FC2ブログ

大東流合気柔術 東京稽古会スケジュール

次の本稽古は 8月12日(月) 15時半から17時半まで
場所は 世田谷区総合運動場 体育館 第一武道場です。
参加ご希望の方は 左のメールフォームよりお問い合わせください。


 
また、自主稽古はおおむね週1~2回開催しています。(※自主稽古には東京稽古会会員のみ参加できます)
詳細はお問い合わせください

稽古日誌 令和元年5月30日、6月2日 自主稽古  



大東流合気柔術 東京稽古会では、先週も2回の自主稽古を行いました。

まずは、5月30日(木)の自主稽古。



_20190530_212601.jpg



合気上肘を合わせる操作、四方投、半座裏落と全体で行った後、



DSC04859.jpg



昇級審査を控えた組は5級技、上級者は一カ条の半座半立の技を中心に研究しました。



_20190530_212746.jpg



月が替わって6月2日(日)の自主稽古。

休日の夜ということもあって、参加者も多く充実した稽古でした。



_20190602_220458.jpg



「乗せる」考え方を使って、合気上げ鍛錬、小手返、木葉返、切返の4種目をじっくり研究した2時間でした。



_20190602_220911.jpg



充実しすぎて稽古風景の写真を撮る暇がありませんでした。

集合写真前のカオスな感じを一枚







Posted on 2019/06/03 Mon. 13:09 [edit]

category: 稽古日誌

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  合気柔術  合気上  小手返 
tb: 0   cm: 0

其の二百三十九、一カ条立合小手返 大東流合気柔術 東京稽古会  




一カ条立合、小手返(こてがえし)の動画解説です。大東流合気柔術に限らず、同じく「小手返」の名がつく動きが合気道や他流派にもありますので、聞いたことがあるという人もいるかもしれません。

手首から肩甲骨にかけて関節を逆にとり、体幹を崩していきます。
同じ小手返でも、相手の攻撃の仕方によって動きがかなり違うんですが、今回は両手を掴まれた時の型を解説していきます。

動画を見てください。








両手を掴んでくる相手の力を受け止めます。腰を沈め、手刀を相手に向けてください。
腕の力で押し返すと、次の動きがうまくいきません。
肩から先は脱力して、体幹で受け止めましょう。

相手の身体を突き込むようにしながら、肘を出し、手刀を立てていきます。
自分の肘に相手の重みを乗せるような意識でやってみてください。



一カ条立合小手返2



相手のかかとが浮いたら、腰を切り、相手の出足と逆側に体をずらします。
全身で攻めることで相手の身体が崩れたら、出足側の手首をつかみます。



一カ条立合小手返4




小手返の基本形は、掌の母指球側と手の甲の小指球側に内向きのひねりを加えることで関節を極めて行きます。
ここでは相手の母指球に自分の小指を、相手の手の甲、薬指と小指の付け根のあたりに自分の親指を当てます。



一カ条立合小手返5



次に相手につかまれている手刀で、相手の親指を腰に向かって斬り込んでいきます。
ここも、手の力ではなく、腰を切って全身で動かしてください。

ここまでの操作で相手の腰は大きく崩れるはずです。



一カ条立合小手返1



指の付け根「手根骨(しゅこんこつ)」手刀を当て、斬り下ろしましょう。
肩甲骨まで逃げられない力を受けた相手は、回転しながら倒れます。

相手の崩れ方に応じて、固めて、残心。

次回はこの動きを「居捕」で行う型を解説します。







Posted on 2019/05/30 Thu. 20:22 [edit]

category: 両手捕

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  合気柔術  手刀  からだ  連動  小手返  居捕 
tb: 0   cm: 0

稽古日誌 令和元年5月2日自主稽古 5月6日本稽古  


令和になって最初の稽古は、5月2日の自主稽古でした。


60026251_2293626257561015_380461680687054848_n.jpg


小手返、手刀詰、いつもの鍛錬の後、それぞれの課題を一時間ほど研究しました。

まさに自主稽古ですね。


60066933_2293626204227687_7025179599776514048_n.jpg


これからはこうした「自分でデザインする」稽古の時間も取っていくつもりです。


さらに、10連休の最終日、5月6日には本稽古を行いました。



60091802_2293626084227699_4483772142776745984_n.jpg


一時間の体感バランストレーニングのあと、「接点を通じて腰を崩す」をテーマにじっくりと練りこみました。

この様子は、後日動画とともにブログにアップしますね。


さて、10連休中に3回の稽古会を開催しました。

その合間を縫って、ささやかながら家族サービスの真似事も…。



59821992_2293626360894338_3325219029806743552_n.jpg



たまには、支えてくれる家族に感謝の気持ちも示さねば



59678702_2293626454227662_1674638371827220480_n.jpg



いつもありがとうございます。





Posted on 2019/05/09 Thu. 00:19 [edit]

category: 稽古日誌

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  合気柔術  小手返 
tb: 0   cm: 0

稽古日誌 平成31年3月17日自主稽古  


うららかな小春日和の日曜、自主稽古でした。


_20190317_173315.jpg


今日も合気上の鍛錬から。相手と肘をつなぎ、肘をコントロールする狙いでひとしきり修練しましたね。

続いて片手捕から脇詰。これも相手と肘をつなげて動き出します。



_20190317_173616.jpg


さらに片手捕から肘を攻めて崩し倒す操作、両手捕の小手返と、ひたすら肘をつなぎ、攻める動きを繰り返し稽古しました

最後は居捕の肘返と、これも肘を攻める技。
いつもとは違い、流れを止めずに一気に投げるやり方に挑戦しました。
これは少し難しかったかもしれませんね


_20190317_173416.jpg


自主稽古では、一つのテーマに沿って形稽古を行っています。

今週の木曜日(春分の日)は本稽古です。
大東流合気柔術の根幹部分の技術、考え方を修練しますよ。

参加したい方は上のメールフォームからお問い合わせくださいね





Posted on 2019/03/18 Mon. 12:15 [edit]

category: 稽古日誌

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  合気柔術  合気上  小手返 
tb: 0   cm: 0

稽古日誌 平成31年3月7日 自主稽古  



雨風の吹き荒れる中、自主稽古でした。

平日にもかかわらず、道場に足を運んだ勇者たちです。



_20190307_215115.jpg




メニューは手首を四カ条にとって詰める鍛錬、手刀詰、小手返、一本担の四本でした。

このところ手首を極めたり、肘を逆関節に捕ったりする操作(痛い)が多いですね。

それでも、道場に足を運ぶ勇者たちです。




_20190307_215306.jpg



この日の着眼点は、「相手に力を届ける」というところ。

焦って斬り落としたり、詰めようとして動くと、結局力が伝わりません。

思うように操作するためには、相手の反応を見極めて動かなければならないんですね。



_20190307_215454.jpg


最近の東京稽古会の主要テーマとなりつつある考え方です。

次の本稽古で、分かりやすく解説してみようと思っています






Posted on 2019/03/11 Mon. 19:18 [edit]

category: 稽古日誌

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 小手返 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

稽古への参加希望はこちらから

大東流合気柔術って何?

これまでの動画と記事

最新記事

最新コメント

カテゴリ

アクセス数

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top