FC2ブログ

大東流合気柔術 東京稽古会スケジュール

次の本稽古は 11月28日(日)16時30分から19時30分まで
開催場所は 高津スポーツセンター 第二武道場です。
通常稽古は毎週木曜・日曜(または祝日)に開催しています。通常稽古は会員限定です。
東京稽古会への参加を希望の方は 左のメールフォームよりお問い合わせください。

其の三百三十七 重心で斬る 大東流合気柔術 東京稽古会  




大東流合気柔術の核心技法を、東京稽古会では「要素」と呼んで修練している。
そうした要素は、様々な形の中に偏在しており、相関しあって一つの技として成立していく。



重心で斬る1



この「小手返」も、いくつもの要素が複合しているのだが、今回は重心の移動によって崩すことを核として捉えてみよう。







まず、正面打を受ける際に相手の外側に重心を移して中心線を外す。
次に受けた手刀を使って身体を開くように反対側に重心移動しながら斬り落とす。



重心で斬る2



この操作によって相手の重心を崩し、さらに大きく逆側に身体を開きながら小手返に斬る。
肩から先の動きでは、このように崩すことは出来ない。



重心で斬る6



あくまで重心の移動を使うことで全身を連動させ、体幹部分の力を伝えることが重要だ。
今回の「要素」は、以上のように説明できる。



重心で斬る5



もちろんこの要素だけでは、形を完遂することは難しい。
脱力、手刀の使い方、さまざまな別要素の修練も同時に必要になるが、それはまた稿を改めて紹介する。


Posted on 2021/05/23 Sun. 10:38 [edit]

category: 正面打

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  合気柔術  手刀  中心  連動  重心  正面打  小手返 
tb: 0   cm: 0

稽古日誌 令和3年4月22日、25日、5月5日 大東流合気柔術 東京稽古会  

   


東京稽古会の稽古日誌です。
日々の稽古の内容を備忘録がてら記録しています。古武術を修練される皆さんの参考にしていただければと思います。



_20210422_221850.jpg



合気上げ鍛錬の後、正面打ち小手詰。



_20210422_221438.jpg



三級技の修練として居捕小手返



_20210422_221108.jpg



袖捕をすれ違って崩す動き、車倒しなどなど…



_20210422_221604.jpg



最後は久しぶりにかかり稽古で締めました。



_20210422_220823.jpg



続いては4月25日(日)。前々日に緊急事態宣言が発出されましたが、スポーツ観戦等は25日まで観客有(26日以降は無観客)との取り決めに倣って、この日は稽古を行いました。



_20210425_184606.jpg



二ヶ条の足捌きを手刀詰めと小手返で修練。



_20210425_183732.jpg



すれ違って倒す裏落の動き、後捕の掬投…



_20210425_184227.jpg



その後は3級、4級の各組に分かれて形稽古。



_20210425_184411.jpg



背挫、正面打ち小手詰にも取り組みました。



_20210425_184101.jpg



わが稽古会も東京都の人流抑制政策による行動制限のため、稽古日程の変更を余儀なくされます。
こうした状況下にも、武術の心構えをもって平常心で臨みたいと思います。



_20210425_184139.jpg



月が替わって5月5日(日)の稽古。
東京都は緊急事態宣言下にありますが、川を一つ隔てた神奈川県では通常通り公共施設も営業しています。



_20210505_183425.jpg



4カ条手首の鍛錬から、正面打ち一本捕、三カ条吊り落とし…



_20210505_183618.jpg



居捕小手返、胸捕両手刀抑え…



_20210505_183502.jpg



脱力して腰の力を相手に伝える要素を、逆腕捕を使って修練し、最後は合気上げ鍛錬で締めました。



_20210505_190652.jpg



公衆衛生の観点から発出されているはずの行動制限要請ですが、その実効性には疑問点が多く、科学的に考えてウィルス感染をゼロに抑えるというような企図は自然の摂理に反していると見るほかありません。



_20210505_191257.jpg



こうした状況下に、最も良くないのは「判断停止」してしまうことです。
我々は武術を志す者として、常に自分の置かれた立場を分析し、生き残り、よりよく生きるための判断を行っていきたいと考えています。

重要なことは、「何を為さないか」ではなく、「何を為すか」です。
現代史上にも残るような愚行が世界中を席巻している今、武術者としての心構えが問われている、そんなふうに感じています。



_20210505_190447.jpg


Posted on 2021/05/16 Sun. 21:36 [edit]

category: 稽古日誌

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  合気柔術  手刀  古武術  中心  正面打  小手返  合気上  居捕  掛け手 
tb: 0   cm: 0

其の三百三十六 搦め運ぶ 大東流合気柔術 東京稽古会  




「搦める」という大東流の技術は、各種演武大会などでも発表され、その様態の不思議さに注目を集めることが多い。
もちろんポジティブな反応もあるが、それ以上に否定的に捉えられることが大半ではないだろうか?



搦め運ぶ2



技術の内容が理解できれば、そうした否定的な見方は解消されるのだが、合気柔術の核心的な要素が複合的に含まれているだけに、その「理解」に至るまでに時間がかかる。







掛け手」で相手の手首を捕るタイミングと姿勢
脱力によって全身の力を効かせる極意。



搦め運ぶ3



中心を外さず、相手の体幹部分を攻める意識。
上半身で操作せず、腰に相手の重心を乗せてしまうこと。



搦め運ぶ4



ここに列挙したのは一部に過ぎず、さらに多くの技法が相関をなし、ひとつの技となって現出する。



搦め運ぶ1



稽古するたびに沢山の気付きを得る。修練とはそういうものである。

技に完成はなく、奥義に行き停まるところはない。


Posted on 2021/05/09 Sun. 09:18 [edit]

category: 掛け手

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  合気柔術  姿勢  中心  連動  重心  掛け手 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

稽古への参加希望はこちらから

大東流合気柔術って何?

これまでの動画と記事

最新記事

最新コメント

カテゴリ

アクセス数

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top