FC2ブログ

大東流合気柔術 東京稽古会スケジュール

次の本稽古は 10月22日(火・祝) 10時45分から12時45分まで
場所は 世田谷区総合運動場 体育館 第一武道場です。
参加ご希望の方は 左のメールフォームよりお問い合わせください。


 
また、自主稽古はおおむね週1~2回開催しています。(※自主稽古には東京稽古会会員のみ参加できます)
詳細はお問い合わせください

稽古日誌 令和元年9月29日、10月3日自主稽古  



更新できず、溜めてしまった稽古日誌をまとめて投稿しています

まずは9月29日(日)の自主稽古です。



_20190929_210849.jpg



この日は、初めて古武術に触れる方もいて、簡単な護身術のような動きを取り入れながら始めて見ました。



_20190929_211002.jpg



掴まれた手首を外す「手ほどき」から、抜手取、小手返、小手詰など。



_20190929_211112.jpg



体格差や、男女の力の差があっても体の使い方次第で技がかかることを実感する動きに、興味津々だったようです。

(東京稽古会は原則として自主稽古への参加は会員のみに限定しています



_20190929_211244.jpg



続いて10月3日(木)の自主稽古。



_20191003_222349.jpg



体捌きで、相手の攻撃を無効化して自分の有利な位置を取る動きから始めました。



DSC05167.jpg




小手返や両袖捕への対処法・・・。



_20191003_222817.jpg



中心で操作する考え方、脱力の重要性などを体感しつつ研究し…、



_20191003_222657.jpg



裏落、搦投などの型にも活かして修練しました。



_20191003_223111.jpg



日々新しい気付きとともに、成長したいですね

東京稽古会へ参加希望の方は、ブログに設置してあるメールフォームからお問い合わせください




Posted on 2019/10/09 Wed. 11:20 [edit]

category: 稽古日誌

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  合気柔術  古武術  中心  小手返 
tb: 0   cm: 0

其の二百五十四、膝で乗せる 大東流合気柔術 東京稽古会  




なんばの動き、膝と接点の方向をそろえる考え方を継続して取り上げています。
これまでは双方が立っている場合でしたが、大東流ではお互いが座った状態で行う技もあります。居捕(いどり)ですね。



膝で乗せる3



居捕は動きが制限される分、大東流合気柔術の思考法がより明確になります。
動画を見てみましょう。







相手の正面打ちを受けます。この時自分の手刀で相手を弾き返さないようにしてください。意識としては、相手をすくい上げるように手刀を使います。

次に膝行して、外に開くようにします。この操作で相手の体勢がやや前のめりになるよう、崩していきます。



膝で乗せる2



相手の身体が崩れたら、掌の小指球側に手刀を滑らせます。
この時に、ぐっと握り込んでしまうと相手に力が伝わらなくなります。
平らなもの、例えば文庫本を手に取る時のように、親指とその他の四指で挟むように保持するのがコツです。

さて、今回の肝となるのはここからです。
保持した相手の掌を使って、肘を持ち上げるようにし、腰を浮かせます。
やってみるとわかると思いますが、最初は力任せに掌をねじったり、腕の力で突き上げようとしてしまいます。



膝で乗せる1



ただ、そうすると相手の手首が折れてしまうばかりで、身体の中心部分を動かすことはできません。

そこで重要になってくるのが、接点と膝の方向を合わせる操作です。
掌を挟んで、持ち上げていく動きの最初から、膝の上で行ってみてください。
焦らず、丁寧に身体全体を使って、膝の上に相手の重心を乗せていく感覚を探りましょう。



膝で乗せる4



これがうまくいくと、抵抗を感じることなく、自然に相手の腰が浮き上がってきます。
これも、なんばの動きの効用です。

東京稽古会では、大東流合気柔術の思考法を、身体操作の習得を通じて学んでいます。
興味のある方はブログ上に記載のメールフォームからお問い合わせください。



Posted on 2019/09/22 Sun. 08:37 [edit]

category: 正面打

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  合気柔術  手刀  古武術  連動  攻撃線  居捕 
tb: 0   cm: 0

其の二百五十三、なんばで出る 大東流合気柔術 東京稽古会  





腰と上半身の動きをそろえる「なんば」について、継続して取り上げてきました。
これまでにも常に説明している通り、身体を連動させることが効率的な身体運用につながります。



なんばで出る4



今回は、実際になんばの動きを用いることで、相手に対する力の伝わり方が変わるということを体感することに主眼を置いて修練しました。

動画を見てください。







受け手の正面打を手首で受けます。
いつも言っていることですが、真正面で受けずに攻撃線を外してくださいね。

手首(手刀)で接点を作ったら、今度は身体全体で相手の中心に向かって踏み出します。
この時に注意してほしいのが、接点を作っている腕と踏み込む足が同じ側であること、また、踏み込む足~腰と、手刀の方向が一致していることです。
ここが、なんばの動きになっていることが大事です。



なんばで出る



さらに、相手を押し込もうとする思いが強いと、上半身の力で前傾してしまいがちです。
これもまた、なんばの動きというところからは外れてしまいますよ。

全身を一体化させて動くことが大事なのですが、そのためにはやはり肩から腕の脱力ができていることが必要になります。

ここがうまくいくと、相手の身体を無理なく崩していくことができます。
その感覚を是非、体感してみてください。



なんばで出る2



コツは相手の脇腹を伸ばすように出ることです。ただ、そのために上に体が伸びあがるようになってはぶつかってしまいます。
ひたすら、まっすぐに出てみてください。

相手が崩れたら、反対側の手を取って、上下に斬り分けるようにします。やや、下向きに導くようにしましょう。上の接点を固定したまま操作すると、相手は肩を詰められて後ろ向きに逃げていきます。

そのまま肩の詰めを維持して、固めます。



なんばで出る1



後半の動きに目を奪われがちですが、まずは、正面打手刀で崩していくなんばの動きを体得することから始まります。

東京稽古会で、稽古してみませんか?





Posted on 2019/09/15 Sun. 11:43 [edit]

category: 正面打

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 手刀  古武術  攻撃線  連動  正面打  中心 
tb: 0   cm: 0

稽古日誌 令和元年8月29日、9月1日、5日 自主稽古  



夏も終わりに近づきつつありますが、大東流合気柔術 東京稽古会は自主稽古を週二日で敢行中です。

まずは、8月29日(木)。


_20190829_211148.jpg



手首を縦に取って詰める操作から四方投、正面打ちを捌く動き…



_20190829_211329.jpg



基本ですが、なかなか出来ないところをじっくり研究しました



_20190829_211500.jpg



続いては、9月1日(日)。



_20190901_210802.jpg



合気上げを、相手の身体の動きをとらえながら崩していく手法で小一時間ほど。

滞らず、流れの中で動いていく修練を行いました。



_20190901_210922.jpg



そのあとは、それぞれの習熟度に応じて型の訓練を。

これは搦投(からめなげ)ですね



_20190901_214649.jpg



9月5日(木)は久しぶりの会場で。

ここは、空調が弱いので少し心配しながら稽古を始めましたが…



_20190905_220736.jpg



9月に入ってだいぶ暑さも和らいだか、問題なく稽古できました。



_20190905_221140.jpg



合気上げ、居捕の胸捕を捌いて、手首を詰めて崩す操作などなど。

後半は例によって自由研究の時間となりました



_20190905_221024.jpg



9月も毎週、自主稽古、本稽古と続きますよ。

東京稽古会に興味のある方は、上のメールフォームからお問い合わせくださいね。


Posted on 2019/09/06 Fri. 22:20 [edit]

category: 稽古日誌

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  合気柔術  居捕  古武術  正面打  合気上 
tb: 0   cm: 0

其の二百四十九、伸ばして合わせる 大東流合気柔術東京稽古会  



肘を合わせる操作の更なる応用編です。
大東流合気柔術の基本でもある、「脱力」の考え方が入ってきます。



伸ばして合わせる5



前回までは肘を曲げての操作でしたが、今回は互いの腕を伸ばすように意識していきます。

では、動画を見てください。







相手が高手部分(二の腕)を押さえてきます。袖捕(そでどり)ですね。

それに力で対抗せずに、外側に捌きながら腕を大きく回し、相手の腕に、自分の腕を密着させます。
この時、自分の肘と相手の肘が一直線上に並んでいることを確認してください。


肘が合わせられていることが確認出来たら、その形を崩さないように自分の腕の角度を変え、相手の身体が自分の身体の真下に来るように操作していきます。




伸ばして合わせる1



理論上は肘が一直線上にあるわけですから、その角度を変えれば相手の身体も同じように追随してくるはずです。

ですが、その状態を維持することができなくなると、ひっかかりができてしまって力づくで相手の腕をねじ伏せようとしてしまうんですね。



伸ばして合わせる2



ここで、意識してほしいのが、脱力です。
一連の操作のなかで、自分の腕を柔らかく伸ばしてください。

そうすることによって、相手の肘との密着度が増します。
力を入れてしまうと、この密着が失われます。
つまり、「肘を合わせる」状態ではなくなってなってしまうんですね。



伸ばして合わせる3



古武術の独特な考え方で、最初は難しいかもしれませんが、継続して稽古していきましょう。



Posted on 2019/08/18 Sun. 10:16 [edit]

category: 袖捕

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  合気柔術  手刀  古武術 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

稽古への参加希望はこちらから

大東流合気柔術って何?

これまでの動画と記事

最新記事

最新コメント

カテゴリ

アクセス数

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top