FC2ブログ

扶桑会について

指導者: 石塚嘉 【達人・名人・秘伝の師範たち】
稽古日時:日曜14時半~16時半 / 木曜19時~21時
稽古場所:神道扶桑教 世田谷太祠 東京都世田谷区松原1丁目7−20 【道場紹介】 

入会希望者が参加可能な公開稽古は2月23日(金・祝)13時30分から16時30分まで開催します。
場所は 世田谷区総合運動場 体育館 第一武道場です。
扶桑会への入会を希望される方は 左のメールフォームよりお問い合わせください。

扶桑会のYouTubeチャンネルでは「メンバー限定動画」の配信を始めました。一般公開の動画ではカットしている口伝や、道場でしか見せないコツを取り上げています。
興味のある方は 「Aiki-Kobujutsu」チャンネルホームページ にアクセスして「メンバーになる」から購読手続きしてください!
【扶桑会がTV放送されました!】 縦に使う1 
NHKWorld「J-arena」(↑上の画像をクリックすると無料視聴できます) 
 

【関連商品】 縦に使う1 扶桑会DVD「柔(やわら)の力の完成」←Amazonへリンク   
【Twitter】https://twitter.com/aiki_fusoukai
【Instagram】https://www.instagram.com/aiki_kobujutsu/
【Facebook】https://fb.com/kobujutsu

其の四百五十四 真中に置く 大東流合氣柔術扶桑会  




今回も掴まれたところを起点にして相手に大きな力を伝えていくということについて解説していく。

最初は片手で掴まれたときの対処から。



真中に置く2



大きな力を伝えるためには、こちらが大きな入力をしなければならないという思考は、こと大東流に限っては適用されない。
仮につかまれたところを力を込めて引っ張ってみるといい。相手はより強い力で握り返して来るだけだ。







その理由は引っ張ることによって、相手との接点にぶつかりが生じるからだ。

引っ張っているのにぶつかるとは不思議に聞こえるかもしれないが、近づいてこようが遠ざかろうが、己の把持しているところが意思に反して動いたとき、人はその部分に固執し、抵抗するものである。



真中に置く3



今回片手での操作において特筆すべきは、掴まれた部分を空間上に固定しておくような意識で、むしろその空間上の一点を自分の真ん中に置きつづけるようなつもりで、体幹部を動かしていく技法を使っていることだ。

こうすることで、相手は抵抗する意図を持てないままに、体勢を崩されてしまう。
このあたりの呼吸は、文章で説明するのは相当にむずかしい。

実際に生身の人間と相対してみて、そこから掴んでいってもらいたい。



真中に置く4



そこで初心者については片手は少し難易度が高いので、まずは両手取りから始めることをお勧めする。

その際にも脱力が最も大切だ。
腕で押し返さず、手刀を活かして相手を自分の重心に乗せるような意識で修練してほしい。



真中に置く7



そのあとは構えた両方の手刀を、自分の身体の真ん中に置いたまま、180度体を転換させる。

大きく派手に投げることを考えず、相手に力が伝わっているかどうかに焦点を絞って、丁寧な動きを心がけることで、徐々にコツがつかめてくるはずだ。




スポンサーサイト



Posted on 2023/09/30 Sat. 19:00 [edit]

category: 未分類

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  合気柔術  手刀  古武術  中心  姿勢  重心  転換 
tb: 0   cm: 0

稽古日誌 令和5年9月10日 14日 18日本稽古 大東流合気柔術扶桑会  




大東流合氣柔術 扶桑会の稽古日誌。今回は9月中旬の稽古について記録していきます。

まずは9月10日(日)。基本の形を、流れを止めずに「一筆書き」のような気持ちで動いてみるところから始めました。



PSX_20230910_184111.jpg



私たち扶桑会はどちらかと言えば柔術をベースにした術理をもっています。
それは、私が久琢磨の大東流の流れを汲む琢磨会で修行していたことが大きいのですが、一つ一つの動きをしっかりと、相手の身体を詰めて崩していくところに技の特徴があります。



PSX_20230910_183348.jpg



勢いで動かしてしまうと、表面的には見栄えがいいのですが、本当に効かせて崩していることにはなりません。
初心者ほど一点一画をゆるがせにしない「楷書」的な技術が求められます。



PSX_20230910_182602.jpg



そんな中で、いつもとは違う「流れを重視する」操作に戸惑う部分もあったかもしれません。
一方で、いつものやり方の重要性も再確認できた部分もあったはずです。



PSX_20230910_182443.jpg



ところでこの日は稽古中に海外向け日本文化発信のテレビ番組の取材の方が来られました。
そんな中でも、いつも通りのスタイルを崩さずに最後まで稽古。

いつも心掛けている平常心です。



PSX_20230910_184602.jpg












続いては9月14日(木)の稽古。

稽古中のよくあるエピソードとして「さっきまで出来ていたのに、人が変わると全然(技が)通じない」というのがあります。
微妙な感覚が要求される動きほど、こうした「ギャップ」が生まれやすいものです。



PSX_20230914_234848.jpg



熱心に稽古している人ほど、積み上げた石が無造作に崩されたような感じがして、やる気を失ってしまうことも多々あります。

そういう時に試されるのが、変化した状況に「適応しよう」という強い思いだと思います。



PSX_20230914_235105.jpg



例としては突飛に過ぎますが、かつて地上で生活していたイルカやクジラの祖先は「海に戻りたい」と切実に思い、気が遠くなるような世代交代の間にもその思いを持ち続け、自分の足を尾びれに変化させ、心肺機能を水中生活に適応するように作り変えました。

生き物とは、このように強い「心の力」をもっています。強く思えば、現実を変えていくことが出来るのです。



PSX_20230915_000041.jpg



人間もまた、生き物として、この計り知れない力を有している存在なのだということを忘れないようにしたいものです。



PSX_20230915_001352.jpg














9月18日(月・祝)は9月の本稽古でした。
今回のテーマは「結び」。



PSX_20230918_165636.jpg



これは今年の重点目標にも掲げている大東流の考え方です。



PSX_20230918_165221.jpg



相手と接触した瞬間に「つながり」を作ること。
それにはまず攻撃を「受け入れる」ことが必要です。



PSX_20230918_193407.jpg



力で跳ね返してしまうと、決して「つながり」は生まれません。

害意をもって攻撃してくる相手を受け入れるということは、言葉でいうほど簡単なことではありません。
また、単なる身体操作の訓練だけで実現できるものでもないと思います。



PSX_20230918_173032.jpg



むしろ精神的な在り方が問われる思考法です。

これからの稽古でも、常に意識していきたいと考えています。



PSX_20230918_200815.jpg
























Posted on 2023/09/27 Wed. 09:47 [edit]

category: 稽古日誌

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  合気柔術  手刀  古武術 
tb: 0   cm: 0

其の四百五十三 抜く 大東流合氣柔術扶桑会  




我々が公開しているYouTube動画に対する質問の中に「相手が本気で掴んできたら技はかかりますか?」というものがよくある。
おそらく質問者は「これは相手が忖度して(手加減して)攻撃しているから(技が)かかっているのだろう」という感覚を抱いているのだと思うが、結論から言うと「力を込めて掴まれた方が(技は)良くかかる」。



抜く2



大東流合氣柔術の中でも重要な思考の体系として「脱力」という要素があるが、今回の動画はまさにそれをよく体現している。

両手で腕をつかまれるというのは一見すると掴まれた方が不利のようだが、掴まれたその一点を操作することで全身を崩せるため、「脱力」の効果が測りやすい。







ただし、動画内でも説明しているように単純に「力をなくしてしまう」ような脱力では相手は動かない。
丁寧に言うならば「脱力」することよって「全身一体の動きを作り出す」ことが必要になってくる。

これは前回までの説明と似通ってくるために、「またか」と思われる方も多いかもしれない。



抜く5



そこで、この解説を読んでくれている方のために、動画では触れていないコツをお伝えする。

それは「まず、ぶつかる」ということだ。



抜く3



攻撃に対して、こちらは腕の筋力をもってして対抗するのだ。
ほんの一瞬、身を硬くして相手をはじき返すようにしてみよう。
相手はその反応に対して、さらに入力を強めようとする、その際を狙って全身脱力する。



抜く6



力の差があるほど、この理合は有効である。
日々の稽古の中で試してみていただきたい。








Posted on 2023/09/23 Sat. 19:00 [edit]

category: 諸手捕

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  合気柔術  古武術 
tb: 0   cm: 0

其の四百五十二 完全脱力 大東流合氣柔術扶桑会  




何故こうなるのだろうと、不思議に思うこと。そしてその正体を見極める探求をし続けること。
私たちがなにか未知の技術を理解し、上達させていくためには、まずはそのような探求心が必要だろう。



完全脱力1



今回の動きも、接点を脱力すると言うベースのところは同じである。

だが、表面的に大きく投げ飛ばすような派手な動きがある分、それに目くらましを受けてしまう人も多いかもしれない。







発生する動きの大きさは、こちらからの入力の大きさとは比例しない。
これは、相手に対して強い力を与えることで投げ飛ばしているのではないという意味だ。



完全脱力5



その代わりに、相手が掴みかかってくる力をただ受け止め、それに逆らわないように自分の身体を動かしている。
「腕をフニャフニャにせよ」というのは、そのことだ。

言葉を変えていうならば、相手が掴んできた(攻撃してきた)その「害意」を妨げることなく、むしろ自ら喜んで攻撃させ続けてやる、というような意識を持つことが、この操作の一番肝心なところなのだ。



完全脱力3



最初は相手が呼吸を合わせて「飛んで」いるのだろうと決めてかかる人もいるかもしれない。
それはそれで構わない。ただ、その人はこの技術の探求をすることはないだろう。

世の中が仮にそういう人ばかりになってしまったとき、古武術のこの技法は「失伝」する。
それは、古武術に限らず、現在失われかけている貴重な、しかし現代的感覚から見て「胡散臭い」とレッテル貼りされているほかの技術・思考法においても同じことがいえる。



完全脱力4



幸い、扶桑会ではささやかながら継承の努力を続けることが出来る。

こころから有難いことだ、というべきだろう。






Posted on 2023/09/16 Sat. 19:00 [edit]

category: 両手捕

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 合気柔術  大東流  古武術 
tb: 0   cm: 0

稽古日誌 令和5年8月31日 9月3日 7日 大東流合氣柔術扶桑会  




大東流合氣柔術 扶桑会の稽古日誌、今回は8月末から9月上旬にかけての修練の内容を記していきます。

まずは8月31日(木)の稽古。
この日は「交叉取り」に対してどう応じていくかというテーマでした。



PSX_20230831_224431.jpg



自分の右手に対して向かい合った相手も同じ右手で掴んできます。
丁度握手をするときを想像してもらえるとわかりやすいかと思いますが、YouTubeに公開している動画などでは実際にこうした形で攻撃をしてくることはないのではないかという批判を受けることが偶にあります。



PSX_20230831_225717.jpg



いわゆる「実戦では古武術的な動きなど役に立たない」という意見ですが、そうしたプラグマティック(実利優先)な思考と古武術とはやはり相性が悪いというのが私の持論です。

例としてふさわしいか分かりませんが、パソコンやスマホで文字を打つことが日常化した現代人にとって、墨と筆を使って字を書く書道など何の役に立つのだ、という論にも似ていて、そこには対話が成立しない状況だと感じています。



PSX_20230831_231611.jpg



全て世の中の技術には、その拠って立つ精神性や、理想とする思考が存在します。

スポーツ格闘技にもそれがあるのでしょう。
そしてまた同じく我々の追及する古武術においても、古来より連綿と受け継がれてきた極意があり、我々修行者はそこに到達することを目指しているのです。



PSX_20230831_234245.jpg









続いては9月3日(日)の稽古。

基本の形も、毎回着眼点を変えて行うことで、初心者も上級者も同じように新鮮な気持ちで取り組めます。



PSX_20230903_211857.jpg



手刀の概念化であれば、普段意識していないポイントについて取り組むだけで、いつもの決まりきった動きとはガラリと変わってきます。

この日は「手首を曲げない」という考え方を抽出しました。



PSX_20230903_211012.jpg



それぞれ社会人として責任を果たすなかで、週に二回の稽古はなかなか厳しいものがあるとは思いますが、各自で着眼点を工夫して毎回の稽古の意義を高めていってもらえればと思います。



PSX_20230903_211413.jpg



何の修行であっても、続けることが重要です。
会員の皆さんの継続意欲を手助けできるように、指導する側も精進を心がけます。



PSX_20230903_213554.jpg









最後は9月7日(木)の稽古。

手刀を「縦」に使う意識の養成から始めました。


PSX_20230908_000033.jpg


親指側を使うのも「縦」の考え方です。


PSX_20230908_000238.jpg



手刀には「刃」と「峰」があり、それぞれ小指側と親指側が相当します。
それらを接点に対して垂直になるように操作していきます。



PSX_20230908_000450.jpg


手刀については状況、形の種類によって千差万別、多様な考え方が可能です。

まずは根本の原理を理解して、その後応用編へと進んで行きましょう。



PSX_20230908_002609.jpg


















Posted on 2023/09/13 Wed. 20:47 [edit]

category: 稽古日誌

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  合気柔術  手刀  古武術  中心 
tb: 0   cm: 0

其の四百五十一 構える 大東流合氣柔術扶桑会  




相手に両手首をとられて押し込まれる。
強い力で圧倒されるかと思いきや、わずかな動きで相手の腰を浮かせて身動きできない状態にしてしまう。



構える1



大東流合気柔術の演武でよくみられるこういった動きは「合気」と呼ばれることがある。

いわゆる物理法則を超えた達人の所業というニュアンスが込められた「合気」という言葉だが、今回紹介する動きは、どちらかというと柔術的な物理法則を援用した操作である。

とはいえ、目に見える状況としては「合気」に近い。
相手の体の自由を奪うわけであるから効果としても同等といえるだろう。







単刀直入に言うと、これは「剣の理合」によって全身を使い、相手の体に柔らかい力を伝えている。

動きとしては「刀を構えるように」相手に対峙し、掴まれたところを脱力することで抵抗し難い力を発揮するのだ。



構える2



合気上げ」という操作法は、多くの大東流の形の初動に使われるが、その根本原理がこの動きに込められている。
もちろん、この操作が円熟しより精妙になることによって先に述べた「合気」に近づいていくのであろう。



構える4



「掴まれたところを脱力する」というのは、ここまで再三言及してきたように、部分的な出力に陥らず、自分の体全部を使って力を出していくことで実現する。

「剣を構える」ことはまさにその全体を使う動きに通じる。



構える5



対人稽古でなかなかコツがつかめないという方は、まず一人稽古で剣を持ってみることをお勧めする。

剣を扱うとき、部分的な筋力は使わないはずだ。
全身を使って剣を振る稽古をするだけでも、合気上げの鍛錬になる。





Posted on 2023/09/09 Sat. 19:00 [edit]

category: 両手捕

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  合気柔術  手刀  剣の理合  合気上 
tb: 0   cm: 0

稽古日誌 令和5年 8月20日 24日 27日本稽古 大東流合気柔術 扶桑会  




大東流合氣柔術 扶桑会の稽古日誌です。
今回は8月下旬の稽古の内容を記録していきます。

まずは8月20日(日)。この日は扶桑会の行事として二段審査を開催しました。



PSX_20230820_191525.jpg



大阪琢磨会から小林清泰先生をお招きし、立会をお願いしたうえでの審査です。

大東流の二カ条は合計30本。
一カ条からは難易度も格段に上がります。



2段審査1



継続した鍛錬の成果を見せて、無事に審査合格。2段認定となりました。

世界中どこの国においても、人間の言語読解能力の平均値は小学校6年生から中学校1年生のレベルだそうです。
それは、日常生活においてそのレベルの読解力があれば一通りのやり取りが支障なくこなせるから。

つまり、「とりあえず出来る」ところまで能力が上がった時、人は「それ以上のレベルに上げていく努力をしなくなる」という、興味深い分析があるのです。



二段審査2



これは武術の世界においても同じことがいえると考えます。

段位を上げて、一通りのことができるようになったとき、さらに切実にその上のレベルを目指す意識を持てるかどうか?
あくなき向上心は、もっと道の奥深くを見てみたいという真摯な思いから発します。



PSX_20230820_191852.jpg



これからも変わることなく、古武術探求の心を持ち続けてもらいたいと思います。



PSX_20230820_192503.jpg












続いては8月24日(木)。



PSX_20230824_231238.jpg



この日は基本に立ち返り、攻撃を受けたときに自分がどういう心構えで対応するかを中心に稽古しました。

掴まれた部分を全身で操作して、三角点に導き崩す動き。



PSX_20230824_231816.jpg



突き出された腕の内または外に体を捌いて、そこから崩しをかけていく動き。

シンプルな動きほど古武術の核心的な考え方が明確に現れます。



PSX_20230824_232240.jpg














最後は8月27日(日)。
この日は8月の本稽古でした。



PSX_20230828_093151.jpg



相手の攻撃を体捌きをもってかわす動きから始めました。

全身を一体化させて動けるかどうか、簡単なようで難易度は高いです。



PSX_20230828_093327.jpg



さらに木刀や短刀を使って負荷を上げていきます。
人間の体の動きに、目で見える脅威の強さが大きく影響することを実感します。

平常心の維持こそが、達人への道なのです。



PSX_20230828_095845.jpg



さらに手刀の使い方を研究したのち、この日は総伝技の研究も行いました。

相手に掴まれたところを、そのまま掴ませておいて、厳しい関節の固めに入ります。
琢磨会に伝わる、昭和のはじめ武田惣角の円熟期の技です。



PSX_20230828_092226.jpg



基本から「幻の技」総伝まで。

これからも扶桑会では、奥行深く大東流合気柔術の探求に取り組んでいきます。



PSX_20230828_100845.jpg










Posted on 2023/09/05 Tue. 20:40 [edit]

category: 稽古日誌

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  合気柔術  手刀  古武術  中心  連動  正面打  武田惣角 
tb: 0   cm: 0

其の四百五十 手の甲 大東流合気柔術 扶桑会  




接点の脱力で相手に力を伝える考え方について、さらに別の角度から解説を加えてみる。

それは、「密着することで感覚をかく乱する」という技法である。



手の甲1



相手に強く拘束されたとき、接点である手首(手刀)を脱力する。ただし手刀にはエネルギーを通したままにしておき、いわゆる「手刀を活かした」状態である。

今回のキモとなるのは、この時に掴んでいる相手の掌(てのひら)に自分の手の甲を柔らかく密着させていくことだ。







密着させるという言葉で、自分から手の甲を押し付けていくようにとらえてしまう人も多いだろう。
実際に稽古の中でもそうした誤解に基づいて操作して、うまくいかない場合が散見された。



手の甲2



大事なことは、相手の掴んでくる動きに「沿う」ようにして密着することである。
こちらから動いてくっつけていくのではなく、あくまで相手の動きに合致するような意識で動かしてみる。

そのために、相手の動きをよく感じ取り、自分の身体を柔軟にして対応することが重要になる。



手の甲4



最初は要領がつかみにくいかもしれないが、小手先の動きで合わせていくのではなく、全身を使って相手の掌に密着させるような気持ちでやってみると、突破口が開けるはずだ。

これがうまくいくと、相手は自分の力のやりどころがわからなくなってしまう。
その混乱に乗じて崩しをかけていくのだ。



手の甲5



接点である手首や手の甲の部分に視線が行きがちかもしれないが、そこから離れた全身にこそ、技を成立させる秘訣が含まれている。
そうした逆転の発想が有効であるところも、大東流合氣柔術の魅力といえるだろう。






Posted on 2023/09/02 Sat. 19:00 [edit]

category: 片手捕

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  合気柔術  手刀  連動 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

入会はこちらから

大東流合気柔術って何?

これまでの動画と記事

最新記事

最新コメント

カテゴリ

アクセス数

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top