FC2ブログ

大東流合気柔術 東京稽古会スケジュール

次の本稽古は 4月18日(日)16時30分から19時30分まで
開催場所は 高津スポーツセンター 第二武道場です。
通常稽古は毎週木曜・日曜(または祝日)に開催しています。通常稽古は会員限定です。
東京稽古会への参加を希望の方は 左のメールフォームよりお問い合わせください。

其の三百三十四 交叉極め 大東流合気柔術 東京稽古会  




大東流合気柔術には、相手の身体に恰も金縛りをかけたように動けなくしてしまう技術があり、これを見る人の中には不思議な魔術であるような印象を持ったり、あるいは捕り手と受け手が示し合わせて行う「茶番」だと断じられることもある。



交叉極め1



そうした技術のなかのひとつが、「搦め」と呼んでいるものだ。
先ほど述べたような魔術でも、茶番でもなく、人間の身体構造と力の伝え方によって物理的に身動きをとれないようにする。







ただ、その際に、現代のスポーツで追及されるようなパワーやスピードとは別のロジックで身体を使うことが要求されるために、その実態を経験したことがない人から、いわゆる「インチキ」だとみなされがちなのだ。



交叉極め2



相手からの攻撃線を外し、柔らかく脱力した手刀を使って、相手の肩を詰めながら、自分の身体を伸ばしていく。
急所の掴み方や、力の伝え方に極意があるとはいえ、ごく単純化すると、やっていることはそれだけなのだ。



交叉極め3



筋肉量に頼った身体の使い方では、相手をこのような状態にすることは難しい。



交叉極め4



攻撃の意識を持った相手に対して、それに抵抗するように動いていては、この合気柔術の真髄ともいえる技術に至る道は遠い。



交叉極め5



斯く言う私自身もまだまだ技が荒く、これからの修行で動きの精度を上げる必要があるが、目指すべきところはすでに明確だ。
東京稽古会では、基礎的操作法から、大東流の深奥まで、幅広い内容を修練していく。

参加申し込みは、ブログ内に設置のメールフォームにて受け付けています。



Posted on 2021/04/04 Sun. 09:40 [edit]

category: 両手捕

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  合気柔術  手刀  攻撃線 
tb: 0   cm: 0

其の三百三十三 外から崩す 大東流合気柔術 東京稽古会  




方手取からの相手の体勢を崩し、帯をつかんで引き落とす。
大東流合気柔術一カ条「帯落(おびおとし)」の変形のような動きを解説してみよう。



外から崩す2



今回の動きもまた、相手の攻撃線に対してどう初動を取るかで、技の成否が決する。
すなわち、相手の外側に自分の中心を置き、そこから崩しをかけていく操作である。







さらに手刀は必ず自分の中心で使わなければならない。
相手の力が届かない位置で、自らの力は十全に発揮させる。
再三言っているが、これが我々が修行する上において必須の思考法だ。



外から崩す3



外側から、相手の中心を攻める際には、ともすれば手刀を横に振り回すように操作してしまいがちだが、ここも縦に斬り込んでいく意識で稽古してみる。
お互いに、相手の感覚を確かめながら技の精度を高めていくとよい。



外から崩す4



崩しの掛け方によっては、相手の力とぶつかることもある。
それはやはり肩から先の力で強引にねじ伏せようとしている場合が大半だ。



外から崩す5



脱力し、攻撃線を外し、手刀を縦に使う。
こうした一つ一つの思考法を、当稽古会では「技の要素」と呼んでいる。



外から崩す1



上手くいかないときは、こうした技の各要素が複合していないと考える。
本稽古で取り上げる基本動作を繰り返し修練することで、総合的に古武術を捉えていってほしい。





Posted on 2021/03/28 Sun. 09:30 [edit]

category: 片手捕

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  合気柔術  手刀  古武術  中心  連動  攻撃線 
tb: 0   cm: 0

其の三百二十六 沿う 大東流合気柔術 東京稽古会  




相手の攻撃にどう対応するか、古武術における一つの考え方を取り上げる。



沿う5



大東流合気柔術の思考法として、全身の連動をもって身体操作を行うことで、効率的な力の伝導を行うということがある。
そのために、相手との位置関係を適切にとる必要がある。







相手の攻撃を恐れて、離れすぎてしまっては、即時に次の動きに移れない。
と言って、敵の攻撃線の中にいてはダメージを受けてしまう。刃物や凶器があった場合、命に係わる。



沿う



ここで採用するのは、相手の攻撃線に「沿う」という解だ。
中段を打ってきた打突に、密着するように体を捌く。手刀をガイドのように使い、自分の中心を相手に向ける。



沿う2



そして次の動きに移り、手首を操作して裏に倒すのだが、これも「沿って」いるからこそ瞬時に可能となる。
脱力し、全身の連動で倒すためには、相手との接点が自分に近いところにあるほど有利なのだ。



沿う1



攻撃に「沿う」という発想はできても、恐怖心もあって、実際にその動きに抵抗が出ることは理解できる。
日々の修練の中で、こうした体捌きに熟達していきたい。




Posted on 2021/02/07 Sun. 12:08 [edit]

category: 中段突

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  合気柔術  手刀  中心  連動  攻撃線  古武術 
tb: 0   cm: 0

其の三百二十一 横面打 大東流合気柔術 東京稽古会  




【謹んで新年のご挨拶を申し上げます。】

本年も大東流合気柔術 東京稽古会は日本古武術の継承発展を目指し、たゆまぬ鍛練を重ねていく所存です。
皆様のご支援をよろしくお願い申し上げます。



今年もまた、大東流の基本的な操作を、その思考法を解題しつつ取り上げていく。
令和三年の初回となる今回は「横面打」であるが、他武術の諸流派から当稽古会に参加する人には、修正するのに相当の時間を要してしまう、ある種の動きの「癖」がある。



横面打サムネ1



「癖」とは、剣を水平に振り回すように、相手の頭部を横薙ぎに斬る、という動きだ。
合気道などでは手刀を頭の横に振りかぶるようにして、大きく外側に踏み込むために必然的に腕が水平に振られることになる。







しかし、この動画でも詳しく説明している通り、大東流においては剣は縦に使うことを原則としている。
横面打ちであってもその例外ではなく、相手の攻撃線をわずかに外したところに捌き、正面打ちを側頭部を狙って斬り下ろす。

攻撃は中心線を通して発することによって、その効力を発揮するという考え方だ。



横面打2



捕手側も同じく、相手の中心を取るように捌きながら、自分の中心から手刀を発して迎え、受け止める。
いずれの側も、手刀を身体の外側に大きく出して操作することはない。

裏を返せば、手刀によって結ばれる相手との接点は、常に自分の中心の力が発揮できる範囲に収まっているということでもある。



横面打1



今回取り上げた動きは、その思考法をよく体現している。
中心で、無理なく扱うことで、柔らかく脱力した効果的な技となる。基本動作ではあるが、核心的なアイデアである。

今年も、こうした基本を積み重ねて稽古していきたい。





Posted on 2021/01/03 Sun. 09:42 [edit]

category: 横面打

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  合気柔術  手刀  古武術  姿勢  中心  攻撃線  正面打  剣の理合  中心線 
tb: 0   cm: 0

其の三百十二 搦める 大東流合気柔術 東京稽古会  




大東流合気柔術には相手の身体の一部分を使って、その自由を奪ってしまう、いわゆる「搦め」という技法がある。



搦める3



筋肉や骨格、身体の構造を利用して一見不可解にも思えるような状態を作り出していく操作なのではあるが、成功させるにはいくつかの条件を満たさなければならない。







今回動画で取り上げたような場合では、正面打ちで攻めかかってきた相手の攻撃の道筋を妨げることなく導くことも、その一つだ。



搦める2



そのために、正面打ちの攻撃線を外しながら受けることが初動の必須事項となる。



搦める1



それも、大きく自分の位置を変えて受けるのではなく、出来る限り相手に近いところで捌く必要がある。
そうすることで、次の動きの効果が高まる。



搦める4



害意を持った相手から大きく距離をとるのではなく、「寄り添う」ように立ち位置をとる古武術の考え方は、現代のトラブル対処法としても示唆的であるといえよう。

Posted on 2020/11/01 Sun. 09:11 [edit]

category: 正面打

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  合気柔術  古武術  攻撃線  正面打  姿勢  手刀 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

稽古への参加希望はこちらから

大東流合気柔術って何?

これまでの動画と記事

最新記事

最新コメント

カテゴリ

アクセス数

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top