FC2ブログ

扶桑会について

指導者: 石塚嘉 【達人・名人・秘伝の師範たち】
稽古日時:日曜14時半~16時半 / 木曜19時~21時
稽古場所:神道扶桑教 世田谷太祠 東京都世田谷区松原1丁目7−20 【道場紹介】 

入会希望者が参加可能な公開稽古は4月29日(月・祝)13時30分から16時30分まで開催します。
場所は 世田谷区総合運動場 体育館 第一武道場です。
扶桑会への入会を希望される方は 左のメールフォームよりお問い合わせください。

扶桑会のYouTubeチャンネルでは「メンバー限定動画」の配信を始めました。一般公開の動画ではカットしている口伝や、道場でしか見せないコツを取り上げています。
興味のある方は 「Aiki-Kobujutsu」チャンネルホームページ にアクセスして「メンバーになる」から購読手続きしてください!
【扶桑会がTV放送されました!】 縦に使う1 
NHKWorld「J-arena」(↑上の画像をクリックすると無料視聴できます) 
 

【関連商品】 縦に使う1 扶桑会DVD「柔(やわら)の力の完成」←Amazonへリンク   
【Twitter】https://twitter.com/aiki_fusoukai
【Instagram】https://www.instagram.com/aiki_kobujutsu/
【Facebook】https://fb.com/kobujutsu

其の四百四十四 縦に重ねる 大東流合氣柔術扶桑会  




今回もまた、腕を刀に見立てて操作することで相手の身体の自由を奪う技法について解説していく。

ポイントは「立てる」操作だ。



縦に重ねる



初動は「掛け手」。
手首をつかませるかの如く差し出し、相手が手を出してきた瞬間に摺り抜けるようにして反対につかみ返す。

大東流合気柔術では、自ら姿勢を崩して攻撃を仕掛けていく技の体系は少ないが、「掛け手」のように、こちらから相手に攻撃させるよう仕向けることで、相手の崩れを誘うことは頻繁に行う。







この動きも、相手の重心を前にかけさせることが目的であって、その状態でこそ技が有効になる。

前に踏み込んだ相手の手首をつかみ、それを「刀の柄」と仮想して、剣先を「立てる」ように操作する。
この操作によって、相手の肩が詰まり、身体を浮かすことが出来るかどうかで成否が決定する。



縦に重ねる2



刀の柄を握って剣先を「立てる」わけであるが、この時に必要とする握力や手首の力は極めて小さくて良い。
実際に木刀か模擬刀を使ってその操作をしてみると良く分かると思うが、腕に力を込めて剣を立てることはないはずだ。

ただ、人の手首をつかむとなると、どうしても力が入ってしまう。
ここで意識を変えられるかどうか、そこが稽古だといえる。



縦に重ねる5



ただ刀(剣)を立てるがごとく、小指を締め、全身の力を使って相手の身体を浮かすことが出来たら、次は手中にある二本の腕を交叉させる。

この時に、重ねる下側の腕の峰(親指~橈骨)に、上側の腕の刃(小指~尺骨)を垂直に合わせる。
まさに刃筋を立てるように。

前回同様、不思議に思われるかもしれないが、人はこの操作で自縄自縛に陥り、つま先立ちのまま身動きが出来なくなってしまう。



縦に重ねる4



こうした技法は表面上の動きの面白さや不思議さにとらわれがちだが、初動で相手を前のめりにさせきれるか、次に手首を鋭く「立てる」ことで制することが出来るか、そうした「初動の正確さ」が成否のほぼ9割を占める。

枝葉にこだわらず、根本部分に備える稽古を心がけてほしい。






スポンサーサイト



Posted on 2023/07/22 Sat. 19:00 [edit]

category: 掛け手

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  合気柔術  手刀  古武術  姿勢  重心 
tb: 0   cm: 0

其の四百四十二 縦に使う 大東流合氣柔術扶桑会  




自分の身体を刀(剣)に見立てて操作する大東流合気柔術の考え方を、このところ数回にわたって取り上げてきた。

摺り上げる」「斬り込む」では刀の刃を使って相手の身体に斬り込んでいくような意識で力を伝え、「刃に乗せる」「中心で構える」では刀をあつかう時の身体感覚によって相手の身体を動かしていく技術を紹介した。



縦に使う1



今回はその応用編として、相手の身体を刀(剣)に見たてて使う考え方について考察してみる。

ポイントとなるのは刀の「柄(つか)」である。







相手が手首を掴んでくるところをその寸前で抜きかわすようにして、反対に掴み返す。
これを「掛け手」という。

この時相手の手は親指が上を向いている。人が何かを掴もうとする場合はそれが自然だからだ。
この親指は刀でいうところの「峰」であり、逆に小指側は「刃」になぞらえられる。



縦に使う4



次に、上を向いている相手の手の親指側すなわち「峰」を下に向けるように操作する。
当然のことながらこの操作によって、峰が地を向き、刃が天に向けられる。

あたかも剣の刃を反すように、相手の手首を操作するのだ。
「刀の柄を使うように操作する」という口伝がここで活きてくる。



縦に使う6



剣に見立てられた腕(手刀)の刃を反すと、人体にはどのような作用が起きるか。
肩の関節に刺激が入り、身体の中心部に力が「つながる」。

ここでさらに相手の腕の付け根を剣の「切先」と見なして、その切先で肩を斬り落とすように操作すると、驚くほど容易に相手は崩れ落ちてしまう。



縦に使う3



ここでも「剣の理合」が基盤になることを忘れてはならない。
力を入れず、むしろコンパクトに、わずかな動きで剣を斬り落とす方が、技のキレは鋭くなる。

無理やりに相手の意志に反した操作をするのではなく、柔らかくスルっと斬れるところが必ずある。
剣の理合」に深く意識を向けることによって、そうした感覚を会得していってほしい。





Posted on 2023/07/08 Sat. 19:00 [edit]

category: 掛け手

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  合気柔術  手刀  剣の理合  掛け手 
tb: 0   cm: 0

其の四百二十四 踏み込む 大東流合気柔術 扶桑会  




大東流合気柔術では、攻撃を受けた時の対応がその多くを占めるが、「掛け手」と呼ばれる技法の体系も存在する。
つまり、こちらから攻撃を仕掛け、それによって相手の体勢を崩し、あるいは心理的な動揺を誘ってこちらの意図を完遂していくのだ。



踏み込むサムネ2



こちらの攻撃でダメージを与えようという企図は希薄であるから、打撃など攻撃そのものの威力を云々することは重要視されない。

いわば、「フェイク」の攻撃を仕掛けることによって相手を動かしていく。







今回の動画のタイトルは「踏み込む」である。

よくその内容を見ないことには何のことか分かりにくい表題であるが、これは「罠(わな)」となる攻撃を、「あたかも本物のように見せることが肝心である」ということを伝えたかったのだ。



踏み込む3



具体的には手刀の掌を上に向け、親指と四指の先で相手の目を薙ぐように斬り込んでいく。
手刀の動き出しは帯剣している腰のあたりが望ましい。
視界を外れている下方向から、まっすぐ伸びていく攻撃である。



踏み込む2



これは、もちろん相手に回避行動を取らせることを目的としたものなのではあるが、その前提を気取られてはいけない。
しっかりと「踏み込み」、気迫をもって斬り込んでいく必要がある。

この動きに相手が大きく反応すれば、次の動きで合気柔術「手鏡」の技法が活かせるのだ。



踏み込む4



人間の身体的弱点を突くのみならず、心理的な盲点を積極的に利用、攪乱していく。

明治期に武田惣角先生が伝えた日本古流武術の奥行きに驚嘆せざるを得ないのである。













Posted on 2023/03/04 Sat. 19:17 [edit]

category: 掛け手

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  合気柔術  手刀  古武術  武田惣角  掛け手 
tb: 0   cm: 0

其の三百九十 まっすぐ入る 大東流合気柔術 東京稽古会  




あたかも自由落下する物体のように自分の身体を制御することで、一見すると不思議な操作を行う。
日本古来の武術である大東流合気柔術では、そうした思考法がいくつもみられるが、今回の動きもそうした中の一つだ。



まっすぐ入る5



先ほど述べた「自由落下する身体」というのは、簡単に言うと自然体のことである。

地球の重力(引力)をそのままに受けて、力みを取り、体にかかる重みのままに動く。







動画にみられるように、相手の身体に力を伝えるときに肩から先の腕力を以ってすると、自然体の力は発揮されない。

それはあくまでも筋力であって、古流武術が使う力とは異なるものなのだ。



まっすぐ入る4



ここで術をかける側が戸惑ってしまうのは、どうしても「相手の手首をつかむ」という操作にとらわれてしまうところだ。

最初のうちは、ここに力の作用点があると考えてしまいがちだ。



まっすぐ入る6



大東流では、ここで「掛け手」という技法を使う。

相手がつかみかかってくる勢いを殺さずに、反対に相手の手首を取りかえす。
そして、手首を取る場合においても、ただ小指をひっかけておく程度のやわらかい接触にとどめておく。



まっすぐ入る3



この「掛け手」の操作を用い、さらに自然体による相手の前面に入り身することによって、術者が踏みしめている地面のパワーが相手にダイレクトに伝わる。

飛び上がるような痛みを感じて、受け手の身体がコントロールされるのには、こうした理由があるのだ。






Posted on 2022/06/25 Sat. 18:00 [edit]

category: 掛け手

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  合気柔術  古武術 
tb: 0   cm: 0

其の三百四十 連続極 大東流合気柔術 東京稽古会  




手首関節を様々な形で刺激することで、相手の身体を操っていく技法は、古流体術に特徴的なものである。
古武術としてその遺産を受け継ぐ大東流合気柔術にも、その体系が存在している。



連続極1



今回取り扱うひとつながりの動きは、手首を攻める動きを連続的に用いる。







身体の方向転換や手刀の使い方の変化も理に適っており、効率的に操作法を学ぶことが出来る。



連続極2



また、受け手側も手首を様々な手法で攻められることから、関節極めに対する鍛練にもなる。
無理に抵抗せず、可動域を広げていくとよいだろう。



連続極5



捕り手側は肩から先の力に頼ることなく、全身の連動を意識して稽古してほしい。



連続極4



外形上は手首の攻めではあるが、関節を通じて相手の体幹に力を伝えることが目的である。

東京稽古会では今後もこの操作を日々の鍛錬に取り入れ、一層の技術向上を目指していく。




Posted on 2021/07/18 Sun. 10:00 [edit]

category: 掛け手

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  合気柔術  手刀  連動  居捕  古武術 
tb: 0   cm: 0

其の三百三十六 搦め運ぶ 大東流合気柔術 東京稽古会  




「搦める」という大東流の技術は、各種演武大会などでも発表され、その様態の不思議さに注目を集めることが多い。
もちろんポジティブな反応もあるが、それ以上に否定的に捉えられることが大半ではないだろうか?



搦め運ぶ2



技術の内容が理解できれば、そうした否定的な見方は解消されるのだが、合気柔術の核心的な要素が複合的に含まれているだけに、その「理解」に至るまでに時間がかかる。







掛け手」で相手の手首を捕るタイミングと姿勢
脱力によって全身の力を効かせる極意。



搦め運ぶ3



中心を外さず、相手の体幹部分を攻める意識。
上半身で操作せず、腰に相手の重心を乗せてしまうこと。



搦め運ぶ4



ここに列挙したのは一部に過ぎず、さらに多くの技法が相関をなし、ひとつの技となって現出する。



搦め運ぶ1



稽古するたびに沢山の気付きを得る。修練とはそういうものである。

技に完成はなく、奥義に行き停まるところはない。


Posted on 2021/05/09 Sun. 09:18 [edit]

category: 掛け手

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  合気柔術  姿勢  中心  連動  重心  掛け手 
tb: 0   cm: 0

其の三百八、両小手返 大東流合気柔術 東京稽古会  




手首関節を取って、全身を投げ、崩す小手返の技は体術の諸流派の中にも数多くある。

今回はその小手返の原理を使って古武術らしい身体の使い方を研究してみた。



両小手返4



小手返と言えば、片方の手首だけを極めることが多いが、今回は両手ともに捕ってしまう。

あくまでこれは手首の鍛錬、および手刀の使い方の修練の一環でおこなうのであって、実際にこう言った攻撃への対処を想定しているわけではない。







これまでにも取り上げてきたように、掛け手に取ることで相手の重心を前に誘導する。

大東流の技術体系では初動が最も重要だが、ここでも相手のバランスが崩れていない状態ではそのあとが効かない。



両小手返2



動画で解説している通り、小手返小指の締めで力を伝えていく。

初めのうちは親指の力で押してみたり、握力を使って相手の手首に圧力を加えてみたりということが続くと思うが、それらはすべて逆効果だ。



両小手返3



あくまでも剣を操作するように、手刀の意識をもって操作しないと、相手は動いてくれない。

現代人の力の使い方とは異なる感覚で、もどかしいことこの上ないが、我慢して稽古してもらいたい。



両小手返1



日本人がかつて有していて、今は失ってしまった身体感覚をとりもどすのは、一朝一夕にはいかない。

だが、それがまた大東流合気柔術を修行する愉しみのひとつでもあるといえる。




Posted on 2020/10/04 Sun. 09:24 [edit]

category: 掛け手

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  合気柔術  手刀  古武術  重心  掛け手  小手返 
tb: 0   cm: 0

其の三百六 合わせて張る 大東流合気柔術 東京稽古会  




相手の筋肉を伸張させ、身体に張りを作ることで無力化する操作法を紹介してきたが、
今回はその動きを使って、少々「お遊び」的なことをやってみよう。



合わせて張る3



決して実践に使えるような類の技術ではないが、身体の構造や、力の出し具合、微妙な方向性・バランスをつかむためには役に立つ。

なにより、普段の身体の動きの常識とは違う反応を観察できるところにその面白さがある。







「張り」を作るために必要なのは、これまでも触れてきた通り脱力して操作することだ。相手の身体に緊張が出ると、こちらの思った反応を作り出すことは難しい。

そのために、初動では「掛け手」を使う。こちらから掴みに行くのではなく、相手に重心を崩させるように誘いをかける。



合わせて張る1



そうして体勢を崩した相手を、今度は自分の身体を柔らかく伸ばすように使うことで、無力化していく。

相手の身体を伸ばすためには、まずは自分から。
この辺りに古武術たる大東流の面目が躍如している感があって面白い。



合わせて張る4



初動で重心を崩し、脱力して準備が出来たら、次は接点同士のバランスをとり、伸ばす方向の調整を行いながら相手の身体を伸ばしていく。



合わせて張る2



精妙な感覚が要求される操作ではあるが、天才でもない以上、これも稽古を重ねるほか会得する道はない。

東京稽古会では一般からの参加者も受け入れています。ブログ内の問い合わせメールフォームからどうぞ。





Posted on 2020/09/20 Sun. 09:44 [edit]

category: 掛け手

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  合気柔術  古武術  重心  当身  掛け手  手刀 
tb: 0   cm: 0

其の二百九十七 千鳥足 大東流合気柔術 東京稽古会  




大東流合気柔術の核心技法「千鳥足」を取り上げます。
自分の中心にとらえた接点をその軸上で大きく操作することで、鋭い崩しをかけていきます。



千鳥足3



また「千鳥足」は体幹の動きを伝えるための操作法です。非常に効果的である反面、その本質を理解しないと形式に過ぎない動きに陥ってしまうことも多い動きです。
よく理解して、稽古に活かしてください。

まずは動画を見てみましょう。







手首を差し出して、相手に掴ませます。
掴まれるその一瞬前に手首を抜いて、掴み返します。「掛け手」ですね。

掛け手がきまると相手は前のめりになって姿勢を崩します。
自分の手首を交差させるようにして、相手の肩を詰めます。
この時に前回の十字受の考え方を使って、自分の中心で相手を攻めます。



千鳥足2



次に、相手の身体が開いている方に向けて、腰を切ります。
この時に使う技法が「千鳥足」です。

向きを変える側の足を若干前に出します。
そのまま腰を切ると、自然に膝が同じ方向に動き、それに伴って爪先も膝と同じ方向を向くはずです。
すると両方の足が互い違いの方向を向きます。これが千鳥足の名の由来(のはず)です。



千鳥足5



このとき中心に構えた腕の接点が、腰の方向変化と連動して動きます
「千鳥足」において重要なのはこの点です。

たまに足の向きを変えるだけで腰が動いていない人がいますが、これでは千鳥足を行う意味がありません。



千鳥足4



千鳥足は、自分が立っているその場で、軸上に立ったまま身体の向きを変えることができます。
このことが、相手に効果的に力を伝えてくれるんですね。



千鳥足1



千鳥足は大東流のさまざまな動きに使うことができる技法です。
東京稽古会では、こうした核心技法を修練しています。お問い合わせはブログ内に設置のメールフォームからどうぞ。







Posted on 2020/07/19 Sun. 10:26 [edit]

category: 掛け手

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  合気柔術  手刀  古武術  中心  連動  掛け手 
tb: 0   cm: 0

其の二百九十五 掛け手 大東流合気柔術 東京稽古会  




大東流合気柔術では、ほとんどの場合、相手の攻撃に対して反応し、技を発していきます。
これとは異なり、自分の方から相手に働きかけ、打つ、掴むなどの攻撃を仕掛けていく場合があります。

これを、掛け手といいます。



掛け手4



相手からの攻撃を受けて技を発する場合と同様に、この掛け手においても相手の体勢を崩し、自分を有利な状態におくことをその目的とします。

動画を見てみましょう。







今回の場合は、相手に手首を取らせるように働きかけ、そこをつかんできた相手の手を逆に取り返すことで、コントロールしていきます。

座った状態で手首を取りに来るわけですから、相手は必然的に前のめりになってきます。



掛け手6



その動きを止めずに、体勢の崩れを延長させるような意識で手首を掴みます。
この時に、押し返してしまったり、伸びてくる腕の軌道を変えないように操作することが重要です。



掛け手2



また、相手の重心を自分の中心に乗せ、十分な姿勢で施術することも大事です。
そのために、骨盤の上に上半身をまっすぐに乗せた強い姿勢を維持してください。

自分から相手の手首を取りに行ったり、相手に押されてしまっては、正しい姿勢が崩れてしまいます。
そうなると、自分の方が不利になります。



掛け手5



こちらから故意に相手に攻撃をさせる意図は、相手の体勢を崩すためです。
そこを押さえたうえで動くことで、操作の要点が理解できるはずです。

相手に誘いをかけ、体勢が崩れるまで十分に引きつけてから、落ち着いて技をかけてみてください。



掛け手1



古武術の基礎となる考え方です。一朝一夕にはできません。
東京稽古会では、週に2~3回の修練で、大東流合気柔術の思考法、操作法を学んでいます。

お問い合わせは、ブログ内に設置のメールフォームでどうぞ。




Posted on 2020/07/06 Mon. 13:12 [edit]

category: 掛け手

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  合気柔術  古武術  姿勢  中心  重心  掛け手 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

入会はこちらから

大東流合気柔術って何?

これまでの動画と記事

最新記事

最新コメント

カテゴリ

アクセス数

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top