fc2ブログ

大東流合気柔術 東京稽古会スケジュール

次の本稽古は 10月17日(日)16時30分から19時30分まで
開催場所は 高津スポーツセンター 第二武道場です。
通常稽古は毎週木曜・日曜(または祝日)に開催しています。通常稽古は会員限定です。
東京稽古会への参加を希望の方は 左のメールフォームよりお問い合わせください。

稽古日誌 令和三年 7月22日、25日、30日  




7月22日(木)。この日は五輪競技会開催につき、海の日の振り替え休日でした。
と言っても、そのことに気づいたのは当日のことで、普段は平日の稽古には来られないメンバーが参加。



_20210722_213154.jpg



合気上げからの受け身稽古。肩から先の脱力を養成します。



_20210722_213234.jpg



手刀詰~小手詰めの鍛錬法。腰で操作する感覚をとります。



_20210722_213310.jpg



肘返。腕ではなく腰を使って崩していく稽古。



_20210722_213411.jpg



両肩捻。姿勢に注意して体幹の力を伝えます。

さらに短刀での中段突きを一本捕に制する修練。



_20210722_213651.jpg



このほど、いつもお世話になっている扶桑教の富士吉田本祠が国の有形文化財に登録されました。
本祠は145年前の建築を当時のそのままに保存されており、大変貴重な建造物であるところが評価されたそうです。
まことにおめでたいことですね。



_20210722_213001.jpg









7月25日(日)、扶桑教太祠での稽古。



_20210726_185131.jpg



手首の鍛錬連続技から居捕逆腕捕で二ヶ条をお浚いした後、両手取を「くっつけて」投げる動作…



_20210726_184905.jpg



その動きから体を転換して四方投の裏



_20210725_201939.jpg



受け身もしっかりとれています。鍛練を重ねて動きに迷いがなくなって来ました。



_20210725_201714.jpg



その後は習熟度に合わせて鍛錬。
肘返、裏落に取り組むチームと…



_20210726_185029.jpg



搦投、切返の重量級組…



_20210726_184946.jpg



猛暑もあって、いささか消耗したようです!



_20210726_232950.jpg



立会の正面打一本捕に丁寧に取り組んだ初心者組。



_20210726_184743.jpg



猛暑の中でしたが、充実した稽古となりました。



_20210726_233350.jpg










最後は7月29日(木)、扶桑教太祠での稽古です。



_20210730_082321.jpg



合気上げ鍛錬法



_20210730_103132.jpg



立合い胸取に対して逆腕捕。



_20210730_082834.jpg



相手の攻撃線に沿って崩しをかけていきます。



_20210730_103001.jpg



腕の力ではなく、腰を効かせて制するように。

居捕でも同じく。姿勢正しく崩せています。



_20210730_081055.jpg



大東流合気柔術の重要な動きを使いこなすための基礎的な修練でしたが、充実した稽古になりました。



_20210730_081520.jpg



新しく入会した会員を経験者がサポートし、お互いに向上していく良い循環が生まれていますね。

まだまだ暑さは続きますが、気を引き締めて鍛錬を続けていきましょう。

Posted on 2021/08/07 Sat. 15:03 [edit]

category: 稽古日誌

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  合気柔術  手刀  一本捕  正面打  合気上  転換  受身 
tb: 0   cm: 0

稽古日誌 令和3年7月1日、4日、8日  




大東流合気柔術 東京稽古会の稽古日誌。
今回は感染症による緊急事態宣言が2ヵ月ぶりに解除された7月の前半の稽古の様子です。

まずは7月1日(木) 扶桑教大嗣本殿を拝借しての稽古。



_20210701_220233.jpg



基本稽古を行ったのちに、合気上げ鍛錬法。



_20210701_220828.jpg



全身の連動をテーマに胸捕逆腕捕で体幹を崩す操作



_20210701_220155.jpg



上半身の力だけでは、相手は崩れないということを体感します。



_20210701_220038.jpg



続いて両手取小手返。初動で相手を乗せてしまうのにも、全身の連動が必要です。



_20210701_220549.jpg



その後は二組に分かれ、初級者は正面打ちを一本捕に捌く稽古…



_20210701_215641.jpg



もう一組は四方投げを中心に3級技に取り組みました。
少人数でしたが習熟度に合わせた鍛錬で、充実した稽古になったと思います。



_20210701_215558.jpg





続いては7月4日(日)、この日も扶桑教大嗣 本殿での稽古。



_20210704_190144.jpg



基本稽古での受け身、膝行など…。漫然と行うのではなく、意識的に動くことが重要です。



_20210704_192808.jpg



合掌捕で手首の鍛錬ののち、ガッツリ掴んできた片手取を手解き…



_20210704_192948.jpg



その要素を利用して抜手捕…



_20210704_193431.jpg



崩しをかけるには姿勢が重要です。



_20210704_193351.jpg



その後しばらく後取両肘返の組と、4級技の組に分かれて研究したのち…



_20210704_193514.jpg



最後は合気上げ鍛錬で締めました。



_20210704_193710.jpg



脱力、姿勢大東流合気柔術の思考法のベースとなる技です。



_20210704_190250.jpg



技術の入り口は狭く、初心のころは途方にくれますが、たゆまず鍛錬すれば必ず道は開けます。



_20210704_193210.jpg



お互いに切磋琢磨していきましょう!



_20210704_192500.jpg








最後は7月8日(木) 扶桑教大嗣 本殿での稽古。



_20210708_222006.jpg



合気上げから受け身の修練。



_20210708_222430.jpg



肩から先を脱力すれば、相手はこちらの動きについてきます。



_20210708_222137.jpg



中段突きを捌いて入り身する動き…



_20210708_222754.jpg



自然体を意識して正しい姿勢を保つ修練



_20210708_221912.jpg



さらにそこから、小趾丘を捕って内腕返。
少し難しかったかも…



_20210708_221750.jpg



その後は二組に分かれ、三級技、抱締。



_20210708_223120.jpg



居捕搦投。



_20210708_221449.jpg



初級者は正面打ちの一本捕を丁寧に練り込みました。
緊張感を持続させて稽古に臨めたと思います!



_20210708_221649.jpg



継続して稽古できることに感謝をしつつ、社会混乱を招いている感染症騒ぎが着地するよう願わずにはいられません。




Posted on 2021/07/14 Wed. 12:40 [edit]

category: 稽古日誌

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  合気柔術  手刀  姿勢  連動  一本捕  小手返  合気上  受身 
tb: 0   cm: 0

其の百四十九、押さえる 大東流合気柔術  

相手の拇指丘を攻める操作法です。
これまでやってきたことと同様に、力任せに操作しないことで相手を崩していく考え方を養いましょう。

動画を見てください。





まずは、片手を相手に握られたとき。
手を振りほどこうとするのではなく、相手の親指の付け根の膨らんだ部分に自分の掌を引っかけるようにします。
引っかかる部分であればどこでも構いませんが、自分の拇指丘を使えるよう、捕られる瞬間にやや手のひらを上に向けるようにしても良いでしょう。

今回は交叉捕で捕らせますが、片手捕でも同様です。その場合は手の内側ではなく、手の甲側で引っかけていく操作になりますね。少し難しくなります。


押さえる1


この時に大切なのが、肩から先、つまり腕の力で相手を動かそうとせず、身体全体の力を接点の拇指丘に集中させることです。

これを実際に行うには修練が必要ですが、丹田の力を接点に伝えるためには、まず正しい姿勢、それから上半身の使い方の意識を変えることです。
具体的には腕を動かしていくときの意識ですが、これは稽古に参加された方だけにお伝えするようにしています。あしからずご了承ください。

そして、相手を導いていく方向も重要です。具体的には相手が踏ん張れないところ、つまり相手の膝のやや外側、前方へと垂直に落としていく要領です。


押さえる3


両手を捕られたときは、自分の手を刀を構えるように合わせます。
今度は拇指丘というよりは親指の付け根の「手の甲」側を押さえます。

全身の力を集中させて、適切な方向へ導き崩してください。


押さえる2


拇指丘を攻めることで、相手の手をくっつけてしまうことが出来ます。
実際に経験した人は分かると思いますが、不思議なことに、離そうと思っても離せないんですね。そのメカニズムは、まだ未熟な私には解説出来ませんが、交叉捕、両手捕に関わらず、他の技を行うにあたっても、幅広く応用できる操作法です。


押さえる4


これを基礎として、大東流合気柔術に特徴的な、「粘着」「絡める」といった動きを体得していきましょう!


Posted on 2017/07/15 Sat. 12:27 [edit]

category: 両手捕

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 丹田  受身  手刀  大東流  合気柔術  古武術 
tb: 0   cm: 0

其の百三十六、合気上げと受身の鍛錬 大東流合気柔術  


東京稽古会ではこれまでに、繰り返し合気上げの鍛錬を行っています。
また、それと並行して毎回基礎鍛錬として、受身の稽古も必ず行います。

今回解説するのは、合気上げと受身の鍛錬を同時にやってしまおうという、便利な稽古法です。


合気上げと受身の鍛錬2


まずは、動画を見てみましょう。





はじめは双方座った状態からです。膝に置いた手を相手に押さえてもらいます。
いつもやっている通り、腕の力で上げるのではなく、相手の重心の下にはいるように腕を伸ばします
さらに、相手を手刀で掬い上げるような感覚で、肘の上に乗せていきます。

姿勢をまっすぐ伸ばすことが肝心ですよ。

上手くいくと、相手の腰が浮いてきますので、倒したい方向に身体を向け、腕を伸ばしてください。そうすると、相手は体勢を崩して倒れていきます。
最初のころは、腕の力だけで振り回そうとしがちですが、それでは力を使う割に相手に伝わっていきません。
全身で、且つ、自分の身体の中心で操作するようにしましょう。



合気上げと受身の鍛錬1



受ける側は、横受身です。相手からの力に逆らわず、身体を丸くして転がりましょう。
直線的に床に身体を打ち付けないように、柔らかく着地する鍛錬です。
この受身は比較的簡単ですね。

合気上げの方は、文字で書くのは簡単ですが、なかなかこの通りに出来るものではありません。
ただ、出来ないからと言って投げやりにならないこと。稽古を続けていけば、少しづつ理解できるようになります。



合気上げと受身の鍛錬


とは言え、やはり座った状態からの合気上げは初心者には難しいものです。
次に、受け側が立った状態で行う「半座半立」で同じ動きを行ってみましょう。

こうすると、かなり楽に相手の重心の下に入ることが出来るのではないでしょうか?
特に、相手が体勢を崩している状態で手首をつかみに来ていることで、自分のお腹(丹田)に相手を乗せる感覚を体感し易いと思います。

受ける側は、今度は少し難しいですね。
前回り受身です。回転したい方向に足を差し出すと転がり易いですよ。
いたずらに恐怖心を持たずに、「丸~く丸~く」と頭の中で声を出しながらやってみましょう。

座れば合気上げが難しく、受ける側は簡単。立てば合気上げは簡単ですが、受身の難易度が上がります。


合気上げと受身の鍛錬3


こうした鍛錬を繰り返していくことで、大東流の基本がだんだんと身についてきます。
出来るようになった人も、基礎鍛錬と見くびらずに、真摯に取り組んでもらいたいと思います。

次の稽古でも、やってみましょう!





Posted on 2017/01/29 Sun. 10:04 [edit]

category: 両手捕

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  合気柔術  古武術  姿勢  丹田  受身  手刀 
tb: 0   cm: 0

其の九十、車倒詳解 大東流合気柔術 東京稽古会  

恒例になった(なったのか?)「詳解」シリーズです。
今回は「車倒(くるまだおし)」です。


車倒詳解5


相手の横面打ちを受けながら、突き、崩しを入れ、相手を後ろ側に倒します。
動画と写真で型を覚えてしまいましょう!





まずは、横面打ちを受けます。
これは前回の「横面打ちを受ける」で解説しましたのでそちらも参照してください。


車倒詳解3


側面に回ってきた相手の攻撃を、自分も捌いて正面で受けます。
同時に相手の前進を止めるように、やや体勢を低くしながら当身を打ちます。
この時しっかりと踏み込んで体重移動してください。


車倒詳解4


次に、当身を入れた拳を開き、上に上げます。
顎に当てた手をさらに持ち上げ、相手をのけぞらせます。
相手の顎を向こうに押しすぎないこと。
意識としては垂直に手を上げるようにしてください。

相手が爪先立ったら、相手の横に並ぶように体重移動します。
外側の足で踏み込んで、寄せ足
この際、下半身だけが動いて、上半身が残っていては意味がありません。
全身で移動することが重要です。


車倒詳解2


相手の体勢はここまでの操作でかなり崩れているはずです。
ここからさらに、相手の後ろに踏み込んで体重移動です。
相手の顎に当てた手を、肩に移して向こう側に擦り出すようにします。

外側の手刀を大きく斬り下ろすようにすると、バランスを崩された相手はたまらずたまらずあおむけに倒れます。
相手が着地する直前に手刀で相手の手首を掴み、自分の腰骨のところにつけるようにします。


車倒詳解


脇腹と腕が伸びるように押さえ、止めを刺します。
残心。

ここまでが、大東流初伝の型「車倒」の要点です。

もちろん、これだけで説明し尽せるものではありません。
上達すればするほど、それぞれの局面でより深い動き方、考え方が現れます。
相手によっても、その時の攻撃の微妙な違いによっても技は変化します。

ここではあくまで基本的な考え方を示しました。
でも、それが「型で稽古する」出発点なのです。
何度も反復して、練りこんでいきましょう!

Posted on 2016/03/17 Thu. 10:48 [edit]

category: 横面打

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  手刀  正面打  古武術  受身 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

稽古への参加希望はこちらから

大東流合気柔術って何?

これまでの動画と記事

最新記事

最新コメント

カテゴリ

アクセス数

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top