fc2ブログ

東京稽古会への入会について

通常稽古は毎週木曜・日曜(または祝日)の2回行っています。通常稽古は会員限定です。
入会希望者が参加可能な本稽古は 7月31日(日)17時00分から20時00分まで開催します。
場所は 世田谷区総合運動場 体育館 第一武道場です。

東京稽古会への入会を希望される方は 左のメールフォームよりお問い合わせください。

其の三百九十一 車倒 大東流合気柔術 東京稽古会  




大東流合気柔術 初伝一カ条の横面打ち車倒という形を取り上げる。

このところ続けて言及している「地球の引力と合致して動く」という要素を活用して技を生かしていくというのが主眼だ。



車倒5



車倒は打ちかかってきた相手の攻撃を受け止めて、そのまま仰向けに崩し倒してしまう。
こちらに向かってくる攻撃の勢いがあるにもかかわらず、相手の背後に向かって崩すというのはかなり難しいことのように思える。







もちろん力業で相手の勢いに対抗したのでは目的を達成することは出来ず、そのために大東流では相手を「乗せる」という操作を使う。

この「乗せる」操作の際に自然体での動きが非常に有効となるのだ。



車倒1



動画で示したように、相手の攻撃する勢いに対してこちらが前傾した姿勢で対応すると力が伝わらない。



車倒3



ここに貼り付けている切出しの画像を見ても全て骨盤の上に上体が垂直に位置していることに気付かれることと思う。

この姿勢の力が、相手の攻撃してくる勢いを止め、さらに自分の重心に乗せてしまう。
こうなると相手はつま先立ちとなって力を失うのだ。



車倒4



ここで気を付けてもらいたいのは、なにがなんでも教条主義的に自分の身体を地面と垂直にすれば事が運ぶというものではない。
相手の姿勢、こちらとの間合い、力の強弱によって若干の軸の調整は必要となる。

今回は自然体の有効性を明らかにするための解説であって、実際に形の稽古に及ぶ場合にはそれぞれ柔軟に運用してほしい。







スポンサーサイト



Posted on 2022/07/02 Sat. 18:00 [edit]

category: 横面打

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  合気柔術  手刀  古武術  姿勢  重心 
tb: 0   cm: 0

稽古日誌 令和4年6月19日 23日 26日本稽古 大東流合気柔術 東京稽古会  




大東流合気柔術 東京稽古会の稽古日誌です。

今回は6月下旬の稽古の記録。まずは6月19日(日)扶桑教太祠本殿での稽古です。



_20220619_191548.jpg



東京稽古会では、基本的に一つの動きを一人の相手と組みになって修練します。



_20220619_190429.jpg



組み合う相手は有段者もいれば、初心者もいて、その習熟度は様々です。



_20220619_191203.jpg



その中で、お互いが自分の感覚や疑問点を提出し合いながら求めるところに向かってともに進んでいきます。



_20220619_191434.jpg



いろいろなレベルの相手と組み合わせて稽古することが、自分の中にある古武術的感性を引き出していくと、私は考えています。



_20220619_192100.jpg







続いては6月23日(木)の稽古。



_20220623_233030.jpg



梅雨を飛ばして一足飛びに真夏になってしまったような気候ですが、暑さに負けず修練です。



_20220623_232717.jpg



中心を攻める意識。



_20220623_233646.jpg



脱力して腰の力を伝える動きなどなど…。



_20220623_232912.jpg



基本的な体の使い方と同時並行して、形の習得を目指します。



_20220623_232449.jpg







最後は6月26日(日)。この日は6月の本稽古でした。



_20220627_112401.jpg



東京稽古会では毎月一度の本稽古の際に、新規入会者を受け付けています。

この日も数名の新入会員が参加しました。



_20220627_112306.jpg



以前は体験のみの参加も受け入れていたのですが、ありがたいことに今年に入って参加希望者が数多く問い合わせされるようになりました。
指導の手が回らないために、本稽古への参加は入会する人に限らせてもらっています。



_20220627_112442.jpg



自然体の立ち・座りから、真っすぐ沈む動きをテーマに修練。
多彩な動きの中に共通の要素を見出していく稽古です。



_20220627_112722.jpg


そして、この日は東京稽古会の重要行事となる昇級審査も開催。

古流体術の演武らしい、気迫のこもった技を披露してくれました。



_20220627_112915.jpg



古武術である大東流合気柔術には、対外試合や競技形式のアウトプットはありませんが、こうした演武の機会を捉えて、己の持つ技術を表現していきます。



_20220627_113003.jpg



衆目の一致するところ、無事合格。

今後も一層の精進を願います。



_20220627_111733.jpg




















Posted on 2022/06/29 Wed. 18:56 [edit]

category: 稽古日誌

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  合気柔術  古武術  中心  姿勢 
tb: 0   cm: 0

其の三百九十 まっすぐ入る 大東流合気柔術 東京稽古会  




あたかも自由落下する物体のように自分の身体を制御することで、一見すると不思議な操作を行う。
日本古来の武術である大東流合気柔術では、そうした思考法がいくつもみられるが、今回の動きもそうした中の一つだ。



まっすぐ入る5



先ほど述べた「自由落下する身体」というのは、簡単に言うと自然体のことである。

地球の重力(引力)をそのままに受けて、力みを取り、体にかかる重みのままに動く。







動画にみられるように、相手の身体に力を伝えるときに肩から先の腕力を以ってすると、自然体の力は発揮されない。

それはあくまでも筋力であって、古流武術が使う力とは異なるものなのだ。



まっすぐ入る4



ここで術をかける側が戸惑ってしまうのは、どうしても「相手の手首をつかむ」という操作にとらわれてしまうところだ。

最初のうちは、ここに力の作用点があると考えてしまいがちだ。



まっすぐ入る6



大東流では、ここで「掛け手」という技法を使う。

相手がつかみかかってくる勢いを殺さずに、反対に相手の手首を取りかえす。
そして、手首を取る場合においても、ただ小指をひっかけておく程度のやわらかい接触にとどめておく。



まっすぐ入る3



この「掛け手」の操作を用い、さらに自然体による相手の前面に入り身することによって、術者が踏みしめている地面のパワーが相手にダイレクトに伝わる。

飛び上がるような痛みを感じて、受け手の身体がコントロールされるのには、こうした理由があるのだ。






Posted on 2022/06/25 Sat. 18:00 [edit]

category: 掛け手

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  合気柔術  古武術 
tb: 0   cm: 0

稽古日誌令和4年 5月26日 29日 6月5日 大東流合気柔術 東京稽古会  




大東流合気柔術東京稽古会の稽古日誌です。
今回は5月下旬から6月上旬にかけての修練内容を記録していきます。



_20220526_225621.jpg



まずは5月26日(木)の稽古。



_20220526_230455.jpg



中心の力を伝える「いただきます」の形からの操作法で、相手の体勢を崩していきます。



_20220526_230806.jpg



これから夏が近づき、徐々に気温が上がっていく中での稽古となります。
熱中症や、集中力の途切れによって思わぬ怪我をする可能性もあります。

指導者側も適切な水分補給を促すなどしますが、やはり個々人が自分の体調を管理していくことが必要です。



_20220526_231134.jpg



自分自身の判断によって自分の身を守る。これも立派な武術的思考法です。



_20220526_231412.jpg









5月29日(日)は世田谷総合運動公園 体育館での稽古。



IMG_20220530_084633_066.jpg



上体を骨盤の上にまっすぐ乗せる身体の使い方をテーマに修練しました。



_20220529_225853.jpg



地球の中心から伸びる重力の線と自分の身体の軸を合致させることによるスムーズで力強い動き。
それが、東京稽古会が重視する「自然体であること」につながっていきます。



半身投a



概念としてそれを捉え直し、意識化したうえで実際に身体に練り込んでいく鍛錬ですが、頭ではわかっていても実技に落とし込むのは大変難しいものです。



_20220529_225803.jpg



まずは知ること。そして実行すること。
一夕一朝には成らない武術修行の奥行きです。



_20220529_225638.jpg









6月5日(日)は扶桑教太祠 本殿での稽古。



_20220605_195620.jpg



基本の型を冒頭に2つ修練しました。
一本捕と逆腕捕。



_20220605_192436.jpg



基本とはいいながら、非常に多くの要素を含む重要な技です。
これから継続して毎回行っていきます。



_20220605_192949.jpg



その後裏落、車倒。
さらに半座半立ちの形を複数。



_20220605_193936.jpg



この夏は昇級審査に挑む会員が多く控えています。



_20220605_194528.jpg



昇級昇段は最終目標ではありませんが、技術向上の手掛かりとして、気持ちの張りにもなります。

稽古会としても、お互いにサポートしあっていきます!



_20220605_195518.jpg



Posted on 2022/06/12 Sun. 17:36 [edit]

category: 稽古日誌

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 合気柔術  古武術  大東流  手刀  丹田  一本捕 
tb: 0   cm: 0

其の三百八十八 交叉させる 大東流合気柔術 東京稽古会  




今回は体を脱力させて柔らかく操作するための鍛錬法を紹介する。



交叉させる4



相手の攻撃に対し、体を前傾させずに自然体を保ち、中心の力を効かせることで無力化してしまう。

その時に必要な要素が、先ほども述べた「脱力」である。







動画を見れば一目瞭然であると思うが、この一連の捕手側の操作において相手との接点は終始「掴まれていない」。
対照的に相手の攻撃は両手を力いっぱいに掴んできている。



交叉させる2



掴むことで腕の内側の筋力が発動され、いわゆる「力が入った」状態になる。
すると、肩から先の腕力は発揮されるものの、身体全体としての力は無効となる。



交叉させる3



それに対して捕手側は、接点に手刀を当てるだけか、または四指と親指で接点を挟み込んでいる。

この「掴まない」操作が脱力の効果を生み、全身の連動による体全体の力を相手に伝える。



交叉させる1



その結果として、力を入れると決して発揮できない「柔らかい力」が相手の身体を絡めとってしまう。

文章ではなかなか伝わらないかもしれないが、この脱力の鍛錬で日本古武術の思考法である「やわら」の感覚を養成できるのだ。








Posted on 2022/06/11 Sat. 18:00 [edit]

category: 両手捕

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  合気柔術  手刀  古武術  中心 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

入会はこちらから

大東流合気柔術って何?

これまでの動画と記事

最新記事

最新コメント

カテゴリ

アクセス数

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top