FC2ブログ

大東流合気柔術 東京稽古会スケジュール

次の本稽古は 10月22日(火・祝) 10時45分から12時45分まで
場所は 世田谷区総合運動場 体育館 第一武道場です。
参加ご希望の方は 左のメールフォームよりお問い合わせください。


 
また、自主稽古はおおむね週1~2回開催しています。(※自主稽古には東京稽古会会員のみ参加できます)
詳細はお問い合わせください

其の二百五十七、袖捕小手返 大東流合気柔術 東京稽古会  




これまで数回にわたって手足をそろえて操作する、中心で動かしていくなど、大東流合気柔術の基本的思考法を取り上げてきました。

今回はそれを一つの型に落とし込んでいきましょう。居捕の小手返です。



袖捕小手返2



同じ名前の型でも、相手の攻撃の仕方によって変化していきます。
ただ、どの変化技でも接点を通じて体の真ん中、体幹部分を崩していくというところは一緒です。

動画を見てください。







相手が二の腕部分の道着を掴んできます。袖捕ですね。
受け側は腕を通じて、相手の体が動かないようにしっかり押し込んでください。

捕り手はその圧力に対して、腕の力で抗しようとしてはいけません
足を動かし、自分の体の中心から手刀を突き出してください。



袖捕小手返6



このとき、前回までやってきたように、膝の上で手刀を操作することが重要です。
そうすることによって相手の体を崩すことができます。相手の攻撃は無効化し、次の動きにつながるんですね。

試しに小手先で(肩から先だけを動かして)当身を打ってみると、相手の体は動かないことが分かるはずです。



袖捕小手返1



当身を防いだ相手の手を小手返しの形にとって、斬り下げます。
これも、手だけで行うのではなく、足を動かして体の中心で取りに行くようにしましょう。
それと同時に足を開き、体の向きを変えます。体を開くことで、相手を大きく崩すんですね。

このときも、体の動きと接点が連動する必要がありますよ。中心で動かしていくこと。
基本的な考え方がきちんと組み合わさったとき、相手を楽に制することができます。



袖捕小手返4



東京稽古会では、大東流の思考法を基本から研究しています。
参加お問い合わせは、ブログ内に設置のメールフォームからどうぞ。





Posted on 2019/10/13 Sun. 10:27 [edit]

category: 袖捕

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  合気柔術  手刀  中心  連動  当身  居捕 
tb: 0   cm: 0

稽古日誌 令和元年9月29日、10月3日自主稽古  



更新できず、溜めてしまった稽古日誌をまとめて投稿しています

まずは9月29日(日)の自主稽古です。



_20190929_210849.jpg



この日は、初めて古武術に触れる方もいて、簡単な護身術のような動きを取り入れながら始めて見ました。



_20190929_211002.jpg



掴まれた手首を外す「手ほどき」から、抜手取、小手返、小手詰など。



_20190929_211112.jpg



体格差や、男女の力の差があっても体の使い方次第で技がかかることを実感する動きに、興味津々だったようです。

(東京稽古会は原則として自主稽古への参加は会員のみに限定しています



_20190929_211244.jpg



続いて10月3日(木)の自主稽古。



_20191003_222349.jpg



体捌きで、相手の攻撃を無効化して自分の有利な位置を取る動きから始めました。



DSC05167.jpg




小手返や両袖捕への対処法・・・。



_20191003_222817.jpg



中心で操作する考え方、脱力の重要性などを体感しつつ研究し…、



_20191003_222657.jpg



裏落、搦投などの型にも活かして修練しました。



_20191003_223111.jpg



日々新しい気付きとともに、成長したいですね

東京稽古会へ参加希望の方は、ブログに設置してあるメールフォームからお問い合わせください




Posted on 2019/10/09 Wed. 11:20 [edit]

category: 稽古日誌

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  合気柔術  古武術  中心  小手返 
tb: 0   cm: 0

其の二百五十六、中心で動かす 大東流合気柔術 東京稽古会  




なんばの動きから接点と手足の方向を合わせる考え方へと進めてきましたが、今回はさらにその接点を自分の中心で扱うことに焦点を当てていきます。



中心で動かす5



これも大東流合気柔術に特徴的な思考法ですが、中心をどう捉えていくかを含めて様々な派生形、発展形があります。
まずは、基本の形をこの動きで練習してみましょう。

動画を見てください。







相手が両手首を掴んできます。
押し返さず、受け止めて手刀を張り、相手の肩を詰めます。

次に自分の手刀を交差させるように前で合わせるようにします。
手だけを使わず、足を出して腰と連動させるようにしてください。



中心で動かす6



そうすると相手の肩はさらに詰まります。
そのまま体の方向を変えるように転換します。
前で合わせた自分の手刀を、前で構えたまま向きを変え、手を下ろすようにすると、相手は崩れます。

このとき重要なのが、手を前で交差させることによって自分の中心で相手をとらえているということです。
腰を前に出して、体の中心からはずれているように見えますが、そうではないんですね。自分の芯が向いている方に中心があるといえばいいでしょうか。
いずれにしても、稽古の中で体感すると、理解できると思います。



中心で動かす4



さらに、手の力を使わずに相手を運びます。
肩から先に力が入ってしまうと、とたんに抵抗を感じて、腕力で振り回すことになってしまいがちです。

最初は、無理に倒そうとせず、脱力しながら体の向きを変えることに専念してください。
徐々にコツがつかめてくると思いますよ。



中心で動かす2



東京稽古会では、こうした考え方を稽古を通して研究しています。
参加希望の方はメールフォームにてお問い合わせください。








Posted on 2019/10/06 Sun. 08:39 [edit]

category: 両手捕

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  合気柔術  手刀  中心  連動  転換 
tb: 0   cm: 0

稽古日誌 令和元年9月16日、23日本稽古、26日自主稽古  



すっかり更新が滞ってしまいましたが、東京稽古会は9月中も毎週稽古を開催しています。

まずは9月16日(月・祝)の本稽古です。



_20190916_204951.jpg



この日は大阪から山本敦史先生をお招きし、指導していただきました。

また、東京稽古会では初めてとなる昇段審査も行いました。



片腕投1



昇段審査では受審者ばかりでなく、受け手進行役も大きな役割を担います。
たくさんの練習を重ねて、しっかりと大役を果たしてくれました。

見学した会員の皆さんも何かを感じてくれたならうれしいです。



_20190916_205714.jpg



翌週の9月23日(月・祝)にも本稽古を行いました。

中心で操作するという考え方を中心に、四方投の習得を目指しました。



_20190923_190006.jpg



そして、9月26日(木)は自主稽古。



_20190926_213631.jpg



この日は北海道は伊達市から、Guillermo Santos先生が東京稽古会に遊びに来てくれました



_20190926_214044.jpg



Santos先生は、北海道で合気道の道場をやっておられます。



_20190926_214339.jpg



インターネットで東京稽古会にアクセスされ、今回参加されました



_20190926_214528.jpg



お互いの技を研究しあい、とても充実した稽古になりました。



_20190926_215008.jpg



Santos先生、また来てくださいね



DSC05153-1.jpg



北海道お土産の「白い恋人」




Posted on 2019/10/03 Thu. 22:21 [edit]

category: 稽古日誌

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 中心  大東流  合気柔術 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

稽古への参加希望はこちらから

大東流合気柔術って何?

これまでの動画と記事

最新記事

最新コメント

カテゴリ

アクセス数

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top