てるようにして相手の肩を詰める。
この初動で相手の体幹部分とつながるところが最初の難関であるが、これはいわゆる「合気上げ」の技法によって可能になる。
(この部分は「其の四百四十 刃に乗せる」で詳しく解説している)

さらにここから、この相手とのつながりを失わないように攻めを展開していくのだ。



並んで攻める3



手刀を摺り上げるようにして立て、相手の肩を詰めたら、そのまま自分の中心手刀を構え続けたまま、相手の側面に入り身する。
出来るだけ全身を脱力して、ただ「隣に並ぶ」ような気持ちで入っていくのがコツだ。

この時身体を転換する外側の手で、相手の手首を軽く握っても良い。
力を込めて握ってはいけない。あくまで小指をひっかける程度の入力にとどめること。



並んで攻める4



上手く隣に並ぶことが出来たら、相手にはこちらの全身の力がダイレクトに伝わる。
たまらず爪先立ちになって、その大きな力から逃れようとする相手の肘を肩に担ぐようにすれば、まったく身動きさせることなく制することが出来るのだ。



並んで攻める5



動画の中でも指摘しているが、この時に相手の腕を一本の刀と認識し、その切先を相手の肩に突きつけ続けること。
その攻めの意識が途切れたとたんに、相手への力の伝達はなくなってしまう。

これもまた、古武術大東流の「剣の理合」を如実に示す技術である。









Posted on 2023/07/29 Sat. 19:00 [edit]

category: 両手捕

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  合気柔術  手刀  古武術  中心  剣の理合  合気上 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

入会はこちらから

大東流合気柔術って何?

これまでの動画と記事

最新記事

最新コメント

カテゴリ

アクセス数

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top