fc2ブログ

東京稽古会への入会・一般参加について

通常稽古は毎週木曜・日曜(または祝日)に開催しています。通常稽古は会員限定です。
一般参加が可能な本稽古は 1月23日(日)16時30分から19時30分まで開催します
場所は 高津スポーツセンター 第二武道場です。
東京稽古会への入会または本稽古参加を希望の方は 左のメールフォームよりお問い合わせください。

其の三百六十四 沈身切返 大東流合気柔術 東京稽古会  




【謹んで新年のご挨拶を申し上げます】
大東流合気柔術東京稽古会は、本年も日本古武術の継承・発展を目指し、愉快なる修練を継続していく所存です。
当ブログをご覧の皆様にとって幸い多き一年となりますよう、心からお祈り申し上げます。



さて、新年一回目の動画だが、これまでに積み上げた操作法を「切返」の形に落とし込んでいく。



沈身切返2



YouTubeのコメント欄で「切返」の定義とは何か?という質問があり、私は「正面から肩を掴まれたときに、上体を左右に傾けて相手に崩しをかけるところを切返と称したと推測しますが、技の要諦は相手の裏に踏み込んで姿勢の力で崩し倒す点にあります」と回答した。動画の中でも「通常の切返」として上記の動作をおこなっている。

例えば相撲や柔道などに言う「切返」は相手の背後に踏み込んで、脚を引っ掛けるようにして後ろ向きに投げ倒すことを指す。
こちらもやはり、お互いが攻め手を奪い合って流動している状況の中で相手の体勢を崩しえたところで「脚を引っ掛け」なければ技として成立しない。







話が少し脇道にそれたが、大東流の技は常に「崩し」をかけるところ、つまり技の始まりが最重要である。
切返においても、相手の裏に入る前の崩しが出来なければならない。



沈身切返4



前回・前々回と両手取や正面打に対して切返を行ってきたが、その二つとも上半身の力ではなく全身の連動によって相手の体幹を崩すことを目的としていたことを思い出してほしい。



沈身切返3



今回の動きは、その崩しを「真下に沈む」ことによって実現する。

「沈む動き」は身体の一部分を使うわけにはいかない。必ず全身が一体となって接点に作用する。
その動きが相手に大きな力となって届くのだ。



沈身切返1



なお、この動きの中には沈みつつ腰を回転させるというもう一つの要点が含まれており、さらにその回転軸は垂直に保たれなければならない。
そうした動きの複合が、豪快に見える切返の技となって結実していくのだ。











スポンサーサイト



Posted on 2022/01/02 Sun. 18:00 [edit]

category: 肩捕

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  合気柔術  姿勢  正面打  中心  連動 
tb: 0   cm: 0

稽古日誌 令和3年11月28日本稽古 12月3日、5日、9日、12日本稽古  




大東流合気柔術東京稽古会は毎月1回、一般の人でも参加可能な公開稽古を行っています。
本稽古がそれにあたります。それ以外の会員限定の稽古を通常稽古と言っています。



外小手r



この日11月28日は11月の本稽古。初参加の方を交えて、大東流の基本的な考え方を学びました。



一本捕r



今回のテーマは「胸取」への対処法。

身体の中心を掴んでくる攻撃にどう対応していくかを研究します。



肘挫1r



掴まれたとき密着して崩す。あるいは腕が伸びてきたその拍子をとらえて崩す。



帯落r



いずれも力を使うのではなく、自分の重心を移動させたり、優位な位置に身体を捌き、全身の連動を必要とします。



裏落r



現代的な感覚からは少し難しく感じる動きの連続でしたが、これが今後の通常稽古のベースとなっていきます。



_20211129_220403.jpg













続いては12月2日(木)の通常稽古。



_20211202_225052.jpg



木曜夜は基本的に明大前にある扶桑教太祠 本殿を拝借して稽古させていただいています。



_20211202_224909.jpg



肘を攻め、相手の重心を崩す動きを連続して修練。



_20211202_225227.jpg



相手の手刀を手鏡に捕って崩す。



_20211202_224530.jpg



肘を上下に斬り分けて投げ倒す。
細かいところまで丁寧に反復して修練できました。



_20211202_225932.jpg







12月5日(日)の通常稽古は「腕を伸ばす」をテーマに2時間。



_20211205_194140.jpg



胸取を側面に捌いて、帯落に制する。

掴まれるその一瞬前に一本捕にとって制する。



_20211205_193220.jpg



重心を移動させて裏落。



_20211205_192525.jpg



肩を詰めて、肘を折る膝締。



_20211205_192409.jpg



沢山の形を次から次に稽古しながら、その中に含まれる要素への理解を深めていきます。



_20211205_192145.jpg








12月9日(木)の稽古は合気上から。



IMG_20211209_235220_507.jpg



基本の訓練ですが、大東流の奥に通ずる考え方を養成します。



_20211209_230405.jpg



脱力、伸筋の使い方、剣の理合



IMG_20211209_234818_613.jpg



じっくりと基本に取り組んでいくこともまた、重要です。



_20211209_224406.jpg












12月12日(日)、今年最後の本稽古を世田谷総合運動公園 体育館にて行いました。



一本捕_104314



今回のテーマは「肘」。
伸ばし、曲げ、関節の構造を利用して崩しをかけていきます。



肘を制する_104603r



強い攻撃にも、無理のない体の使い方で対処する思考法が重要です。



首投_104455r



自然に体が崩れる方向を、体感的に察知できるような稽古を目指します。



肘当投_104703r



本稽古で学んだ要素を、通常稽古で繰り返し練り込んでいくのが、東京稽古会のベースにある修練法となります。



_20211214_225255.jpg













Posted on 2021/12/26 Sun. 18:18 [edit]

category: 稽古日誌

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  合気柔術  手刀  中心  連動  重心  正面打  一本捕  剣の理合  体重移動 
tb: 0   cm: 0

稽古日誌 令和三年 10月31日、11月3日、7日、11日 大東流合気柔術 東京稽古会  



大東流合気柔術 東京稽古会の稽古日誌です。今回は10月後半から11月中旬にかけて。
まずは10月31日(日) 扶桑教太祠本殿での稽古。



_20211031_182410.jpg



手首の鍛錬で合掌捕を行った後、習熟度に合わせて形の稽古。



_20211031_182904.jpg



裏に踏み込んで重心移動で倒す技の系統で裏落、車倒。



_20211031_181255.jpg



搦投、切返で上半身の脱力に拠る操作法を習練します。



_20211031_182742.jpg



少数精鋭で密度の濃い稽古となりました。



_20211031_180159.jpg






続いては11月3日(水・祝)、世田谷総合運動場体育館での稽古。



_20211103_201203.jpg



手首の鍛錬連続極。だんだんと流れるように動けるようになってきました。



_20211103_201302.jpg



逆腕捕で相手を崩す操作法。



_20211103_201654.jpg



手先でなく、体幹部を使うことが大事です。



_20211103_202820.jpg



抜手捕。気迫を出して技にしていきます。



_20211103_211315.jpg



同じ攻撃は二度となく、技を外せば命を落とす。
稽古においては一期一会の心構えで取り組むことが重要です。



_20211103_162817.jpg






11月7日(日)の稽古は、明大前にある扶桑教太祠 本殿で行いました。
安土桃山時代から続く伝統ある信仰の場所で稽古が出来る幸せを感じます。

静謐な神殿と美しい空。



_20211107_212701.jpg



千鳥足の操作を使って剣の理合いで崩す操作法。



_20211107_214428.jpg



それを発展変化させて四方投 裏・表。



_20211107_211237.jpg



身体の中心で斬り落とします。



_20211107_211803.jpg



同じく千鳥足の操作で後捕両肩捻。



_20211107_222416.jpg



どの動きであっても上半身の脱力は必須です。



_20211107_222150.jpg








最後は11月11日(木)、扶桑教太祠本殿での稽古。



_20211111_222503.jpg



正面打ちの訓練から、居捕小手返
座ったままで斬りかかる相手を投げ飛ばします。



_20211111_223517.jpg



立合で両手取小手返



IMG_20211111_235904_092.jpg



初動で相手を乗せ切り、腰を使って変えられるか否か。



_20211111_223851.jpg



先に進むほど難度は上がりますが、技術習得、開眼の喜びも大きくなります。
稽古に励みましょう!



_20211111_224410.jpg





Posted on 2021/11/26 Fri. 19:06 [edit]

category: 稽古日誌

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  合気柔術  中心  正面打  一本捕  小手返  手刀  居捕  体重移動  合掌 
tb: 0   cm: 0

其の三百五十一 つなげる 大東流合気柔術 東京稽古会  




相手の身体の自由をうばい、反対にこちらの意志通りに動かしていく。
突き詰めれば合気柔術の目指すところはそういう境地に至ることだが、その端緒となるような動きが今回の技法だ。



つなげる1



攻撃を向けてきた相手に対して、手刀で動きを止める。
これは前回までに続けて考察してきたところであるのでそちらも併せて参照してほしい。







さらに手刀を相手の掌に「くっつける」ようにして使い、相手の身体の中心と自分の体幹部分を「つなげる」。



つなげる3



動画内で紹介しているように、これも「剣の動き」を元に理解できる。
相手の身体に向けた剣先を外さず、自分の中心で構え続けたまま操作するのだ。



つなげる6



剣による相手への力の伝達は一定の強度を保って維持される必要がある。
つまり押しすぎても、引き込んでも、「つながり」は切れてしまうと心得なければならない。



つなげる5



大東流合気柔術は古くから「やわら」と呼ばれていた古流の柔術にその源流がある。
この「つながり」を作る技術についてはまさに、柔らかく相手の力をからめとる秘伝が含まれている。

そうした思考法の体系についても、今後の稽古において研究していくつもりである。




Posted on 2021/10/03 Sun. 10:00 [edit]

category: 片手捕

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  合気柔術  中心  手刀 
tb: 0   cm: 0

其の三百五十 引きつける 大東流合気柔術 東京稽古会  




片手取に対してその初動をどのように行うか。
大東流合気柔術中心にある「剣の理合」の考え方を用いていくつかの動きを紹介してきた。



引きつける4



全身の連動で剣を構えるように肩を詰めて動きを止め、さらに重心を下げることで攻撃の下に潜り込んで優位に立つ。
これらを一瞬のうちに行うことで相手を制する動きに繋げていく。







今回はそれに加えて、重要な概念を導きいれたい。
それは「縦」の考え方だ。



引きつける1



刀を操作することをイメージすると分かり易いが、刀身を寝かした状態で上下に振ることは無意味であることがわかる。
「その方向には斬れない」からだ。



引きつける3



だが、これが手刀になると、どうしても捻ったり、持ち上げたりという動きになってしまう。
剣の理合」とは刀が効果を発揮する方向、すなわち「縦」に手刀を操作することが含まれる思考法だ。



引きつける2



常に剣を使っていることを念頭に置いて大東流の動きを解釈することで、相手への力の伝達が高まることを体感してほしい。




Posted on 2021/09/26 Sun. 10:00 [edit]

category: 片手捕

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  合気柔術  手刀  古武術  中心  連動  重心  剣の理合 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

入会・参加希望はこちらから

大東流合気柔術って何?

これまでの動画と記事

最新記事

最新コメント

カテゴリ

アクセス数

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top