FC2ブログ

大東流合気柔術 東京稽古会スケジュール

次の本稽古は 1月26日(日) 9時30分から11時30分まで
場所は 世田谷区総合運動場 体育館 第一武道場です。
参加ご希望の方は 左のメールフォームよりお問い合わせください。


 
また、自主稽古はおおむね週1~2回開催しています。(※自主稽古には東京稽古会会員のみ参加できます)
詳細はお問い合わせください

其の二百六十四、並んで崩す 大東流合気柔術 東京稽古会  




前回の操作法を形に応用していきます。
大東流合気柔術、一ヵ条の四方投です。四方投には表と裏がありますが、こちらは裏となります。



並んで崩す2



攻撃を受けたら、相手の隣に並ぶように踏み込んで転換しつつ手刀を振りかぶり、相手の裏(背中)側を斬り落とします。これが四方投の裏ですが、複雑に見える操作のなかでも、初動にそのもっとも重要なポイントがあります

まずは、動画を見てください。







両手首を掴んできた相手の力を受け止めます。前回も言いましたが、ここで力んで撥ね返すようにしては、技はかかりません。
小手先で反発するのではなく、しっかりと全身の力を使って相手の肩を詰めてください。



並んで崩す4



攻撃を中心で受け止めたら、それを維持しながら相手の横に体捌きします。
このときに、手刀で肩を詰めたときの感覚を失わないように、中心で構え続けます。



並んで崩す6



こうすることで、相手の肩がさらに詰まります。
動画では最初から相手のかかとが浮いていますが、初めはそうなっていなくても、うまく横に捌きを入れることで、相手の自由を奪うように崩していくことが出来ます。

意識してほしいのは、相手の肩を詰めることです。
足を捌くこと、あるいは手首の接点に気を取られるあまりに、「崩しをかける」という一番大事な点が忘れられがちです。



並んで崩す3



崩しが出来たら、これも中心手刀を振りかぶりながら、転換します。
腕をくぐるようにするのではなく、あくまでも手刀相手を攻め続ける意識で操作してください。

最後に、相手の裏(背中)を斬り落として、倒します。
初動で詰めた相手の肩を、最後まで緩めないようにすること。



並んで崩す1



この動きが、躊躇なくできるようになると、古武術の操作法にかなり精通出来てると言えますよ。
東京稽古会への参加お問い合わせは、ブログ内のメールフォームへどうぞ。




Posted on 2019/12/01 Sun. 10:57 [edit]

category: 両手捕

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  合気柔術  手刀  古武術  中心  重心  転換 
tb: 0   cm: 0

其の二百六十三、真中を保つ 大東流合気柔術 東京稽古会  




相手との接点を自分の中心で操作する考え方をこれまで継続して取り上げてきました。
前々回は自分の前で取られた場合、前回は後ろから掴まれた場合でしたね。



真中を保つ5



今回はさらに複雑な考え方になります。
相手の横に並んだ場合にどうなるか?そこでも中心で操作するとはどういうことでしょうか?

動画を見てみましょう。







正面から両手取で手首を掴まれます。
これに対して肩から先の力で対抗してしまいがちですが、それはいけません。

相手の力をいったん受け入れるようにして、体の中心で止めます。

同時に手刀を立て、相手の肩を詰めるようにしてみましょう。
相手に力を返すような意識です。



真中を保つ4



このとき、相手の体重が自分の手刀乗っかって来る感覚があります。
その感覚を大事にしてください。

次に、体を捌いて相手の体の隣に並びます。
相手の足の外側に、自分の足の外側をくっつけるような対捌きです。



真中を保つ6



さて、今回の要点はここからです。
相手が掴んできている両腕は、体の捌きに応じて交差するようになります。
その時、先ほど言った自分の手刀に相手を乗せている感覚、これを維持するように、自分の中心手刀を構えたまま動かなくてはなりません。

そうすることで、相手の肩はさらに詰まり、身動きが取れなくなります。



真中を保つ1



構えた手刀が、真中から少しでもずれると、相手は生き返ります。
肩を詰めた感覚を維持することと、自分の中心を維持すること

古武術ならではの繊細な操作、東京稽古会で体感してみませんか?







Posted on 2019/11/24 Sun. 10:51 [edit]

category: 両手捕

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  合気柔術  手刀  古武術  中心  重心 
tb: 0   cm: 0

其の二百六十、開いて崩す 大東流合気柔術 東京稽古会  




前回座ったまま(居捕)でやった操作を、今度は立って行います。
同じく、全身の連動と脱力が重要になります。

動画を見ましょう。







両手首を握って押し込んでくる相手の力を受けとめます。
腕の力で押し返さず、肩から先は脱力して、手刀を張ります。

次に、腰を開くようにして身体の向きを変えます。
この時、下半身の動きに追随するように上半身を動かします
つまり、接点である手首も同じように腰と一緒に開きます。



開いて崩す3



この動きが、腕の力で行われた場合、相手の身体は動きません。正確に言うと、腕が引っ張られるようになり、体幹部分は動かないんですね。

相手と接点でつながりを作ったうえで、身体全体で操作していくことが大事です。
連動と、脱力ですね。



開いて崩す4



身体を開く動きで、相手の身体が少しでも崩れたならば、それを追うように、さらに全身を動かしていきます。

初めは膝~腰~肩の線をそろえるような意識で動かしてみると、分かりやすいかもしれません。
手だけで押し込んでみたり、腰の動きに遅れてからが出たりすると、引っかかるような感覚が出てくると思います。



開いて崩す5



稽古を重ねるうちに、そのあたりが敏感に感じられてくるはずです。
常に意識して修練していくことで、徐々に体感出来てきますよ。

古武術独特の感覚を、味わってみませんか?
東京稽古会に参加してみたい方は、ブログに設置してあるメールフォームでお問い合わせください。



Posted on 2019/11/08 Fri. 21:17 [edit]

category: 両手捕

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  合気柔術  手刀  古武術  連動  居捕 
tb: 0   cm: 0

其の二百五十九、動きを追う 大東流合気柔術 東京稽古会  




座って行う鍛錬法です。
全身の連動脱力の感覚を養成します。



動きを追う4



大東流合気柔術では、この操作法のように双方が座って両手を取らせ、上半身の力を使わずに崩していく合気上」の鍛錬法もありますが、これもその一変形です。

動画を見てください。







座って両手首を押さえられます。
取られた手首に力を入れて動かそうとすると、相手の抵抗を受けて、力のぶつかり合いが起きます。
そうなってしまうと、強く押し込んできている相手の身体は、よほどの体格差や力の差がない限り動かせません。

腕で動かそうとせずに、身体の重心を移動させるような意識で、膝ごと一方向に動かしてみてください。
そうすると、強く押し込んできていた相手の身体が若干ですが動くはずです。



動きを追う2


ここで大事なことは、肩から先の力を抜くことです。脱力が出来ていると、下半身の動きが接点を通じて相手に伝わります。
腕に力が入っていると、引っかかるように相手の力を感じて動かせなくなってしまいます。



動きを追う1



相手の身体が動いたら、その動きを注意深く追うようにして、さらに自分の身体を動かしてみましょう。ここでも、上半身の力を使うのではなく、足~腰を動かしていく意識が必要です。

慣れてきたら、相手に手首を押さえられると同時に崩しをかけていく修練をしてみてください。
相手にしっかりと手を取らせることがコツですよ。



動きを追う6



この動きは様々な技に応用することができます。
東京稽古会で、体験してみませんか?


 





Posted on 2019/10/29 Tue. 12:12 [edit]

category: 両手捕

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  合気柔術  中心  重心  居捕  合気上  正座  連動 
tb: 0   cm: 0

其の二百五十六、中心で動かす 大東流合気柔術 東京稽古会  




なんばの動きから接点と手足の方向を合わせる考え方へと進めてきましたが、今回はさらにその接点を自分の中心で扱うことに焦点を当てていきます。



中心で動かす5



これも大東流合気柔術に特徴的な思考法ですが、中心をどう捉えていくかを含めて様々な派生形、発展形があります。
まずは、基本の形をこの動きで練習してみましょう。

動画を見てください。







相手が両手首を掴んできます。
押し返さず、受け止めて手刀を張り、相手の肩を詰めます。

次に自分の手刀を交差させるように前で合わせるようにします。
手だけを使わず、足を出して腰と連動させるようにしてください。



中心で動かす6



そうすると相手の肩はさらに詰まります。
そのまま体の方向を変えるように転換します。
前で合わせた自分の手刀を、前で構えたまま向きを変え、手を下ろすようにすると、相手は崩れます。

このとき重要なのが、手を前で交差させることによって自分の中心で相手をとらえているということです。
腰を前に出して、体の中心からはずれているように見えますが、そうではないんですね。自分の芯が向いている方に中心があるといえばいいでしょうか。
いずれにしても、稽古の中で体感すると、理解できると思います。



中心で動かす4



さらに、手の力を使わずに相手を運びます。
肩から先に力が入ってしまうと、とたんに抵抗を感じて、腕力で振り回すことになってしまいがちです。

最初は、無理に倒そうとせず、脱力しながら体の向きを変えることに専念してください。
徐々にコツがつかめてくると思いますよ。



中心で動かす2



東京稽古会では、こうした考え方を稽古を通して研究しています。
参加希望の方はメールフォームにてお問い合わせください。








Posted on 2019/10/06 Sun. 08:39 [edit]

category: 両手捕

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  合気柔術  手刀  中心  連動  転換 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

稽古への参加希望はこちらから

大東流合気柔術って何?

これまでの動画と記事

最新記事

最新コメント

カテゴリ

アクセス数

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top