FC2ブログ

大東流合気柔術 東京稽古会スケジュール

次の本稽古は 9月20日(月・祝)14時00分から17時00分まで
開催場所は 世田谷区総合運動場 体育館 第一武道場です。
通常稽古は毎週木曜・日曜(または祝日)に開催しています。通常稽古は会員限定です。
東京稽古会への参加を希望の方は 左のメールフォームよりお問い合わせください。

其の三百四十九 手刀で乗せる 大東流合気柔術 東京稽古会  




「乗せる」という考え方を使うと、無理なく相手に自分の力を伝えることが出来る。今回は小手返の初動を通じてそんなことを考察してみたい。



手刀で乗せる1



前回の動画では、片手取に対処するために手刀を使って相手の動きを止めた。
この時に剣を構えるようにして全身を連動させると、相手は身体を自由に動かせない。







ただこの時、相手に力を届けようとするあまり、手刀で相手を押すようにして反発が起きてしまうことが多い。



手刀で乗せる2



なぜそうなるか。
それは、相手が攻撃してきた力を、自分の体の表面、もしくは接点に近い位置だけで受けていることに起因する。
そうではなく、相手の力を一旦自分の中心に通すようなイメージで「受け入れる」ことが必要になってくる。



手刀で乗せる4



その上でさらに接点の下に自分の重心を潜らせるようにする。
膝を柔らかく使い、沈み込むように体を使うのだ。

この操作で、相手を「乗せて」しまう。



手刀で乗せる3



手刀で突き込むだけでなく、同時に相手の重心を捉えてしまうことで自由をうばう。
「相手の下に立つ」とは、現代では否定的なニュアンスを持つ言葉だが、古武術においては奥義につながる思考方法なのだ。





Posted on 2021/09/19 Sun. 10:00 [edit]

category: 片手捕

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  合気柔術  手刀  古武術  連動  重心  攻撃線  小手返  逆襷 
tb: 0   cm: 0

稽古日誌 令和3年9月5日、9日 大東流合気柔術 東京稽古会  



大東流合気柔術 東京稽古会の稽古日誌です。
9月5日(日)は扶桑教太祠本殿での稽古。



_20210905_204324.jpg



小手返で手首の鍛錬を行った後、攻撃線の捌きの訓練から小手返



_20210905_192139.jpg



どちらも剣の使い方をイメージしながら修練します。
基本動作の後は、形を中心に。

車倒。



_20210905_203451.jpg



切返。



_20210905_191551.jpg



裏落。



_20210905_190933.jpg



どちらも相手の裏に踏み込んで崩していきます。
久々のメンバーの顔も見られて、にぎやかな稽古になりました。



_20210905_204043.jpg








9月9日(木)は夜の稽古。
扶桑教太祠 本殿をお借りしての修練です。いつもありがとうございます。



_20210909_220502.jpg



合気上げ鍛錬の後、中段突を裏に踏み込んで逆襷(ぎゃくだすき)。



_20210909_214827.jpg



重心の置き方に秘伝があります。
また、力が入ってしまうと技がかかりません。複雑な動きですが脱力が必要です。



_20210909_220102.jpg



居捕、短刀での中段突きを捌いて一本捕
鼠径部で極め、膝行で崩します。



_20210909_215038.jpg



さらに胸取から突いてくるのを捌いて搦投。



_20210909_205305.jpg



四級審査技の組は裏落、肘返、車倒を中心に。
姿勢が美しくなってきました。



_20210909_215839.jpg



充実した稽古となりました。

徐々に気温も下がり、稽古に最適な季節となりつつあります。
体調管理に心がけ、古武術稽古で免疫力を昂進させていきましょう!



_20210909_214451.jpg




Posted on 2021/09/14 Tue. 13:39 [edit]

category: 稽古日誌

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  古武術  姿勢  中心  連動  重心  一本捕  合気柔術  小手返  居捕 
tb: 0   cm: 0

稽古日誌 令和三年 8月12日、15日本稽古、18日 大東流合気柔術 東京稽古会  




大東流合気柔術 東京稽古会の稽古日誌。
今回は8月中旬の3回分を。まずは8月12日(木)扶桑教太祠 本殿での稽古。



_20210812_223939.jpg



合気上鍛錬法では、腕をつかませたまま連続で相手の身体をコントロールすることに重点を置いて修練。



_20210812_224212.jpg



片手捕小手返しは手刀を柔らかく使い攻撃線を意識して崩す発想が必要。



_20210812_225338.jpg



さらに同様の要素を活かして逆腕捕、一本捕。車倒、裏落などにも取り組みました。
上級者と初心者がお互いにアドバイスしあって研究を進めていく、良い稽古となりました。



_20210812_224131.jpg








続いて8月15日(日)高津スポーツセンターで行われた8月の本稽古。
お盆のさなかの開催となりました。



_20210815_223635.jpg



「片手取りを制する」をテーマに、手首を柔らかく使う操作法を取り上げて鍛錬。
さらに相手とのつながりを作って投げる動作…。



_20210815_223549.jpg



それらを両手取りに応用して真下に沈んで投げる動き。



_20210815_223401.jpg



また、腕の反しを利用して相手の腰を無力化する操作。



_20210815_222854.jpg



いわゆる抱締です。柔らかい動きと、身体の伸展が必要になります。



_20210815_222747.jpg



手首を掴ませたまま後捕を投げる動作。これは少し難しかったですね。



_20210815_223128.jpg



本稽古らしい要素を発見していく、充実の内容でした。



_20210815_222657.jpg







最後は8月18日(木)、扶桑教太祠 本殿での稽古。
この日は柔術らしい崩し、固めにフォーカスしました。



_20210819_225405.jpg



中段突きを捌いて肘の崩し、胸捕を捌いて小手詰。
手刀を使って詰める操作など…。



_20210819_230808.jpg



固め手法の一環として立極めも修練しました。



_20210819_231034.jpg



日頃より物心両面でサポートをいただいている冨士道扶桑教さんから、この日もスイカの差し入れをいただきました。



_20210819_230437.jpg



さまざまな支えを受けて古武術の修行に専念できる幸せに感謝したいと思います。



_20210819_225825.jpg

















Posted on 2021/08/27 Fri. 10:49 [edit]

category: 稽古日誌

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  合気柔術  手刀  重心  連動  攻撃線  正面打  一本捕  小手返  合気上 
tb: 0   cm: 0

其の三百四十五 腕の反し 大東流合気柔術 東京稽古会  




攻撃を受けたその一点にばかり気をとられ、そこに意識を集中してしまうと自分はますます不利になり、全体の防御がおろそかになってしまい、やがて無力化されてしまう。



腕の反し4



大東流合気柔術は相手との接点を敢えて意識から取り去ることで、危機的な情況を打開することを教えてくれる。







今回取り上げる「腕の反し」もまた、そうした思考法をよく表す操作法だ。



腕の反し3



掴まれた部分、ここでは手首ということになるが、これを意識的に「放っておく」ことで、相手は攻撃の意志をより強めることが出来る。
言い換えるならそれは、相手にとって手首への執着を生むことにつながる。



腕の反し5



そこで、こちらは手首ではなく接点からより遠いところ、ここでは肩甲骨を含めた背中、さらには腰から下半身を連動させた全身の力を使って相手に力を伝える。

それは、思いもかけない大きな力となって相手に還流していく。



腕の反し1



こうした考え方が古武術一般に通底するものかは諸説あるとは思うが、日本文化の古層にこの思考法を嗅ぎ取ることが出来る。
先人の知恵は、近代化の中で衰退したように見えるが、少なくとも大東流の中にはその一端が残存している。

そうした古流武術を現代に修練していることの意味を改めて考えていきたい。




Posted on 2021/08/22 Sun. 10:00 [edit]

category: 片手捕

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  合気柔術  古武術  連動 
tb: 0   cm: 0

其の三百四十四 小手詰 大東流合気柔術 東京稽古会  




小手詰は、手の一部分を極めて全身を崩し倒す大東流合気柔術の操作法。
今回は小手詰に至るまでに手刀詰で予備的に崩したのち、手首関節の極めに移行する変化技である。



小手詰3



上段で「手の一部分を極めて」と書いたが、これは本質的には不正確な記述と言える。
どういう意味か。







手刀詰、小手詰のどちらであっても、手首を痛めようとする意識では、術は効力を発揮しない。



小手詰4



言い換えるならば、手首のみを意識していては全身は微動だにしないのだ。

動画では手刀詰から小手詰に至る操作の中で、相手の身体を持ち上げるように浮かせる過程がある。
まさにその場面においては、相手の腰と接続されている必要がある。



小手詰1



「手首を詰める」という操作法では、手首という接点を通じて自分の力が相手の体幹部分に作用しているかどうかを意識しなければならない。



小手詰2



力を作用させるために必要な古武術の要素が「脱力」である。

あたかも禅問答のようだが、こうした思考法になじむように東京稽古会では日々の修練を行っている。




Posted on 2021/08/15 Sun. 10:00 [edit]

category: 片手捕

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  合気柔術  古武術  連動 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

稽古への参加希望はこちらから

大東流合気柔術って何?

これまでの動画と記事

最新記事

最新コメント

カテゴリ

アクセス数

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top