fc2ブログ

扶桑会について

指導者: 石塚嘉 【達人・名人・秘伝の師範たち】
稽古日時:日曜14時半~16時半 / 木曜19時~21時
稽古場所:神道扶桑教 世田谷太祠 東京都世田谷区松原1丁目7−20 【道場紹介】 

入会希望者が参加可能な公開稽古は2月23日(金・祝)13時30分から16時30分まで開催します。
場所は 世田谷区総合運動場 体育館 第一武道場です。
扶桑会への入会を希望される方は 左のメールフォームよりお問い合わせください。

扶桑会のYouTubeチャンネルでは「メンバー限定動画」の配信を始めました。一般公開の動画ではカットしている口伝や、道場でしか見せないコツを取り上げています。
興味のある方は 「Aiki-Kobujutsu」チャンネルホームページ にアクセスして「メンバーになる」から購読手続きしてください!
【扶桑会がTV放送されました!】 縦に使う1 
NHKWorld「J-arena」(↑上の画像をクリックすると無料視聴できます) 
 

【関連商品】 縦に使う1 扶桑会DVD「柔(やわら)の力の完成」←Amazonへリンク   
【Twitter】https://twitter.com/aiki_fusoukai
【Instagram】https://www.instagram.com/aiki_kobujutsu/
【Facebook】https://fb.com/kobujutsu

【動画解説】其の四百七十四 回って制する 大東流合氣柔術 扶桑会  




前回は軸を作って後方の相手に素早く向かい合うという動きを解説した。

その動きの原理を使って、今回は実際に相手に対して力を発揮し、制するまでの一連を見てみよう。



立襟捕2



相手は後ろから首のところにある衣服をつかむ。
道着の場合、この部分を立ち襟(たちえり)と呼ぶ。

掴んだ後は引きずり落とすなり、固定したまま空いた方の手で攻撃を加えてくる心づもりだ。







この時、相手の(掴んだ)腕の内側に入るように回転する。
これが外側に回った場合でも慌てることはない。その時は別の崩しをかければよい。

いずれにせよ、前回の動画解説で述べたように、「軸に落下する」ような意識で体を一本にして体を回転させるのだ。



立襟捕4



さて、「体の転換」で相手と向かい合ったとき、大事になってくるのはここでも「軸」の安定性である。

相手の攻撃をけん制するために伸ばした腕を顎に当て、相手が立ち襟をつかんでいる手を手刀で「はさむ」。
この時に自分の軸を中心にして、体を前後に開くのだ。



立襟捕3



これは決して、腕の力で押したり引っ張ったりするのではない。
むしろ腕は脱力し、柔らかく相手を接触させた状態で、腰の操作によって相手の身体に張りを作る。

この口伝を「押し引き」というが、これを力による作用と勘違いしないことが重要なのだ。



立襟捕1



たとえるならば、弓を引くような動作といえようか。
腰を回転させることで、接点の間の距離を広げる。その操作においても、振り向くときに作った軸を使うのである。

これも筋力によらない柔らかい力が要求される操作だ。
稽古の中で会得していってもらいたい。









スポンサーサイト



Posted on 2024/02/17 Sat. 19:00 [edit]

category: 後捕

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  合気柔術  手刀  古武術  転換 
tb: 0   cm: 0

【動画解説】其の四百七十三 軸で回る 大東流合氣柔術 扶桑会  




「体の転換(たいのてんかん)」とは、体の向きを変更することをいう大東流合気柔術の術語である。

武術における転換とは、向きを変えることによってより安定した力を発揮できる状態を作るという意味を含んでいる。
ただ顔の方向が変わればいいというものではない。



軸で回る1



つまり、転換を行った後でも自分の身体が体術的に十分な状態であるかどうかが問われるということだ。
今回の動画では、「軸」の概念を使って転換の前後でも対応力に差が出ないように動くことを目指した。







これまでの動きでは腰の位置を移動させることによって、体全体を一つの塊として動かす意識を高めてきた。

ただ、今回の動きにおいては後ろにいる相手に対していかに素早く、かつバランスを崩すことなく(自然体のままで)向き直ることができるかということが主眼である。



軸で回る2



腰の位置はその場で180度向きを変えればよいのであるから、腰の片側に一本の軸を通して、その軸を支点として回転することが効率がいい。



軸で回る5



この時、軸に対して力を入れ、地面を蹴るようなイメージで動いてしまうと、見かけ上のスピードは出るかもしれないが、どうしても力のバランスが偏ってしまう。

簡単に言うとグラついてしまうのだ。



軸で回る3



それを避けるため、今回の動画では、軸に取った足を股関節から一瞬緩めて、沈み込むような意識をとりながら動くことを提唱している。

言葉では伝わりずらいかもしれないが、膝、くるぶしを柔らかく使い「地球の中心に落ちる」意識で、その落下感を利用して体を方向変換するのだ。

こうすることで、古武術的な瞬間の動きが可能になる。実際に稽古の中で体感していただければ、幸いである。





Posted on 2024/02/10 Sat. 19:00 [edit]

category: 基本動作

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  合気柔術  古武術  連動  中心  転換 
tb: 0   cm: 0

其の四百五十四 真中に置く 大東流合氣柔術扶桑会  




今回も掴まれたところを起点にして相手に大きな力を伝えていくということについて解説していく。

最初は片手で掴まれたときの対処から。



真中に置く2



大きな力を伝えるためには、こちらが大きな入力をしなければならないという思考は、こと大東流に限っては適用されない。
仮につかまれたところを力を込めて引っ張ってみるといい。相手はより強い力で握り返して来るだけだ。







その理由は引っ張ることによって、相手との接点にぶつかりが生じるからだ。

引っ張っているのにぶつかるとは不思議に聞こえるかもしれないが、近づいてこようが遠ざかろうが、己の把持しているところが意思に反して動いたとき、人はその部分に固執し、抵抗するものである。



真中に置く3



今回片手での操作において特筆すべきは、掴まれた部分を空間上に固定しておくような意識で、むしろその空間上の一点を自分の真ん中に置きつづけるようなつもりで、体幹部を動かしていく技法を使っていることだ。

こうすることで、相手は抵抗する意図を持てないままに、体勢を崩されてしまう。
このあたりの呼吸は、文章で説明するのは相当にむずかしい。

実際に生身の人間と相対してみて、そこから掴んでいってもらいたい。



真中に置く4



そこで初心者については片手は少し難易度が高いので、まずは両手取りから始めることをお勧めする。

その際にも脱力が最も大切だ。
腕で押し返さず、手刀を活かして相手を自分の重心に乗せるような意識で修練してほしい。



真中に置く7



そのあとは構えた両方の手刀を、自分の身体の真ん中に置いたまま、180度体を転換させる。

大きく派手に投げることを考えず、相手に力が伝わっているかどうかに焦点を絞って、丁寧な動きを心がけることで、徐々にコツがつかめてくるはずだ。




Posted on 2023/09/30 Sat. 19:00 [edit]

category: 未分類

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  合気柔術  手刀  古武術  中心  姿勢  重心  転換 
tb: 0   cm: 0

其の四百三十五 柔らかく開く 大東流合気柔術 扶桑会  




「柔らかく」という言葉は、この大東流合氣柔術において、とかく誤解を受けがちだ。

ふにゃふにゃと、いわゆる「柔弱」であるのとは異なる柔らかさであり、むしろ圧倒的な質量を感じさせるものが、この「柔らかい」概念の中には存在する。



柔らかく開くサムネ



この動画では、少しでもその理解に役立ててもらえたらという意味を込めて「開く」という言葉を連接して動きを紹介してみた。







一義的には「手(手のひら)を開く」ということではあるが、手だけを開くのではなく、同時に「全身を開く」のである。

最初は感覚がつかみにくいとは思うが、手のひらを開く場合に、そこから遠い足先、頭の先を開くような意識を持ってみてほしい。
エネルギーが充満して、身体の外に溢れ出していくようなイメージと表現するとわかり易いだろうか。



柔らかく開く2



この「開く」操作がうまくいくと、受け手は掴んでいる手首を離すことが出来なくなる。

手のひらに密着した手刀の部分が、思いがけない大きな力で動き出し、それに受け手は追随していかざるを得ないような感覚に陥ってしまう。



柔らかく開く1



冒頭述べたように、それは相当に「大きく強い力」として感知される。

それは受け手が握っている接点を通じて、捕り手の身体全体の力が減衰することなく流入してくるからである。
この時に捕り手が少しでも身体を固くし、肩から先の筋肉の力で動かしてしまうと、この魔法は解けてしまう。



柔らかく開く4



現時点で私が感得している「合気」という概念は、おおむね上記のような表現で説明しているところである。







Posted on 2023/05/20 Sat. 19:00 [edit]

category: 片手捕

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  合気柔術  手刀  転換 
tb: 0   cm: 0

其の四百十七 肘を挫く 大東流合気柔術 扶桑会  




<令和5年より、我々は東京稽古会から
 「大東流合気柔術 扶桑会」と改称して活動してまいります。
 今後ともよろしくお願いいたします>



今回の動きは初伝二ヶ条の「肘挫」という形である。

肘を逆関節にとって極め上げることで腰を浮かせて身動きが出来ないようにするのだが、技として最も重要なのは相手が攻撃を仕掛けてきたところを受ける、その瞬間である。



肘を挫くサムネ2



こめかみを目がけて手刀で打ちかかってくる相手に対して、こちらも手刀を伸ばし、頸動脈を打っていく。

気を付けてほしいのは、肩から先の腕の動きだけで打つのではなく、しっかりと膝を進めて、腰を使って打つことだ。







腕だけで打つと、どうしても上半身が前に傾いてしまって力が伝わらない。

腰を前方に運ぶことで、身体を安定させた状態で手刀打ちを行ってほしい。



肘を挫く3



こうすることで、ただ相手の横面打ちを受けるだけでなく、同時にこちらの攻撃を行うのだ。

むしろ首への手刀打ちを受けた相手の方が大きく体勢を崩すように動くことが重要だ。



肘を挫き2



この初動で相手を崩れを誘ったならば、全身を一体化して方向を180度転換する。
するとあっけなく相手の身体は仰向けにひっくり返る。

このようにして倒すことが、その後の肘を挫く動きにつながっていくのだ。



肘を挫く1



裏を返せば、初動が不十分だと、柔術的な極めに持ち込むことは難しい。

肘を使った固め方については、今後機会を改めて解説していくこととしたい。






Posted on 2023/01/14 Sat. 19:00 [edit]

category: 横面打

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  合気柔術  手刀  連動  転換 
tb: 0   cm: 0

其の四百一 入身投 大東流合気柔術 東京稽古会  




初伝一カ条「入身投」。大東流合気柔術に特徴的な、自分が坐位で、相手が経った姿勢で攻撃をしてくる、いわゆる「半座半立」の形である。



入身投サムネ3



この操作にも、実は「沈む」動きが大きく関係している。







初動で大切なのは相手の攻撃(両手取り)を受けた時、それを押し返さずに自分の腰に乗せたまま前方に膝行することである。
これを力で対抗すると、必ず失敗する。



入身投3



自然体であることを要諦とする合気柔術にあって、立った状態で前傾して攻撃を加えてくる相手は、制しやすいのである。
逆説的に聞こえるかもしれないが、動画で行われている操作をみてもらうとわかるはずだ。



入身投



前方に重心移動したら、その場で180度転換をして相手と背中合わせになり、手刀を前方に斬り落として投げる。
この転換の際に、一瞬立ち上がるのであるが、「沈む」動きはここで用いられる。

腰に乗せた相手の重心を、一瞬沈むことで体の崩れを誘い、それに乗じて大きな方向転換を行うのだ。



入身投1



地球の引力に合致した真下への沈み込みである必要があるのは言うまでもないが、やはり腕力に任せて振り回そうとするとうまくいかない。

脱力を心がけて、鍛錬してほしい。









Posted on 2022/09/10 Sat. 18:00 [edit]

category: 両手捕

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  合気柔術  手刀  古武術  姿勢  中心  重心  転換 
tb: 0   cm: 0

其の三百九十五 中心で攻める 大東流合気柔術 東京稽古会  




両方の手刀を合わせて(合掌して)自分の中心の力を発揮する考え方を、数回にわたって取り上げてきた。
今回はその応用を紹介する。



中心で攻める4



動きとしては大東流合気柔術の四方投ということになるが、最後を投げ落とさず、立極めにしてしまう。







これは実際にやってみればわかることではあるが、立った状態で固め続けるには、腕の力を使っていては難しい。

少なくとも数秒間の間、相手の自由を奪うためには、部分的な身体の出力では維持できないのだ。



中心で攻める3



動画を見て感じ取られる方がいるかもしれないが、立極めに捕っている間、捕り手側は小指を受けての母指球にひっかけているだけである。

このことによって、手首や腕の筋力ではない、中心からの力が発揮される。



中心で攻める2



さらに、合掌こそしていないものの、相手との接点にある手刀の位置が自分の中心線の上にあり続けていることに注目していただきたい。



中心で攻めるサムネ2



足の捌きや、180度転換など、さまざまに体は動くために分かりにくいかもしれないが、相手との接点は常に自分の中心にある。
合掌によって中心の感覚を知ることでより精度の高い操作となるよう、修練してほしい。









Posted on 2022/07/30 Sat. 18:00 [edit]

category: 片手捕

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  合気柔術  手刀  中心  転換 
tb: 0   cm: 0

其の三百六十二 両手取切返 大東流合気柔術 東京稽古会  




大東流合気柔術の修練の過程では、現代人が常識としている意識の転換が要求される。
そのことをこのところ何度かにわたって繰り返し述べてきた。



両手取切返3



今回の動きについていうと、「両手を掴まれたときに腕の力を使わず、脚を動かして身体全体で対処する」ということだ。







「身体全体で動く」という点についてはイメージしやすいが、「腕の力を使わない」」というところがやはり難しい。
稽古のときに、苦労するのもまさにその部分だ。



両手取切返5



どうしても、肩から先の筋力で相手を動かしたくなる。
だがそれは、相手の体重を自分の腕で支えていることにほかならない。



両手取切返1



肩から先の筋力で対応するということは、自分の腕の力で相手を動かすということだから、相手の全体重が自分の腕にかかってしまう。
古武術として、効率の悪い力の使い方なのだ。



両手取切返2



ここで意識を転換し、相手の重心を自分の体幹の上に乗せてしまう。
すると、驚くほどの力を発揮することが出来るようになる。

そのために、「両腕の筋力を使わない」という思考を自分のものにするための修練を積むのだ。




Posted on 2021/12/19 Sun. 10:00 [edit]

category: 両手捕

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  合気柔術  古武術  重心  転換 
tb: 0   cm: 0

其の三百六十一 前に置く 大東流合気柔術 東京稽古会  




人間、どうしても変えることのできない癖(へき)というものがある。
日常の嗜好や、ちょっとしたモノの見方に至るまで、習慣やこだわりに捉えらえて全く自由ではない。



前に置く2



大東流合気柔術の修行は、そうした日常生活の執着にまで目を向けさせてくれるから面白い。
今回取り上げたこの動きなども、さしずめその代表的なものと言えるだろう。







両手を掴んできた相手の身体に対し、腕の力を完全に空しくして、ただ下半身の動作によって意思を伝達していく。
動画の後半を見てもらえれば良くわかると思うが、これがまさに意識の転換を要求していて、難しい。



雨に置く1



現代人は長年の習慣から、「動かそう」という意思は、腕や手先の操作によって達成されるのものだと考えてしまう。
良し、悪しをいうのではなく、我々はそういう思考のもとに生活してきている。



前委に置く4



比較的長く修練してきている会員でも、その考え方から脱するのは至難の業だ。
まさに、「こだわりを捨てる」ことにほかならないからだ。



前委に置く3



一方で、素直に口伝を呑み込んで、ただ言われたとおりに脚だけを動かせば、あっけないほどに力は伝わる。

かくして大東流合気柔術は意識の転換を要求する。そのことを実感するために、とても良く適した鍛練法である。






Posted on 2021/12/12 Sun. 10:00 [edit]

category: 両手捕

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  合気柔術  手刀  転換 
tb: 0   cm: 0

其の三百六十 並んで極める 大東流合気柔術 東京稽古会  




掴んだ手首を何故か離すことが出来なくなり、自分の意志とは裏腹に固め、極められてしまう。
そうした大東流合気柔術の一見不可解にも見える動きを数回にわたって取り上げてみる。



並んで極める3



前回は居捕合気上」の変化応用について考察したが、今ここでは両者立った状態で両腕の手首を掴む攻撃を受けるところから開始する。

掴まれた手首をそのままに相手の隣に並ぶように体を転換すると、肩が詰まったように搦めとられ、動けなくなってしまう。







相手に「掴ませたままにする」というのが、大東流合気柔術ならではの考え方であり、またそれを習得するのが困難なところだ。

だが、考えてみれば元より攻撃を仕掛けようと意志をもって掴みかかってきたのは相手側だ。



並んで極める4



心理的に見れば攻撃の意志があるものにとって、それを瞬時にまた自在に切り替えるということはなかなか出来ないものである。
技をかける方は、その心の動きを理解したうえで攻撃を受けた部分を操作していく。



並んで極める1



つまり「違和感を感じさせないように」掴ませ続けるのだ。



並んで極める2



言葉にすれば容易に思える思考法であるが、これを実地に移すのはかなり難度が高い。
脱力、手刀の使い方についての理解、全身の連動などが統合されて成立する非常に精緻な操作法なのだ。

東京稽古会ではその理論的な裏付けを都度行いながら、体感的に修練を重ねていく。







Posted on 2021/12/05 Sun. 10:07 [edit]

category: 両手捕

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  合気柔術  手刀  連動  居捕  合気上  転換 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

入会はこちらから

大東流合気柔術って何?

これまでの動画と記事

最新記事

最新コメント

カテゴリ

アクセス数

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top