FC2ブログ

大東流合気柔術 東京稽古会スケジュール

次の本稽古は 1月14日(月・祝) 11時から13時まで
場所は 世田谷区総合運動場 体育館 第一武道場です。
参加ご希望の方は 左のメールフォームよりお問い合わせください。

 

また、2月11日(月・祝)にも本稽古を行う予定です。自主稽古は随時開催しています。
(※自主稽古には東京稽古会会員のみ参加できます)詳細はお問い合わせください

其の二百十八、一カ条立合一本捕 大東流合気柔術 東京稽古会  



新年あけましておめでとうございます。
今年、大東流合気柔術東京稽古会は5年目を迎えることが出来ました。これもひとえに皆様のご支援の賜物です。心より感謝申し上げます。
私自身、修行の年浅い未熟者ですが、愚直に稽古に励んで参ります。本年もどうぞよろしくお願いいたします。


東京稽古会の動画ブログ、これが今年初めての更新です。
今回からは、東京稽古会で行っている昇級審査の形を解説していきますよ。
まずは立合の一本捕です。


一カ条立合一本捕アイキャッチ


「形」は、相手の攻撃の仕方や彼我の体格差などに応じて変化していきます。ここでは、稽古するための基礎となる考え方を示しています。
つまり「形」とは言えど、あまりガチガチに動きをなぞろうとせず、柔軟に対処する気構えが必要なんですね。
あくまで現在の東京稽古会ではこの動きを採用していますが、今後(私の)大東流への理解が深まれば、より効果的な方法に改良されていくこともありますので、ご了承の上読み進めて下さい。

前置きが長くなりました。動画を見ましょうか。





受け手の攻撃は正面打ちです。
しっかりと踏み込んで相手の中心線を斬り下ろしてください。小手先で斬るのではなく、腰を入れた動きでないと、上手く技になっていきませんので注意してくださいね。

捕り手はその攻撃を真正面で受けず、足を動かして捌きます。攻撃線を外すのがその目的です。わずかにずれるだけでも、自分を有利な位置に立たせることができます。
ここでは、相手の肘と手首を制します。特に肘を掴むことで、相手の上腕部が自由に動かないようにしてください。


一カ条立合一本捕1


この初動における留意点はまだあります。一つは後ろに下がって攻撃を受けないこと。
大東流の一カ条では、わずかでも良いので前に踏み込んで対処することが求められます。さらに、相手との接点にもたれかかるような前傾姿勢にならないようにしましょう。

次に相手を崩しにかかります。具体的には相手の脇腹を伸ばしていくような意識で前に出ます。この時に相手の腕が、相手の視野を遮るように操作しましょう。

いつも言うことですが、小手先の動きで腕だけを操作しても効果が薄いです。
全身を連動させることで、相手は腰から崩れていきますよ。


一カ条立合一本捕2


当身を打って相手の腰を引けさせたら、手刀を使って手首を斬り落とします
この時どうしても手首を掴んで引っ張りまわしてしまいがちです。掴まずに、斬ってください。
重心を移動させることも忘れずに。一本捕は「相手の腕を一本にする」と同時に、「自分の体を一本にする」という風に考えると分かりやすいかもしれません。


一カ条立合一本捕5


ここまでの操作でしっかりと崩すことができたなら、相手は倒されているはずです。
手首を鼠径部につけて、肘を固定しつつ、自分の膝を相手の脇につけてください。
腕を下に押し込んではいけませんよ。むしろ自分の足元に相手の肩を引き入れるような意識で、身体の中心を相手の腰に向けます。

とどめを刺すように手刀で当身を打ったら、残心
演武の最後まで気を抜かず、相手の状態を見極める気持ちで行ってください。


一カ条立合一本捕3


冒頭にも言いましたが、これらの手順はあくまで基礎となる操作法です。相手との距離が近くなった時、遠くなった時、自分と相手との角度や高低差などで、それぞれの局面での動きは変わってきます。
その都度、微修正を加えながら、稽古していきましょう!



Posted on 2019/01/03 Thu. 18:10 [edit]

category: 一カ条

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  合気柔術  手刀  正面打  中心  当身  攻撃線  重心  連動 
tb: 0   cm: 0

其の百九十六、縦に絡める 大東流合気柔術 東京稽古会  


腕を剣に見立てて操作する大東流合気柔術の技法の続きです。

今回は相手の腕をくっつけ、絡めてしまうような動きです。
初伝一ヶ条では「搦投」という型になりますが、その基本形を修練してみましょう。


縦に絡める4


この動きの中に前回解説した「縦に使う」動きが入って来るんですね。

動画を見てください。





相手が手刀を使って、上段から打ちかかってきます。正面打ちです。
捕り手側はそれを手刀で受け止めます。
同時に当身。相手の顔面に突きを打ちます。

すると相手は、当身に対して防御の手を差し出しますので、その手を捕り、脇につけるようにしましょう。
さらに正面打ちを受けた手刀を斬り落とすようにします。

このとき、相手の腕を引っ張り落とすようにするのではなく、打って来た正面打ちの軌道を素直になぞるように落としてください。


縦に絡める3


すると、当然ですが相手の腕は、小指側を下向きにした形になります。
手刀は小指側を刃と見立てますからね。

こうすることで、相手の腕を(剣に見立てて)「縦に使う」わけです。

相手の腕を脇の下で交叉させます。縦に使うことで、絡みはきつくなり、相手は爪先立ちになります。
そのまま倒し、固めます。


縦に絡める2


相手の腕を強く掴んだり、捻じったりすると、小指側で絡めることが出来なくなり、上手く絡みません。

さらに絡めを強めるために、いくつかの操作のコツがあるのですが…それは稽古会でお伝えしますね!



Posted on 2018/08/02 Thu. 18:50 [edit]

category: 正面打

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  合気柔術  古武術  手刀  正面打  当身 
tb: 0   cm: 0

其の百六十六、搦投 大東流合気柔術 東京稽古会  

今回は搦投(からめなげ)です。
この型は大東流合気柔術の中でも特徴的な、大東流らしい」技だと思います。あくまで個人的にですが。


搦め投げ1


関節や身体の構造を利用して技をかけることで、相手はひとりでに固まっていくんです
「自縄自縛(じじょうじばく)」という言葉がありますが、そんな感じですね。

まずは動画を見てください。





受け手側の攻撃は「胸捕正面打です。
前襟をつかんだ状態から、正面打ちを打ちこみます。
捕り手側は、通常の正面打ちの時と同じく、相手の攻撃線を外して手刀を受けます。

ただ、胸倉を掴まれていますから、大きく動くというよりは、わずかに「太刀筋をかわす」くらいの捌きが良いでしょう。
ここで、前々回解説した重心の移動」が活きてきます。


搦め投げ2


大事なことは、胸を掴んだ相手の腕と、正面打ちを打ってきた相手の腕を深く交叉させることで、相手の肩を詰めてしまう操作です。
この時に大きく自分の位置を動かしてしまうと、ピシャッとハマらなくなるんですね。
これは私自身の稽古から来る感覚なので、人によっては違うと思われる方がいるかもしれません。

しっかり相手の肩を詰められたら、正面打ちを打ってきた腕を、相手の下腹部に向けてくっつけます。
動画で先生が言っているように、「相手の手刀で斬りこんでいく」イメージです。

腕を横に振り回さず、縦に斬ること。
自分の中心で操作することを心がけてください。


搦め投げ3


相手の両腕が、肘の上、二の腕の中間部分で交差しているような状態になっていれば、相手は自分から腕を絡みつけていくような状態になります。
肩関節を詰められて、そこから逃れようとして、さらに行き場を失っていくような状態ですね。

その交差部分を弛めないように、倒し、固めます。

固め方については…ちょっと文章にはしづらいですね。

ということで、この続きは道場でお伝えします!。
東京稽古会で、お待ちしていますよ。



Posted on 2017/12/30 Sat. 10:54 [edit]

category: 胸捕正面打

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  合気柔術  手刀  中心  重心  攻撃線  正面打 
tb: 0   cm: 0

其の百五十七、小手をとる 大東流合気柔術 東京稽古会  

これまでにも何度か小手返という形を取り上げてきました。
相手(受け手側)の攻撃方法に対応して、捌き方や崩し方は変わりますが、相手の手を「小手返」のかたちに捕るところは共通しています。


小手をとる2


今回は、その手の取り方をクローズアップして解説します。

まずは動画を見てみましょう。






ここでは交叉捕に捕られます。これが両手捕や正面打ち、あるいは胸捕になったりするわけですね。

さて、手首を捕られたら、あわてずに捕られた腕を外側に回します。

おっと失礼。
ここで「腕を回す」という表現が誤解を生むんですね。

いつも言っているように、肩から先の「小手先」で腕を回してはダメなんです。
相手に力が伝わっていきません。

そうではなく、腕は必ず自分の正面で操作しましょう。
そこに、腰の回転が加わることで、あたかも腕が外側に回っているように見えるんでしたね。


小手をとる3


このとき、指をしっかり開いて操作してください。
こうすることで、相手の親指の内側に、自分の拇指丘が引っかかっていきます。
力で押し込むのではなくて「引っかける」感覚が重要です。

身体全体を使って上手く相手の親指を引っかけたら、もう片方の手を自分の前に伸ばし、相手の拇指丘を捕ります。

この時に、小指を手首と拇指丘の境目、膨らんでいるところに引っかけるようにしてください。
握りこむのではなく、「引っかける」。

相手が強くつかんで来れば来るほど、自分の手首を柔らかく使うことが上達の秘訣です。
そのときに有効なのが、「引っかける」操作法なんですね。


小手をとる1


さらに親指を相手の手の甲、小指と薬指の付け根の間の部分に当ててください。
最後に、相手の手の甲に、もう片方(掴まれていた方)の掌を添えるようにして斬り落とします。

初めは、指の位置が上手く合わずに慌ててしまうかもしれません。
練習を重ねるうちに、引っかけるポイントが分かるようになってきますよ。
稽古しましょう!



Posted on 2017/10/14 Sat. 11:47 [edit]

category: 交叉捕

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  小手返  正面打  手刀 
tb: 0   cm: 0

其の百五十三、両手捕小手返 大東流合気柔術 東京稽古会  


今回は大東流合気柔術初伝の一ヶ条にある、小手返(立合)の解説を試みます。
形としては、相手(受け手)が両手捕で攻撃してくるところから入ります。

小手返はこれまで何度かこのブログで取り上げてきたように、受け側の攻撃が正面打ちであったり、片手捕であったり、交叉捕であったり、どんなパターンからでも移行できます。


両手捕小手返1


捕り手(技をかける側)も、本来の考え方としては、相手の攻撃に応じて、またその時の状況に応じて、一番崩しやすい手法を選択し、制するわけです。
形稽古といえども、そうした心構えを持ちながら行うようにしたいものです。

前置きが長くなってしまいました。動画を見てみましょう。





両手を捕ってきた相手の肘を伸ばし肩を詰めるようにします。その状態で相手をやや持ち上げるようにすると、相手の踵が浮きつま先立ちになります。
そのまま、両手を合わせるように重ね、相手の拇指丘に小指をかけるように捕ります。
この捕り方が「小手返」です。

小手返に捕ったら、反対側の手刀で、相手の親指を斬りこむようにします。
相手の体勢が崩れたら、さらに手の甲の指の付け根辺りに手刀をあてがうようにして斬りこみ、倒して制します。


両手捕小手返3


段取りをざっというと以上のようになりますが、この通りやれば出来るというわけではないですよね。

まず、相手の踵を浮かすというところで行き詰ってしまうと思います。
これは、前回「其の百五十二、くっつける」でやった身体操作が必要になります。
力の方向をしっかりと相手に向け、手首が「切れて」しまわないように攻め続けましょう。


両手捕小手返2


自分の中心に相手の力を乗せることも大事です。
手先ではなく、身体全体で相手に対処することを忘れないでください。

身体全体で動かすという操作は、その後の小手返に捕り、斬りこむときも同様です。
動画を見ればわかると思いますが、腕の動きと、腰の動き、足の捌きは常に連動しています。


両手捕小手返4


難しいと思いますが、形は一連の流れでとらえることも大事です。
ここに上げたポイントをひとつひとつ修練しながら、技をトータルで考えることを意識して稽古していきましょう。





Posted on 2017/09/03 Sun. 16:05 [edit]

category: 両手捕

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 正面打  小手返  中心  手刀  合気柔術  大東流 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

稽古への参加希望はこちらから

大東流合気柔術って何?

これまでの動画と記事

最新記事

最新コメント

カテゴリ

アクセス数

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top