FC2ブログ

扶桑会への入会について

通常稽古は毎週木曜・日曜(または祝日)の2回行っています。通常稽古は会員限定です。
入会希望者が参加可能な本稽古は 2月12日(日)14時から17時まで開催します。
場所は 世田谷区総合運動場 体育館 第一武道場です。

扶桑会への入会を希望される方は 左のメールフォームよりお問い合わせください。

其の四百十四 居反 大東流合気柔術 東京稽古会  




今年最後の更新となる動画解説、今回取り上げるのは「居反(いぞり)」という形である。



居反サムネ1



跪坐の状態で座っているところに立った相手が両手をとって攻撃してくる。

それを合気上げの技法で自分の重心に乗せ切って後ろに投げ飛ばすのであるが、そこには「乗せて」「沈む」という二つの難関が立ちはだかる。







まず「乗せる」であるが、これは相手の体勢の崩れを利用して、手刀を柔らかく使うことで相手を自分の重心に誘導していく。

押し返したり、引っ張ったりすると相手は反発してしまう。



居反2



上手く乗せることができれば、次はその乗せた重心を一気に沈むことで相手の全身を崩していく。



居反3



もちろんこの時には、地球の引力に合致した線上にまっすぐ沈むことが重要なのだが、座った状態でそれを行うのは非常に難しい。

ここでは跪坐を瞬時に正座に変じ、さらに腰を地面につけるようにして落とすことで沈身している。



居反1



「乗せて」「沈む」という二つの操作を、滑らかに連続して行うところにこの技の要諦がある。

自然体の中で脱力できるよう、修練していただきたい。









スポンサーサイト



Posted on 2022/12/31 Sat. 18:00 [edit]

category: 両手捕

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  合気柔術  手刀  合気上  重心  正座 
tb: 0   cm: 0

稽古日誌 令和4年 12月18日、22日、25日稽古納 大東流合気柔術東京稽古会  




この稽古日誌も令和4年最後の更新となりました。
今年も充実した稽古の日々を過ごさせていただきました。

関係するすべての方々に心から御礼申し上げます。



_20221219_181336.jpg



12月18日(日)は神道扶桑教太祠での稽古。



_20221219_180956.jpg



「丁寧に動く」ことを心がけて取り組みました。



_20221219_181058.jpg



大東流には「早いが技」という言葉もありますが、基本の動きとしては一点一画をおろそかにすることなく力を伝えていくことが必要です。



_20221219_181606.jpg











続いては12月22日(木)の稽古。



_20221224_004505.jpg



前半は自分の軸を定め、そこに重心を置いて動くことをテーマに研究しました。



_20221224_004804.jpg



後半は、元プロボクサーの会員さんによるボクシング講習。
構え方、打ち方、脚の動かし方・・・。



_20221224_005003.jpg



西洋のスポーツであるボクシングですが、取り組むうちに基本の動きは古武術である大東流と共通点が多くあることを発見できました。



_20221224_005130.jpg



異なる流派を学ぶことで、より深く大東流合気柔術を理解することにつながっていけばよいと考えています。



_20221224_005632.jpg











今年最後の稽古は12月25日(日)。お世話になっている扶桑教太祠 本殿での稽古納めでした。



_20221226_230658.jpg



今年一年取り組んだテーマを改めておさらいするような形で、3時間の修練。



_20221226_230837.jpg



手刀の考え方、自然体の取り方、攻撃線の捌き・・・。
どれも大東流合気柔術において重要な核心技法です。

来年以降も基本を大事にして、たゆまず努力していきます。



_20221226_230416.jpg



またこの日は2級の審査も行いました。
古武術らしく正しい姿勢での演武を見せてくれました。

体格差にとらわれることなく、大東流の正しい身体運用と、柔の理合に則した思考法で制することを表現出来ていたと感じています。



_20221226_234516.jpg



稽古後は恒例の納会。



DSC_0084.jpg



会員相互に、いつもより長く話ができる機会を楽しみました。



1672065618885.jpg



古武術でつながった縁が、より深まっていくことにも喜びを感じています。



_20221226_234656.jpg



来年からは心機一転、新しい取り組みも行っていきます。

今後も、当ブログともどもよろしくお願いいたします。



_20221226_234328.jpg













Posted on 2022/12/31 Sat. 11:53 [edit]

category: 稽古日誌

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tb: 0   cm: 0

稽古日誌 令和4年12月1日、4日、11日、15日 大東流合気柔術 東京稽古会  




大東流合気柔術東京稽古会の稽古日誌、今回は12月上旬から中旬にかけての稽古内容を記します。

12月1日(木)は神道扶桑教太祠での稽古でした。



_20221202_013128.jpg



重心移動を使って技を行うことを主眼に。



_20221202_013559.jpg



相手と自分との位置関係を常に意識することで、無理のない動きを導き出していきます。
古武術である大東流の考え方ですが、現代の日常生活に応用できる深い含蓄を秘めていると、私は感じています。



_20221202_013855.jpg










続いて12月4日(日)の稽古。



_20221207_134428.jpg



この日は4級の審査を行ったのち、「軽く触れる」「伸ばす」をテーマに脱力について研究しました。



_20221207_135022.jpg



それぞれ習熟度合いは違いますが、その位置に応じた課題を見つけながら自己研鑽していきます。



_20221207_135257.jpg









私が海外出張のために一回休みのあと、12月11日(日)は高津スポーツセンターでの稽古。



_20221212_215606.jpg



この日も、力まない、ぶつからないを主なテーマにして、一カ条の立合、居捕を数多く修練しました。



_20221211_234031.jpg



体格差や性別の違いで力むことなく、無理押ししないことが不思議と相手を動かしていきます。

この日は少数精鋭。いつも以上に気迫のこもった稽古となりました。



_20221212_220254.jpg












12月15日は扶桑教太祠本殿での稽古。



_20221216_130638.jpg



久々に顔を見せた会員さんも、大東流の核心技法に取り組みます。



_20221216_130907.jpg



個々人がそれぞれのスタンスに立ちながら、一同に会して稽古を行うことにも、大きな意味があると感じています。



_20221216_131026.jpg



あらゆる場所での武術修行が皆さんの人生を豊かにする一助となることを願ってやみません。



_20221216_131154.jpg











Posted on 2022/12/29 Thu. 13:22 [edit]

category: 稽古日誌

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  合気柔術  古武術  重心 
tb: 0   cm: 0

其の四百十三 つかませ続ける 大東流合気柔術東京稽古会  




相手による「掴む」という攻撃は、こちらがそれを利用することで非常に大きな力となって相手に還流していく。

今回は大東流合気柔術の独特な思考法を使って力を伝達していく操作法を紹介する。



つかませ続ける1



一般に公開しているYouTube動画などに対して「何故手を放さないのか?」という疑問のコメントが多くみられるようになってきた。
中には誹謗中傷に近いような内容の声も少なからずある。







それだけ合気系武術を知らない人の目に触れているということだろうから、喜ばしい現象である反面、あまりに一面的なものの見方をぶつけられると辟易してしまうというのも正直なところだ。



つかませ続ける2



攻撃してきた相手が、掴んだり握ったりしている手を容易に放せないのは、まさに「攻撃の意図」を持っているからだ。

技をかける方はその意図にぶつからずに受け入れながらも自分の有利な状況に持ち込んで操作することで、相手の攻撃の意思を継続させたまま力を伝えていく。

いったん動き出した意図を変更し中止するということは、それに対する明らかな反抗や危険を察知しなければ、非常に難しいのだ。



つかませ続ける4



ここで我々術者の側として重要なのは、いかにその相手の「攻撃の意図」をそのままに、ぶつからず、逆らうことなく受け入れていくかということだ。

つまり、相手にしてみれば「掴んだままの状態と思っていたら、倒されていた」という状況を作り出すのだ。



つかませ続ける5



そこには普段の稽古で行っている、脱力、全身の連動、自然体による身体運用など、大東流そのものの理解が必要になってくる。
今回の動きにみられるように、技をかける側は掴まれた腕にほとんど力を入れることなく、全身と一体化させて動かしている。

如何に自分の対抗心を虚しくして「相手の意図に沿うように動けるか」が、結局は自分の意思を完遂できるかということにつながっていく。











Posted on 2022/12/24 Sat. 19:00 [edit]

category: 袖捕

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  合気柔術  古武術  連動 
tb: 0   cm: 0

其の四百十二 捌いて制する 大東流合気柔術 東京稽古会  




攻撃を仕掛けてきた相手を、その力に逆らうことなく制してしまう。

今回は、大東流合気柔術「小手詰」の操作法を通じて、そうした考え方を解説する。



捌いて制する4



相手の攻撃は胸取りである。足を踏み出し「なんば」の動きで胸をつかみに来る。

そこには必ず攻撃線が生じる。







その時、相手との接点に手刀で軽く触れながら攻撃線を挟むように内から外に身体を捌く。



捌いて制する1



この「軽く触れながら」というところが非常に機微なのであるが、強い力で操作してしまうと相手もまたそれに呼応するように力をぶつけてきてしまう。

あくまでその接点に手首を留めておくだけ位の心持で「小指だけをひっかけるようjに」自分の身体だけを動かしていく。



捌いて制する2



この操作によって、相手の心理的には反撃を受けたような自覚がないままに、大きな力を手首関節から肩にかけて受けることになる。

体感してみれば良く分かることであるが、相手の腕による攻撃に対して、全身の力を効率よく伝えるわけで、抗いようのない形で体の自由が奪われてしまう。



捌いて制する3



さらにこの操作には、自分の重心、すなわち地球の引力と合致した軸に相手を引き寄せ、そこに「乗せて」しまうという要素もある。
そのあたりの考え方については、また項を改めて述べることにしたい。

















Posted on 2022/12/17 Sat. 19:00 [edit]

category: 胸捕

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  合気柔術  手刀  重心  攻撃線 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

入会はこちらから

大東流合気柔術って何?

これまでの動画と記事

最新記事

最新コメント

カテゴリ

アクセス数

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top