FC2ブログ

大東流合気柔術 東京稽古会スケジュール

次の本稽古は 3月21日(木・祝) 11時から13時00分まで
場所は 世田谷区総合運動場 体育館 第一武道場です。
参加ご希望の方は 左のメールフォームよりお問い合わせください。

 

また、3月31日(日)にも本稽古を行う予定です。自主稽古は随時開催しています。
(※自主稽古には東京稽古会会員のみ参加できます)詳細はお問い合わせください

其の二百二十四、一カ条居捕車倒 大東流合気柔術 東京稽古会  



一カ条居捕の3回目、今回は車倒(くるまだおし)です。
大東流合気柔術では同じ崩しかたを居捕と立合の両方で行う場合があります。
この車倒もその一つですが、立合よりも居捕の方が格段に難易度が高くなります。

動画を見てください。





双方座った状態から、受け手が横面打で攻撃してきます。
捕る側は相手に正対するように膝行して捌き、相手の横面を受けつつ中段突きで当身を打ちます。
この一連の操作の中で重要なのが、相手の下に入る、ということ。

これまで一本捕、逆腕捕を解説してきましたが、あえてその中で言わなかったのですが、居捕においても立合と同じく、低い姿勢で相手の重心の下に入る動きが必要となります。


一カ条居捕車倒1


ところが見ての通り、居捕では正座(跪坐)のまま技を行っていますから、立ち合いの時のように低い体勢をとることが簡単ではないんですね。
また、相手より低くなろうと前傾して体勢を崩してしまうことになりがちですが、あくまでも腰の上に上体を乗せていなければなりません。

ここは大東流でも肝になる部分といえます。その部分については自主稽古で行っている合気上や基本稽古などで継続して修練していかなくてはいけません。


一カ条居捕車倒2


長くなりましたが、続けます。
相手の重心の下に入ったら、立合と同じように相手を乗せ、崩します。受け手の腰が浮くような形になったら、上出来です。


一カ条居捕車倒3


膝行してまずは横に崩します。腕の力で振り回すのではなく、全身を一つにして操作して下さい。
さらに受け手の側面に膝行して、手刀を斬り下げるように倒します。
何度も同じことを言うようですが、上体の力だけを使わずに、全身の連動を意識してください。


一カ条居捕車倒6


形の習得は最初から上手くいくわけではなく、様々な動きを修練する中で、徐々に正解に近づいて来るものです。

東京稽古会で、稽古していきましょう!



Posted on 2019/02/14 Thu. 18:27 [edit]

category: 一カ条

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  合気柔術  手刀  当身  合気上  正座  連動  一本捕  居捕 
tb: 0   cm: 0

稽古日誌 平成31年1月27日自主稽古  



風の冷たい冬日でしたが、快晴で気持ちのいい陽差しがさす大東流合気柔術日和でした
いつもの道場で昼から自主稽古を行いました。


_20190127_161324.jpg


来月の半ばに昇級審査を控え、審査組の稽古にも熱が入りました。
2級組は一カ条の居捕、立合、後捕の25種。


_20190127_161826.jpg


4級は居捕4本、立合4本の計8種。5級は立合2本が審査の技になります。


_20190127_161715.jpg


東京稽古会では、審査前に集中的に形を体に練りこむことを大事にしています。
ただ技を覚えるというのではなく、次の段階に進んだときに困らないよう、
大東流の考え方を理解することが必要だと考えているからです。


_20190127_162020.jpg


一方、審査を受けない組は、この時間を利用して基本的な体の使い方を修練。
今日は、座り方、合気上重心の下に入る動きを研究しました。
これも、大事な稽古ですね。


_20190127_161543.jpg


大東流合気柔術 東京稽古会では、参加者を随時募集しています。
お問い合わせはメールフォームからどうぞ!
コメントも受け付けてますよ


Posted on 2019/01/27 Sun. 18:05 [edit]

category: 稽古日誌

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  合気柔術  合気上  重心 
tb: 0   cm: 0

其の二百四、座礼の仕方 大東流合気柔術 東京稽古会  



礼に始まり、礼に終わる。
大東流合気柔術は日本に伝わる古武術ですから、伝統的な日本の考え方に基づいて稽古のはじめと終り、さらにそれぞれに組んだ相手とのやり取りのはじめと終りに、礼を行います。

お互いを尊重し、相手の体を借りて稽古出来ることへの感謝の気持ちをこの礼で表現するんですね。


座礼の仕方


さて、この日本人なら誰でも知っているはずの「礼」ですが、武術的に正しい動きが出来るひとは稀です。
大東流において、礼が正しく出来るということは、武術的に正しい動きが出来るということに等しいんですね。

どういうことでしょうか?動画を見てみましょう。






まずは正しい座り方からです。

膝を立てて、上体を真っすぐにしてみましょう。
骨盤の上に真っ直ぐに上半身を乗せるようにします。このとき、体重は膝にかかっているはずです。
次に、そのまま真下に沈むように腰を低くしていきます。
膝に荷重している意識を保ってください。

かかとの上にお尻を乗せるように座らないようにしてください。
後ろ荷重になって、結果「居ついて」しまうことになります。


座礼の仕方2


さて、正しく座れたら、次に「礼」です。

相手に肩に体重をかけてもらい、その重みを丹田から太腿にかけて感じてください。
そのまま正しい姿勢を保って、立ち上がってみましょう。

できましたか?
後ろ荷重になると、重みが腰、尻、かかとにかかるので、とても身動きがとれるようなものではないですね。

正しい姿勢は、例えば「合気上」をするときなどには必須です。
また、居捕では座ったままで自在に膝行して動かなければなりませんが、それも後ろ荷重ではままなりません。


座礼の仕方3


さらに相手が肩に重みをかけている状態で、礼をしてみましょう。

正しい姿勢で、骨盤の上から頭の先までをひとつの塊として、まっすぐ前に倒すようにします。尾てい骨(背骨の下端)から頭頂までを一直線にするような意識を持ちましょう。

すると、肩に手をかけていた相手はあっけなく前に投げ飛ばされてしまいます。

姿勢が正しくない場合、相手の重みはまっすぐ腰に向かってかかります。
動画にもあるように、上からぐしゃっと潰されてしまうような形になってしまうんですね。


座礼の仕方5


姿勢の力が、丹田から発揮されることで、相手に直接力を伝えます。
ロスのない、強い力の伝達です。
稽古のはじめと終りに、毎回意識してみてくださいね!






Posted on 2018/09/27 Thu. 19:12 [edit]

category: 基本動作

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  合気柔術  姿勢  中心  丹田  合気上 
tb: 0   cm: 0

其の二十一、合気上  

恥ずかしい話なのですが。
大東流を修行して数年経ちますが、「合気上」のことは未だに良く分かりません。

合気上げ1

正座で向かい合い、膝に置いた手首を相手にしっかりと押さえつけられた状態から、逆に相手を崩して、押さえつける。これが、道場でやっている「合気上」の稽古です。

瞬間的に出来たと思えることはあっても、すぐにその方法では通用しなくなってしまいます。いつまで試行錯誤が続くのかと、稽古のたびに途方に暮れています。
そんな「合気上」、先生が言うにはすべての技に通じる重要技法であり、合気柔術の核心に迫るための鍛練法だそうです。ホント、途方にくれます。



身体に力を入れず、指先から力を出すこと。腕で持ち上げるのではなく、肘、腰、腹など、身体の全部をまとめて使うこと。相手の力を吸い込むようにして、その力の方向を導き変えてやること。
今まで教わってきたことはそれこそ山のようにあるのですが、どれも身体に記憶しきれないままです。

というか、上げようと思ってはいけないと教わることもあります。力任せでも、上がればええんや、と言われることもあります。どうしようもなかったら、頭突き入れたり、足で当身入れろ、とけしかけられることすらあります(入れませんけど)。
アタマ、混乱するでしょ。
でも、考えてみれば「合気上」は技に入るための方法に過ぎないわけです。要は相手が崩れればいいのであって、これ自体が技ではないのだから。
「いかにして上げるか」に固執しているから、うまくいかないのかも知れません。

合気上げ

見よ!この方の合気上げ。佐川幸義先生です。エライことになってます。

屁理屈を言ってごまかしてますが、やっぱり、出来るようになりたい!ですね。
毎日稽古できると、いいんですけどね。

Posted on 2015/04/18 Sat. 20:22 [edit]

category: 両手捕

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 合気上  大東流  合気柔術 
tb: --   cm: 2

プロフィール

稽古への参加希望はこちらから

大東流合気柔術って何?

これまでの動画と記事

最新記事

最新コメント

カテゴリ

アクセス数

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top