fc2ブログ

扶桑会について

指導者: 石塚嘉 【達人・名人・秘伝の師範たち】
稽古日時:日曜14時半~16時半 / 木曜19時~21時
稽古場所:神道扶桑教 世田谷太祠 東京都世田谷区松原1丁目7−20 【道場紹介】 

入会希望者が参加可能な公開稽古は4月29日(月・祝)13時30分から16時30分まで開催します。
場所は 世田谷区総合運動場 体育館 第一武道場です。
扶桑会への入会を希望される方は 左のメールフォームよりお問い合わせください。

扶桑会のYouTubeチャンネルでは「メンバー限定動画」の配信を始めました。一般公開の動画ではカットしている口伝や、道場でしか見せないコツを取り上げています。
興味のある方は 「Aiki-Kobujutsu」チャンネルホームページ にアクセスして「メンバーになる」から購読手続きしてください!
【扶桑会がTV放送されました!】 縦に使う1 
NHKWorld「J-arena」(↑上の画像をクリックすると無料視聴できます) 
 

【関連商品】 縦に使う1 扶桑会DVD「柔(やわら)の力の完成」←Amazonへリンク   
【Twitter】https://twitter.com/aiki_fusoukai
【Instagram】https://www.instagram.com/aiki_kobujutsu/
【Facebook】https://fb.com/kobujutsu

【稽古日誌】令和6年4月4日 7日 9日 大東流合氣柔術 扶桑会  




大東流合氣柔術 扶桑会の稽古日誌。今回は4月上旬の稽古内容について記録していきます。

まず4月4日(木)の稽古から。



PSX_20240404_231338.jpg



相手との間合い、押し引き、様々な状況に応じて崩しをかけていく修練を行いました。

体術においては、相手とのわずかな接点を通じて意図を伝えていかなければなりません。



PSX_20240404_232559.jpg



そのために自分の身体に備わるセンサーの感度を研ぎ澄ませていきます。
ゆくゆくは物理的、身体的なものにとどまらない感覚も必要になります。



PSX_20240404_232149.jpg



自分の体の内部に意識を向けることで、対面する相手とつながっていくことを目指しましょう。



PSX_20240404_234147.jpg











続いて4月7日(日)の稽古。



PSX_20240407_190656.jpg



肘を伸ばして制する動きを中心に修練しました。

たとえば一方向にしか曲がらない肘関節に対して、逆方向に力を伝えます。
その時、力任せに押しつけたのでは決して上手くいきません。



PSX_20240407_191206.jpg



相手からの反発が生じないよう、身体全体からの入力方法を探ります。



PSX_20240407_191856.jpg



小手先や末端からの操作ではない、大きく柔らかい古武術の身体の使い方です。

こうした修練から、大目標である「自然体」に入っていきます。



PSX_20240407_193513.jpg














最後は4月9日(火)の稽古。

この日はオーストラリアのブリスベンから Australian Fitness and Martial Arts(AFMA) の皆さんが扶桑会を訪ねてこられました。



PSX_20240409_232051.jpg



海外で放送された扶桑会を紹介したTV番組を見られて、興味を持ってくれたそうです。

皆さんは普段松濤館空手をオーストラリアで修行されているようですが、さらに深く日本古武術を学びたいと来日されました。



PSX_20240409_231308.jpg



扶桑会が目指す「自然体」の説明と、基本動作を中心に修練しました。

最初は慣れない動きに戸惑いながらも、徐々に合気柔術の考え方にフィットしていきます。



PSX_20240409_225743.jpg



言葉が通じない中で、大切な内容を伝える時に大事なのは、非言語的コミュニケーション、つまり「こころ」の部分です。

目に見えない、耳に聞こえないところで感覚を届けていくということは、人間関係の極意でもあります。



PSX_20240409_225912.jpg



また、遠い南半球の地から異国の道場を訪ね、未知の武術を修得しようという彼らの熱意にも大変学ぶところがありました。

出会いに感謝するとともに、より一層真摯に稽古に取り組んでいこうと決意を新たにしました。



PSX_20240409_235823.jpg












スポンサーサイト



Posted on 2024/04/17 Wed. 19:35 [edit]

category: 稽古日誌

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  合気柔術  古武術  中心  自然体 
tb: 0   cm: 0

【稽古日誌】3月14日、17日 本稽古、20日 大東流合氣柔術 扶桑会  




大東流合氣柔術 扶桑会の稽古日誌、今回は3月中旬の修練内容について記していきます。

まずは3月14日(木)の稽古。
この日は畳の道場を使うことができず、普段剣道場として使われている板間の施設での稽古となりました。



PSX_20240314_214256.jpg



そのため大きな受身や居捕(座った状態で行う技)は最小限に止め、手首や肘の操作法や、剣を使った動きの修練を中心に研究しました。



PSX_20240314_214818.jpg



木剣を使った修練では、青眼の構え方、運歩などの基礎から、四方投げ、一本捕を剣を使って単独で鍛錬する方法に取り組みました。

すでに「独習法」としてYouTube動画に公開している動きですが、改めて皆で共有することで、その価値を再確認しました。



PSX_20240314_215646.jpg



一人稽古にも十分に生かせる修練法です。
剣の理合の体得に役立ててください。

※「独習法」は当ブログ内「カテゴリ>基本動作」の中に格納されています。



PSX_20240314_220631.jpg











3月17日(日)、この日は3月の本稽古でした。

扶桑会の本稽古ではこれまで何度も取り上げているのですが、この本稽古でも「自然体」をテーマに3時間の研究をしました。



PSX_20240317_230227.jpg



我々が「自然体」と呼ぶ身体を作るためには、地球に働く重力を感じて、それを受け入れることから始めます。

つまり、身体感覚において自分が生きている環境と素直に合致していくことを目指すのです。



PSX_20240317_224025.jpg



やがて修行が進めば、その感覚は他者との関係性にも及んでいくでしょう。

自他を過剰に区別し、自我をあくまで押し通すことが人を不自由にします。それは、私たち現代社会に生きるものが負う宿痾(しゅくあ)といってもよいと思います。



PSX_20240317_220150.jpg



それを乗り越えることを、扶桑会の稽古では目指していきます。



PSX_20240317_232413.jpg












最後は3月20日(水・祝)の稽古。



PSX_20240320_191934.jpg



相手との接点をいかに「持たせたまま」にするか。

脱力、手刀の使い方、粘着など個々の操作法を統合して、相手が握ったところを離せなくさせる動きに取り組みました。



PSX_20240320_184426.jpg



身体操作もさることながら、相手とぶつからず、ひたすらくっついていくという動きには、心理的な意識改革が必要です。



PSX_20240320_181840.jpg



その根本の考え方を、日本古武術の修練を通して心に定着させていけるといいですね。



PSX_20240320_195006.jpg
















Posted on 2024/03/23 Sat. 09:25 [edit]

category: 稽古日誌

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  合気柔術  手刀  古武術  受身  自然体  剣の理合  一本捕 
tb: 0   cm: 0

【稽古日誌】令和6年2月18日 23日本稽古 25日 29日 大東流合氣柔術 扶桑会  




大東流合氣柔術扶桑会の稽古日誌、今回は2月下旬の修練内容について記していきます

まずは2月18日(日)の稽古。


PSX_20240218_212355.jpg



この日は手首の極めを中心に様々な形を研究しました。

崩しては取り替え、また新しい形に極める…の繰り返しです。



PSX_20240218_221134.jpg



言葉は悪いですが「死人に鞭」と言われるように、大東流合氣柔術では次から次に技を変化させて相手をがんじがらめにしていく技法があります。

そこには、一つの形にこだわることなく臨機応変な考え方で敵に対応するようにとの口伝も含まれています。



PSX_20240218_213807.jpg



扶桑会ではまだまだ初歩の段階ですが、これから磨きをかけていこうと考えています。



PSX_20240218_215741.jpg









2月23日(金・祝)は2月の本稽古。

先月に引き続き「千鳥足」の研究を時間をかけて行いました。



PSX_20240223_195107.jpg



方向の切り替え、垂直に沈む操作…。



PSX_20240223_194258.jpg



初動でぶつからず、柔らかく相手に力を伝えるところはすべてにおいて共通です。



PSX_20240223_202137.jpg



一つの技法である「千鳥足」ですが、そこから古武術大東流の核心的な考え方をとらえてほしいと思います。



PSX_20240223_203619.jpg










続いて2月25日(日)の稽古。



PSX_20240225_235948.jpg



接点や手先だけに気を取られず、全身を大きく使うことをテーマに。



PSX_20240226_000953.jpg



動きが小さくなると、自然体から遠ざかります。



PSX_20240226_000528.jpg



私たちは個々の自我を有した人間ではありますが、大宇宙の一構成要素と捉えることもできるのです。

あくまで自然の中の存在として、誰が見ても美しいと感じられる姿勢が扶桑会の目標です。



PSX_20240226_003102.jpg








最後は2月29日(木)。久しぶりに世田谷の扶桑教太祠での稽古となりました。



PSX_20240229_222359.jpg



相手の身体に「張り」を作ることを念頭に修練。



PSX_20240229_221834.jpg



小手先の出力では「張り」を作ることは出来ません。

相手の身体を緊張させずに、伸ばすことで可動域を奪う考え方です。



PSX_20240229_221643.jpg



日々異なるテーマで研究を重ねながら、その根幹を求めて修練していきます。



PSX_20240229_233454.jpg














Posted on 2024/03/04 Mon. 17:43 [edit]

category: 稽古日誌

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  合気柔術  古武術  姿勢  自然体 
tb: 0   cm: 0

【稽古日誌】令和5年11月12日 16日 19日 大東流合氣柔術 扶桑会  




大東流合気柔術 扶桑会の稽古日誌、今回は11月中旬の稽古内容を記録していきます。
まずは12日(日)の稽古。

この日は畳敷きの会場が確保できず、板張りの体育室での修練となりました。



PSX_20231112_221047.jpg



そのため、足捌きの訓練や木剣を使った身体の使い方を稽古しました。



PSX_20231112_221316.jpg



正しく素振りを行うことで、脱力や丹田を意識した身体操法を磨いていくことが可能になります。
相手をつけての修練が中心のように思われがちな大東流合氣柔術ですが、一人稽古で感覚を高めていくことも大事です。



PSX_20231112_225522.jpg



長時間素振りを行った後に少しだけ一本捕をやってみたところ、いつもより技のキレが増して、びっくりしたという声が上がりました。

たまに板間での稽古をするのも、普段は感じられない気づきがあって良いものです。



PSX_20231112_225837.jpg










続いて11月16日(木)の稽古。
11月も半ばを過ぎ東京も急激に冷えこんできた感がある中、熱心に古武術修行に取り組みました。



PSX_20231116_222204.jpg



扶桑会が目標に掲げる「自然と一体になった動き」とは、人間本来が持っている心の状態を探るプロセスでもあります。

日常生活で直面する様々な問題に頭を悩ませることも多いと思いますが、稽古場ではそれをリセットして無心に体を動かします。



PSX_20231116_224131.jpg



たった今目の前で起こっていることに完全に焦点を当て、あたかも命のやり取りをするような気持ちで立ち向かう…。
一朝一夕には成らない難しい作業ではありますが、それぞれのレベルに合わせて、雑念を捨て、無心に稽古することに集中するのです。



PSX_20231116_230046.jpg



扶桑会ではこうした真摯な修行の中から、「自然体の境地」に入ることを目指しています。



PSX_20231116_221933.jpg












最後は11月19日(日)の稽古。
この日も基本の形から。



PSX_20231119_211840.jpg



相手と接触した瞬間に感じる「ぶつかり」に対して、どう応じていくかということは大東流合氣柔術の修行者にとって永遠の課題です。



PSX_20231120_014910.jpg



初心者から熟練のものまでそれぞれに工夫を凝らして方法論を探っていきます。

ガイドとして考え方を指導することは出来ますが、自ら納得して感覚に落とし込んでいく過程は修行者本人に求めるほかありません。



PSX_20231120_014530.jpg



この日は自主練習の時間をたっぷりと取って、個々の技の探求に取り組みました。

令和5年も残りひと月余り。気を引き締めて稽古していきましょう!



PSX_20231120_103205.jpg











Posted on 2023/11/22 Wed. 20:00 [edit]

category: 稽古日誌

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  合気柔術  古武術  丹田  一本捕  自然体 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

入会はこちらから

大東流合気柔術って何?

これまでの動画と記事

最新記事

最新コメント

カテゴリ

アクセス数

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top