FC2ブログ

大東流合気柔術 東京稽古会スケジュール

次の本稽古は 1月14日(月・祝) 11時から13時まで
場所は 世田谷区総合運動場 体育館 第一武道場です。
参加ご希望の方は 左のメールフォームよりお問い合わせください。

 

また、2月11日(月・祝)にも本稽古を行う予定です。自主稽古は随時開催しています。
(※自主稽古には東京稽古会会員のみ参加できます)詳細はお問い合わせください

其の二百十七、立てる 大東流合気柔術 東京稽古会  



平成30年、最後の更新となりました。
今年一年、東京稽古会の動画ブログを読んでくださった方々に深く感謝申し上げます。
来年もより一層精進していく所存です。変わらぬご支援をお願いいたします。


さて、これまでに何度も繰り返して修練してきた手刀詰の鍛錬法を、いつもとは違う角度から取り上げていきましょう。


立てる1


大東流合気柔術の基本的な考え方として、剣の使い方をもとに身体操作するということがありますが、ここでもその思考法がカギとなってきます。

まずは動画を見てください。





相手の片手捕に対し、肩を詰めるように身体を前に出します。
同時に外に捌いて、相手の手首を外側から巻くようにして手刀を絡めます

すると、自分の小指側が相手の手首関節に触れますので、そこを斬り落とすように手刀を操作します。
この操作で相手は手首の関節のみならず、肘、肩、腰を崩されて膝から折れてしまいます。

言葉にすれば、これだけのことですが、これがなかなか思うようにはいかないんですね。


立てる2


冒頭にあげた「剣の使い方」ですが、相手の手首に手刀を絡めるというところに、その核心部分が反映されます。
と同時にここが一番分かりにくいところでもあります。絡める、外側から巻く、という表現が誤解を生みやすいんですよね。

表題に「立てる」とありますが、大事なことは剣を構えるときのように手刀を縦に使うことです。
さらにその手刀は、自分の体の中心にあることが必要になります。


立てる3


手刀を「立てる」ことで「小手先の動きを排する」ことが出来るようになります。
身体全体で手刀を使うことを念頭に置いて稽古に臨んでください。

来年も、東京稽古会でお会いしましょう。


Posted on 2018/12/27 Thu. 18:12 [edit]

category: 片手捕

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  合気柔術  手刀  剣の理合 
tb: 0   cm: 0

其の二百五、手刀で詰める 大東流合気柔術 東京稽古会  


手刀を使って、相手に力を伝える修練です。

大東流合気柔術の核心的な考え方がいくつか含まれる身体操作法です。
東京稽古会では、前半部分を手刀詰」として、型の稽古をする前に行うことが多いですね。


手刀で詰める1


同時に受け手側は、手首の柔軟や可動域を広げる鍛錬にもなります。
お互いに、技のかかり具合を確認しながら、稽古することが大事です。

動画を見てみましょう。





相手が両手首をつかんできます。
それに対して、手刀で下から攻めるように構えます。
押し返すのではなく、相手の脇下に剣先を向けるぐらいの意識でやってみましょう。

こうして相手の動きを止めたら、片方の手刀を相手の手首の外側から斬りこむようにします。
このときに、必要以上に押し込んでは上手くいきません。あくまで「止める」意識です。

さらに、いつも言うことですが、手首だけを回すようにするのではなく、全身を連動させて手刀を操作してください。
これが剣の理合い」です。刀を使うように、動きましょう。


手刀で詰める2


片方の手刀で斬りこんだら、その手刀は保持したまま、もう片方の手刀も同じように操作します。
どうですか?両方の手刀が相手の中心に向いていますか?

大東流合気柔術の考え方に、「手刀を縦に使う」というものがあります。
剣の威力を発揮するためには「刃」の方を相手に向けますよね。
手刀を縦に操作することによって、自然と「刃」が相手の中心を攻めることになります。

ここまで出来たら、相手の手首を乗り越えるようにして、手刀を伸ばし、剣先を相手のヘソのあたりに向けます
これも、剣の使い方を応用したものです。


手刀で詰める3


押さえつけるようにしてしまう人がいますが、刀を使っていることをイメージして動かしてみましょう。全く効果が違ってくることが分かるはずです。

さらに、相手を掬い上げるようにして前後に斬り分けていきます。
このとき、手刀と手刀を擦り合わせるようにして操作しましょう。
自分の中心から力を出すことで、相手にぶつかることなく崩すことが出来ます。


手刀で詰める5


最後は駆け足になりましたが、自主稽古では頻繁に取り上げる操作法です。
東京稽古会で、やってみましょう(´∀`*)


Posted on 2018/10/04 Thu. 19:00 [edit]

category: 両手捕

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  合気柔術  手刀  姿勢  中心  剣の理合  連動 
tb: 0   cm: 0

其の二百一、片手捕を止める 大東流合気柔術 東京稽古会  



前回は、小手返の手の取り方、また、極め落とす際の力の方向について解説しました。
しかし、技を効かせるためには、その前の操作がさらに重要になって来るんですね。


片手捕を止める1


大東流合気柔術では、技の成否は初動によって決まるとよく言われます。
重要項目ですので、しっかり読んでくださいね。

動画を見ましょう。





相手が片手で手首を掴みに来ます。片手捕です。
攻撃をしてくるわけですから、グッと押し込んでくるか、引っぱりこんでくるか、いずれにしても次の攻撃につながる動きが来るはずですね。
今回は、相手が押し込んできたと想定し、稽古しましょう。

このときに、相手の押してくる力を「止めます」。
良く間違われることが多いのですが、「止める」と「押し返す」は異なります


片手捕を止める2


相手の力を吸収するような意識を持ってもらえるといいと思いますが、手にかかってきた力を身体全体で受け止めるようにしてみましょう。
最初はどうしても肩から先に力が入ってしまうと思います。

感覚として、肩の力を抜き、腰を落としてみてください。相手の力が手首から肩~背中を通って腰のあたりに来ることが感じられるでしょうか?


片手捕を止める3


足を前後に開き、後ろ足で地面に向けて相手の力を流し込むようにしてみましょう。

難しければ、手首を自分の腰にくっつけてみてください。
身体で止める感覚がつかめたら、肩の力を抜き、相手の力を止めたまま半歩下がり、手首を腰から離してください。


片手捕を止める4


このときに手の指を柔らかく張り、手刀を作ってその剣先を相手の中心に向けておきます

この「止める」動きが実は小手返などの初動にとって、非常に重要なんですね。
感覚がつかめるまで、何度も修練しましょう!



Posted on 2018/09/06 Thu. 18:58 [edit]

category: 片手捕

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  合気柔術  手刀  中心  剣の理合  小手返 
tb: 0   cm: 0

其の二百、両小手を詰める 大東流合気柔術 東京稽古会  



相手の小手を極めて崩し倒す大東流合気柔術の技に小手返(こてがえし)」がありますが、今回はその小手返の基本的な捕り方の修練です。
そのために、両手で相手の小手を攻めます。


両小手を詰める4


実際には、両手で小手返を行うことは考えにくいですが、そうすることで力を発揮するための道筋が見えやすくなるなど、上達へのヒントを掴むことが出来ます。

動画を見てみましょう。





両手で手首を掴みに来る相手の手を外し、つかみ返します。
掛け手ですね。

掛け手でとることで相手との距離を適切に保つことにもつながります。
近すぎても、遠すぎても、この後の操作が上手くいきません。

相手の掌底のふくらみに小指を引っかけるようにし、親指を相手の手の甲、薬指の付け根辺りに当てます
これが、小手返しの捕り方です。
基本形を大事にして、丁寧に稽古してくださいね。


両小手を詰める3


これを両手で行います。最初のうちは片手づつ。
慣れてきたら、掛け手の動きから自然と捕れるようにしましょう。

動画にもあるように、相手の小手を痛めつけようとして外側に捻ったりしては効果がありません。
剣の理合い」でいつも言うことですが、相手の中心に向けて手刀を縦に操作するようにしましょう。

これで相手の小手を極めれば自然に相手は崩れるのですが、上手くいかない場合は「相手の肘を地面につける」イメージで操作してみてください。


両小手を詰める2


これも、何のことはない剣の理合い」の一環ですが、小手返しに捕った手を押し込むのではなくて、剣を振り下ろすように操作すると、自然にその力は肘の方、小手の直下に集まっていくんですね。

この辺りの感覚をとることが大事です。
繰り返し稽古することで、「力の道筋」のようなものが見えてきますよ!




Posted on 2018/08/30 Thu. 18:57 [edit]

category: 掛け手

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  合気柔術  手刀  中心  掛け手  剣の理合  小手返 
tb: 0   cm: 0

其の百九十七、縦に伸ばす 大東流合気柔術 東京稽古会  



今回も「縦に使う」概念を修得するための考え方です。

何度も言いますが、大東流合気柔術剣の理合を念頭に置いて考えることで、理解が進みます。
つまり自分の手や腕、相手の腕を刀に見立て、それを操作するという仮想を行うんですね。


縦に伸ばす2


その際に、剣(刀)の峰から刃を「縦」と認識しよう、ということなんです。

動画を見ましょう。





相手が手首を掴みに来るところを外し、逆に相手の手首を捕ります。
掛け手の技法ですね。

素直に掬い上げるように手を捕れば、相手の小指側に掌が当たります。
同時にもう片方の手で、かぶせるように親指側をとります。
このとき、刀を握った自分の手をイメージしてください。
 
刀を握った両手で、やや下方向に薙ぐように斬りましょう。
あくまでも剣を使う意識で行うことが重要です。
捻じったり、ひっぱったりすると、相手の体は動いていきません。


縦に伸ばす4


親指側、つまり峰の方に遠心方向にかかる力によって相手の肘は伸びます。
これも、刀を振る様子を映像として思い浮かべると、分かり易いかもしれません。
あくまでも、峰と刃を結ぶ線をブレさせずに、動かすんですよ。

刀を効率的に使うためには、斬る対象に対して刃を垂直に進入させますよね。
これが、「縦に使う」考え方です。


縦に伸ばす3


さて、以上の操作によって、相手の肘が伸び、その延長上にある肩を動かし、さらにその詰まりを利用して全身を崩していきます。

内容が、少し高度になってきました。
次回からは、もう少し馴染みある型に戻りますので!

Posted on 2018/08/09 Thu. 19:01 [edit]

category: 掛け手

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  合気柔術  剣の理合  掛け手  手刀 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

稽古への参加希望はこちらから

大東流合気柔術って何?

これまでの動画と記事

最新記事

最新コメント

カテゴリ

アクセス数

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top