FC2ブログ

大東流合気柔術 東京稽古会スケジュール

次の本稽古は 4月18日(日)16時30分から19時30分まで
開催場所は 高津スポーツセンター 第二武道場です。
通常稽古は毎週木曜・日曜(または祝日)に開催しています。通常稽古は会員限定です。
東京稽古会への参加を希望の方は 左のメールフォームよりお問い合わせください。

其の三百三十三 外から崩す 大東流合気柔術 東京稽古会  




方手取からの相手の体勢を崩し、帯をつかんで引き落とす。
大東流合気柔術一カ条「帯落(おびおとし)」の変形のような動きを解説してみよう。



外から崩す2



今回の動きもまた、相手の攻撃線に対してどう初動を取るかで、技の成否が決する。
すなわち、相手の外側に自分の中心を置き、そこから崩しをかけていく操作である。







さらに手刀は必ず自分の中心で使わなければならない。
相手の力が届かない位置で、自らの力は十全に発揮させる。
再三言っているが、これが我々が修行する上において必須の思考法だ。



外から崩す3



外側から、相手の中心を攻める際には、ともすれば手刀を横に振り回すように操作してしまいがちだが、ここも縦に斬り込んでいく意識で稽古してみる。
お互いに、相手の感覚を確かめながら技の精度を高めていくとよい。



外から崩す4



崩しの掛け方によっては、相手の力とぶつかることもある。
それはやはり肩から先の力で強引にねじ伏せようとしている場合が大半だ。



外から崩す5



脱力し、攻撃線を外し、手刀を縦に使う。
こうした一つ一つの思考法を、当稽古会では「技の要素」と呼んでいる。



外から崩す1



上手くいかないときは、こうした技の各要素が複合していないと考える。
本稽古で取り上げる基本動作を繰り返し修練することで、総合的に古武術を捉えていってほしい。





Posted on 2021/03/28 Sun. 09:30 [edit]

category: 片手捕

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  合気柔術  手刀  古武術  中心  連動  攻撃線 
tb: 0   cm: 0

其の三百三十 四方投 大東流合気柔術 東京稽古会  




大東流合気柔術の技術体系のなかでも、今回取りあげる四方投げは多くの核心的な思考法を内包している。



四方投2



手刀の使い方、体幹の運用法、脱力など、細かく上げていけばキリがないが、今回の動画では特に剣の理合に基づいて、相手の身体に斬り込んでいくことに焦点を当てた。







すなわち、剣を構えるように差し出した両腕で、相手の肩を詰め続けて斬り倒す方法だ。



四方投3



実際には、この動画で示したよりもややコンパクトに操作する。



四方投4



言わば受け手の身体の真横で鋭く体を転換するようなイメージだ。



四方投1



また、腕を足捌きと連動させて動かすことを強調するために手刀の振りも大き目にしている。



四方投5



剣で斬り込むように入っていく、その要素を分かりやすく修練するために、本来のキレを弱めているのだが、そこはまた、機会を改めて取りあげてみたい。



Posted on 2021/03/07 Sun. 09:40 [edit]

category: 両手捕

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  合気柔術  手刀  古武術  連動  剣の理合  転換 
tb: 0   cm: 0

其の三百二十八 斬り込む 大東流合気柔術 東京稽古会   




大東流は徒手で行う体術であるが、その動きは剣の理合を使った思考法に基づいている。



斬り込む3



分かり易く言うと、仮想的に剣を使った身体操作で、相手に力を伝えていく技術の体系なのだ。







今回取り上げたこの動きはその最たるものと言える。
相手に掴まれ、押さえられた両腕で、あたかも剣を使うように、突きを入れ、斬り進む。



斬り込む1



そうすることで相手の身体に強い力が伝えられ、こちらの重心に寄りかからせるような状態にしてしまう。



斬り込む2



ここで「剣の理合」が有効となるのは、通常、刀を使うときには小手先の力ではなく、全身の連動によって操作されるからだ。



斬り込む4



稽古の中で、小手先で手刀を操作した時と、剣を振るように動かしたときとの技の効きの違いを試してみてほしい。
剣の理合の大きな威力を体感できるはずだ。




Posted on 2021/02/21 Sun. 09:48 [edit]

category: 両手捕

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  手刀  古武術  中心  連動  重心  剣の理合 
tb: 0   cm: 0

其の三百二十六 沿う 大東流合気柔術 東京稽古会  




相手の攻撃にどう対応するか、古武術における一つの考え方を取り上げる。



沿う5



大東流合気柔術の思考法として、全身の連動をもって身体操作を行うことで、効率的な力の伝導を行うということがある。
そのために、相手との位置関係を適切にとる必要がある。







相手の攻撃を恐れて、離れすぎてしまっては、即時に次の動きに移れない。
と言って、敵の攻撃線の中にいてはダメージを受けてしまう。刃物や凶器があった場合、命に係わる。



沿う



ここで採用するのは、相手の攻撃線に「沿う」という解だ。
中段を打ってきた打突に、密着するように体を捌く。手刀をガイドのように使い、自分の中心を相手に向ける。



沿う2



そして次の動きに移り、手首を操作して裏に倒すのだが、これも「沿って」いるからこそ瞬時に可能となる。
脱力し、全身の連動で倒すためには、相手との接点が自分に近いところにあるほど有利なのだ。



沿う1



攻撃に「沿う」という発想はできても、恐怖心もあって、実際にその動きに抵抗が出ることは理解できる。
日々の修練の中で、こうした体捌きに熟達していきたい。




Posted on 2021/02/07 Sun. 12:08 [edit]

category: 中段突

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  合気柔術  手刀  中心  連動  攻撃線  古武術 
tb: 0   cm: 0

其の三百二十五 握手崩し 大東流合気柔術 東京稽古会  




今回は古武術の思考法を使った「遊び」を紹介する。



握手崩し5



握手を求めてきた相手の腰に崩しをかけ、倒してしまうというある意味で無作法な動き。
シンプルなだけに面白い。







これを見た目通りに、掴んだ手の握力をもって力づくでねじ伏せようとしても、おそらく相手はびくともしない。



握手崩し2



毎回言っていることではあるが、手首からの入力を相手の体幹部分に到達させるためには、脱力と、全身の連動が必須になる。



握手崩し4



大東流合気柔術の術技には、相手の攻撃に対して応じることで展開していくものが多い。
自ら仕掛け、相手の体勢の崩れを誘う術の体系も存在するのだが、好んで闘争を求めるものではない



握手崩し1



それは、古武術とは「生き延びるため」の技術であるからで、そのためには命を失う確率が高くなる行動には出ないのが原則だ。
その意味で、今回の動きは「遊び」としてとらえてほしい。





Posted on 2021/01/31 Sun. 09:26 [edit]

category: 交叉捕

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  合気柔術  古武術  連動 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

稽古への参加希望はこちらから

大東流合気柔術って何?

これまでの動画と記事

最新記事

最新コメント

カテゴリ

アクセス数

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top