FC2ブログ

扶桑会について

指導者: 石塚嘉 【達人・名人・秘伝の師範たち】
稽古日時:日曜14時半~16時半 / 木曜19時~21時
稽古場所:神道扶桑教 世田谷太祠 東京都世田谷区松原1丁目7−20 【道場紹介】 

入会希望者が参加可能な公開稽古は2月23日(金・祝)13時30分から16時30分まで開催します。
場所は 世田谷区総合運動場 体育館 第一武道場です。
扶桑会への入会を希望される方は 左のメールフォームよりお問い合わせください。

扶桑会のYouTubeチャンネルでは「メンバー限定動画」の配信を始めました。一般公開の動画ではカットしている口伝や、道場でしか見せないコツを取り上げています。
興味のある方は 「Aiki-Kobujutsu」チャンネルホームページ にアクセスして「メンバーになる」から購読手続きしてください!
【扶桑会がTV放送されました!】 縦に使う1 
NHKWorld「J-arena」(↑上の画像をクリックすると無料視聴できます) 
 

【関連商品】 縦に使う1 扶桑会DVD「柔(やわら)の力の完成」←Amazonへリンク   
【Twitter】https://twitter.com/aiki_fusoukai
【Instagram】https://www.instagram.com/aiki_kobujutsu/
【Facebook】https://fb.com/kobujutsu

【動画解説】其の四百六十七 剣を振る 大東流合氣柔術 扶桑会  




扶桑会では脱力のための鍛錬法として、木剣による素振りを推奨している。
これは通常立位で行うことを想像されると思うが、今回紹介するのは座ったままで振り下ろす方法である。



剣を振る1



立って行う素振りは、足の前への踏み込み、あるいは後退と合わせて全身の連動を用いて行う。

動画で説明しているように、立位の場合でも腕の力を使うのではなく、肚(丹田)から発した力を剣に乗せ、切っ先の軌跡が最大円周を描くように振る。







ところが坐位の場合には足の移動を伴わないために、肚の意識をより深く持たなければ、先に述べたような感覚で振ることはできないのだ。
はじめのうちはどうしても肩から先で剣を操作してしまいがちだ。足を使えない分、立って剣を振るよりも難しさが増すという実感を抱かれる方が多いのではないだろうか。
その分、鍛錬としての実は上がる、と私は考えている。



剣を振る5



さらに、我々の鍛錬法として坐位での素振りが適しているといえる理由に、東京の地域的事情として公共の場で木剣を振ることが難しいということがあげられる。
立った状態で自由に木剣を振り回すことができるほど、自宅に広い庭があれば話は別であるが、多くの人はそのような恵まれた環境を持っていない。

公園で模擬刀を使って居合の修練をしていた人が警察に捕まったという笑えない話もあるほどだから、深夜であっても人目につくところで剣の素振りをするなど、憚られるのが都会の実情なのだ。



剣を振る6



その点坐位で行う剣の素振りは部屋の中でも安全に行うことができる。
畳一枚のスペースがあれば家族に迷惑をかけることもなく、納得いくまで鍛錬が可能だ。



剣を振る4



少々情けない話ではあるが、かくのごとく普通の社会人が武術の稽古を行うのには、若干の制約がある。
それを知恵と工夫で乗り越えていくのも、現代の武術者に課せられた命題だとせざるを得ない。





スポンサーサイト



Posted on 2023/12/30 Sat. 19:00 [edit]

category: 基本動作

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  合気柔術  古武術  丹田  連動 
tb: 0   cm: 0

【稽古日誌】令和5年12月24日稽古納め 大東流合氣柔術 扶桑会  




大東流合氣柔術 扶桑会の稽古日誌。今回は12月24日(日)、令和5年の稽古納めの記録です。



PSX_20231225_181440.jpg



「結」をテーマに掲げて行った今年の稽古。

武術的には相手と接触するその瞬間に、どれだけ集中してつながりを作り切れるかということを、追求しました。



PSX_20231225_182206.jpg



攻撃をはじき返すのではなく、押し込まれてしまうのでもなく、柔らかく受け入れたうえで「結び」をつくる。

「結び」「つながり」がない合気柔術は、単なる力のせめぎ合いに過ぎないのだと、会全体の共通認識ができました。



PSX_20231225_181044.png



一方で、単に武術にとどまらず、周囲の人々、社会、環境との「結び」も、私たちの日常においては重要なことです。

それぞれが社会的、個人的な役割を担いながら、この世の中で活動する中で、やはりお互いが支え合い、影響し合っていることを忘れた人生は不完全なものだと、私は考えます。



PSX_20231225_180809.png



この世界のうちで誰一人、何一つ欠けても、今の通りの自分ではありえない。

そうした深い自覚をもって、人と、環境と「結び」を作っていくことも隠されたテーマでありました。



PSX_20231225_180355.png



扶桑会ではいつも、「稽古は練習、日常が本番」ということを合言葉のように確認し合います。

「結」の精神は来年以降も、皆さんの日常に生かしていってほしいと思っています。



PSX_20231225_105033.jpg



稽古終わりには、いつもにも増して丁寧に拝殿内の清掃を行いました。

毎週私たちを受け入れてくださった神道扶桑教さん、また、神聖な神殿で騒がしく身体を動かす私たちを見守ってくださった神様に、深く感謝の思いを込めます。



PSX_20231225_182823.jpg



納会は明大前の居酒屋で。



PSX_20231225_095329.jpg



漸く感染症の影響も去り、ゆっくりと皆で語らいながら一年の稽古を振り返らせてもらいました。



PSX_20231225_095634.jpg



このブログを読んでくださっている皆さまにも、今年一年の感謝を申し上げます。

来年も扶桑会の稽古日誌をよろしくお願いいたします。



PSX_20231225_094923.jpg














Posted on 2023/12/28 Thu. 17:00 [edit]

category: 稽古日誌

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  合気柔術  古武術 
tb: 0   cm: 0

【動画解説】其の四百六十六 頭を下げる 大東流合氣柔術 扶桑会  




今回は腕力を出来る限り使わないことが、相手に伝達されるエネルギーを最大化するという、矛盾するような思考法について解説を加えてみたい。



頭を下げるサムネ



腕力を使わずに攻撃してきた相手を制するという考え方は、常に誤解をうけがちだ。

実際に初心者の場合には、腕をブラブラさせたまま相手に接触させ、まったく効かないことに困惑して首をひねるような光景も良く見ることができる。







単なる言葉遊びではなく、腕力を使わないということと、腕を使わないのは違う。

少し詳らかにすれば、ここで言う腕力とは腕の屈筋をさす。
力こぶを出す、腕の内側の筋肉である。



頭を下げる4



動画の動きにおいては、相手に接触している手刀の先を柔らかく伸ばし、相手との間に力のつながりを保ったまま自分の体勢(立ち位置)を入れ替えている。

頭を押さえつけるように、腕力を使って下げようとすると、相手は動かない。



頭を下げる3



その代わり、位置の変化によって生み出される全身の力を伝達するために、接触している手刀および腕はしっかりと相手を捕まえておかなければならない。

これは主に、腕の外側を走っている伸筋を意識して使っているのだ。
この伸筋の使い方が「腕力を使わない」という口伝に含まれている意図である。



頭を下げる1



伸筋の使い方については、私自身も新たに気付きを得た部分が大いにある。

今後また、稽古の中で研究していきたいと考えている。




Posted on 2023/12/23 Sat. 19:00 [edit]

category: 正面打

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  合気柔術  手刀 
tb: 0   cm: 0

【稽古日誌】令和5年12月14日 17日 21日古 大東流合氣柔術 扶桑会  




大東流合気柔術扶桑会の稽古日誌、今回は12月中旬から下旬にかけての修練内容を記していきます。

まずは12月14日(木)の稽古。



PSX_20231214_223505.jpg



片腕を強い力で、しかも二本の腕でつかまれたときにどう打開していくかというところから修練を始めました。

ただ腕力を使うだけでは相手を動かすことはできません。



PSX_20231214_224950.jpg



そういう状況になった時にどのように工夫して切り抜けるか。

手刀の使い方、中心の力、全身の捌き…。



PSX_20231214_224326.jpg



まずは身体の動かしかたに注力しますが、修行が進んだ者には身体操作にとどまらない心身一体となっての対応が求められます。

今後も、繰り返して鍛錬していきます。



PSX_20231214_225447.jpg












続いては12月17日(日)。

正面打ちを受けとめ、裏に入って締め崩します。



PSX_20231217_201251.jpg



いつも基本稽古でやっている捌き方とは違うアプローチです。

私たちが修練する大東流には2800余りの技の体系が存在するといわれています。
ちょっとした受け方の違いや、重心の位置、相手との距離感などで技が千変万化するのが大東流の魅力です。



PSX_20231217_202005.jpg



稽古を続けている会員さんの姿を見ていて、最近感じるのが、未知の動きに対しての積極的な取り組み方です。

一見して難しそうな技であっても尻込みせず、お互いに挑戦・試行してみようという雰囲気が稽古を充実させています。



PSX_20231217_200949.jpg



出来る、出来ないを言う前に、まずは「やってみる」。

それが、稽古が終わった後の清々しい気持ちにつながっていきます。



PSX_20231217_221352.jpg













最後は12月21日(木)の稽古。

扶桑会の今年の木曜修練も最後の日となりました。3日後の24日(日)が稽古納となります。



PSX_20231221_231012.jpg



この日が最終日になる会員も何人かいる中、気持ちのこもった修練を行いました。

大東流では基本的に、最初に攻撃を行う側が「受け手」となります。
この「受け手」に武術的な気持ちがこもっていないと、稽古は気が抜けたものとなってしまうのです。



PSX_20231221_232907.jpg



通常、受け手は捕り手(技をかける側)より熟達しているものであることが望ましいとされています。
それは、受け手の攻撃が思い切ったものであればあるほど、技は大きく、激しくかかるからです。




PSX_20231221_231144.jpg



捕り手(技をかける側)の力を引き出すような、思いの入った攻撃で、濃密な稽古を行っています!



PSX_20231221_234600.jpg






Posted on 2023/12/22 Fri. 21:27 [edit]

category: 稽古日誌

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  合気柔術 
tb: 0   cm: 0

【動画解説】其の四百六十五 乗せて沈む 大東流合氣柔術 扶桑会  




今回は相手の力を受け止め、つなげたまま引き落とす操作法について解説してみる。

単純な動きに見えるが、大東流合氣柔術の重要な思考法を含んだ身体操作だ。



乗せて沈む



ちなみに今回、技術展示しているのは、普段は受けに回ってくれている会員である。
今後は少しずつ、自分なりの技術の解釈を公表していく機会を設けていきたいと考えている。

人に見てもらうということは、批評にさらされるという点で大変厳しいものではあるが、その一方で非常にたくさんの気づきを得る経験でもある。
技術向上の良い契機となることを期待したい。







前置きが長くなってしまったが、動画のタイトルにあるように相手が両手で掴んできたその力を、自分の身体に「乗せて、沈む」。

簡単に言うとそれだけの操作だが、この二つの動作のあいだに、相手とのつながりを維持することが非常に難しい。



乗せて沈む1



動画の中で「どこを押しているか分からなくする」という言葉が出ていることに注目してほしいのだが、相手が掴んできたときに単純に押し返してしまうと、相手は攻撃の目標を定めやすくなる。

そうなると、力押しに突破されてしまう。



乗せて沈む4



つかまれた両手で対抗するのではなく、腰、骨盤のあたりで受け止めることで、相手は力の向けどころを失う。
その反対にこちらとしては、相手の身体の深いところを捕まえたような感覚を得られる。

これがつまり「つながる」ということなのだ。



乗せて沈む2



腰で捕まえた相手の力を、今度は真下に向けて誘導する。
二つの動作を断絶することなく、一つの流れで行うことで「つながり」を失わない感覚をつかんでいただきたい。






Posted on 2023/12/16 Sat. 19:00 [edit]

category: 両手捕

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  合気柔術  古武術 
tb: 0   cm: 0

【稽古日誌】令和5年12月3日 7日 10日 大東流合氣柔術 扶桑会  




大東流合氣柔術 扶桑会の稽古日誌。今回は12月上旬の修練内容について記していきます。

まずは12月3日(日)の稽古。



PSX_20231203_220103.jpg



肘関節に対する操作を中心に基本の形から。

いくつかの口伝を中心に修練しました。



PSX_20231203_220854.jpg



大東流合氣柔術は相対的に筋力が強くない人でも十分に使える技術であるということが、その特徴です。

それは部分的な筋力に依拠しない術理を用いるからです。



PSX_20231203_223215.jpg



逆に言うならば力に頼った身体操作を行っていては、合気柔術の本質を会得するのは難しいということでもあります。



PSX_20231203_221520.jpg



鍛え上げた筋肉によるパワー・スピード全盛の現代にあって、時代遅れのようではありますが、孤塁を守るつもりで術理の継承を行っていきたいと考えています。



PSX_20231203_231056.jpg

















続いては12月7日(木)の稽古。
この時期にしては暖かい日が続いていましたが、グッと冷え込んできた中での修練でした。



PSX_20231208_001053.jpg



扶桑会では昇段して黒帯を取得するに至るまで、少しずつ昇級の階梯を登っていく仕組みを採用しています。



PSX_20231208_001405.jpg



具体的には一カ条30本の形を習得することになりますが、初心者にとっては形を覚えるだけでも難易度高く思われるものです。



PSX_20231208_004554.jpg



先行した修行者が、自分の得た術理を惜しまずに後に続くものに対して分かち合い、その手助けをする…。

そうした好循環が、扶桑会の修練では機能しています。



PSX_20231208_002735.jpg



良い「受け手」であることがすなわち良い武術修行者である。
これは日常を生きる者としても通じる真理であると思います。



PSX_20231208_004616.jpg













最後は12月10日(日)。この日は12月の本稽古となりました。



PSX_20231210_214436.jpg



肚(丹田)の意識、軸の意識をテーマに3時間の稽古。



PSX_20231210_214943 - コピー



最初の一時間はひたすらに膝行、足捌きを訓練しました。

日常では決して行わない身体操作ですので、身体への負担は大きかったと思いますが、だからこそ古武術大東流の理解には欠かせない考え方を得ることができるのです。



PSX_20231210_223959.jpg



手足や指先など末端のみを動かして生活することが主体になっている現代人の脳は、スマホなどメディアからの視覚的に入力される大量の非現実情報に圧倒されています。

そうした中では身体による切実な感覚を通して外界とかかわっていく、人間本来の認知能力を損なっていく恐れがあるのではないかと、私は考えています。



PSX_20231210_215247.jpg



古武術大東流の継承によって、少しでもその流れが良い方向へと変わることを望んでいます。



PSX_20231210_225411.jpg











Posted on 2023/12/16 Sat. 17:38 [edit]

category: 稽古日誌

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  合気柔術  古武術  丹田 
tb: 0   cm: 0

【動画解説】其の四百六十四 抜き手 大東流合氣柔術 扶桑会  




前回、捕らえられた手首を脱力することで外す操作法を解説したが、今回はその動きを極力小さくするための考え方について解説してみよう。



抜き手



予めお断りするが、動画では一見手先だけで外しているように感じるかもしれないが、これはやはり脱力して全身を使うことによって可能になっている操作である。

ただその際、ポイントを絞って攻めの意識を向けているのだ。







つかまれた手首は、こちら側の意識によって武器へと変じることが出来る。すなわち手刀だ。

相手の掌に対して、手刀の小指側(刃)を使って斬り込むようにする。
すると、あっけなく相手の掴み手は切れていく。



抜き手3



力いっぱい掴んでいるとはいっても、相手は所詮手首から先、指までの筋肉を使った握力を行使しているに過ぎない。
こちらがどんなに非力でも、全身の力をもってすれば五本の指の力を突破できないはずはない。

手刀を使うということは、このように全身の力を一点に集約できる秘術といえるのだ。



抜き手4



より具体的に言うならば、手刀の刃をもって相手の掌を斬り、同時に相手の指の切れ目に、手刀の峰(親指側)を合わせるように抜き出していく。

相手にしてみれば、掴んだはずの手首が、瞬時に鋭利な刃物に変化したようなものである。



抜き手5



さらに動画では、自由になった手刀を使って相手の肘を攻め、投げを打つ展開も紹介しているが、この解説についてはまたの機会に改めて行うこととしたい。





Posted on 2023/12/09 Sat. 19:00 [edit]

category: 片手捕

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  合気柔術  手刀 
tb: 0   cm: 0

【稽古日誌】令和5年11月23日 26日 30日 大東流合氣柔術扶桑会  




大東流合氣柔術 扶桑会の稽古日誌。今回は11月下旬の修練について記していきます。

まずは11月23日(木・祝)の稽古。
中心をとらえるための基本動作から始めました。



PSX_20231123_211021.jpg



この日は現在の日本では「勤労感謝の日」という祝日になっていますが、戦前の日本では「新嘗祭」という、日本人の心に大きな意味合いを持つ日でありました。

「新嘗祭」は、私たちに収穫物などの恵みを与え、いのちを繋げてくれている超自然的な存在に対して、天皇陛下が感謝をささげる儀式を行う、日本に古来から伝わる重要なお祭りです。
もちろん宮中では今も変わらずに執り行われているのですが、昔はそれを国民全体で共有し、寿いでいたのです。



PSX_20231123_205930.jpg



「勤労感謝」は現在を生きる具体的な「人」に対する感謝で、それはそれで大事なことではありますが、やはりなにか本質的なものから視線が逸れていくような気がするのです。

人智を超えた存在を感じ、畏敬の念をもって、今の自分の生命があることに対して感謝する。
自然体を目指して修行する私たちにとって、本質とはそこなのではないかと、私は考えています。



PSX_20231123_210920.jpg



「中心をとらえる」という修練は、物事の本質をとらえるということにほかなりません。
身体と精神を使った稽古を行ないながら、人として奥深いところにある本質を見つめ直すことも大切にしていきたいものです。



PSX_20231123_211737.jpg










続いて11月26日(日)は遠く鹿児島からやってきたゲストが大東流を体験しました。

古武術に触れるのは全くの初めてとあって、緊張感の中でスタート。



PSX_20231126_221639.jpg



作法や基本動作はひとまず置いて、合気柔術の動きの不思議さを感じてもらいました。



PSX_20231126_221811.jpg



扶桑会の自慢できるところは、初心の人に対する、経験ある会員さんたちの手厚いフォローです。
この日来てくれたゲストたちも、先輩会員たちの丁寧な指導で楽しんでくれたようです。



PSX_20231127_152631.jpg



そんな中、この日は2級、3級の昇級審査も開催。



PSX_20231126_215038.jpg



うって変わってピシッと張り詰めた空気の中で演武が行われました。

裂帛の気合とともに、熱の入った技術を披露して、無事に認定を受けました。



PSX_20231126_220755.jpg



盛りだくさんの内容で、あっという間に時間が過ぎた稽古でした!



PSX_20231202_000824.jpg










最後は11月30日(木)。

この日は比較的人数も少なかったため、受身や攻撃の心得などの基本的な考え方に取り組みました。



PSX_20231130_232223.jpg



相手とのやり取りの中で大きく受身を取る訓練は、安全のために広いスペースが必要です。



PSX_20231130_232821.jpg



こういう時こそ、思い切って全身で技をかけることを心がけます。



PSX_20231130_232046.jpg



お互いにコミュニケーションをとって、有意義な修練となりました。



PSX_20231130_233414.jpg






Posted on 2023/12/05 Tue. 19:02 [edit]

category: 稽古日誌

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  合気柔術  古武術  受身 
tb: 0   cm: 0

【動画解説】其の四百六十三 はずす 大東流合氣柔術 扶桑会  




大東流合氣柔術の中核をなす思考法として「脱力」ということがある。

今回の操作ではその脱力について、誰でも試すことのできる簡単な方法を紹介しよう。



外す6



これは力の差があっても可能な操作ではあるが、最初はあまり負荷がかかるとうまくいかないかもしれないので、同等の体格や筋力の人と組んでやってみることをお勧めする。

方法といっても格段難しくはなく、自分の手首を強い力で掴んでもらい、その接点に掴まれていない方の手をそっと添え、掴まれている手を外す、というだけのことだ。







詳しくは動画と見比べて試してもらえれば良いと思うが、掴まれた手の指先を柔らかく開くことと、掴まれていない方の手に力を込めず、ただ小指の付け根のあたりを相手の親指辺りに触れることに留意してみる。



外す4



「できない」という人に思い出してもらいたいのは「脱力」というキーワードだ。

相手の掴む力に抵抗して、手で上から押さえつけたり、引っ張り出そうとすると、これは決して外れない。
そうすると相手の力とぶつかってしまうからだ。



外す3



「脱力」という概念を実際におこなうことが最初は難しいと感じるかもしれないが、肩から先の筋力を使わず、全身に一本の芯を通すような気持ちで動かしてみてほしい。

小手先の力を使わずに操作するコツをつかんだら、あっけなく外れてしまうことに驚くはずだ。



外す5



なぜそうなるかということを科学的に証明することは今は出来ないが、感覚として「全身の力を発揮すれば外せる」ということは言える。

部分的な力で打開しようとせず、「脱力」することで「身体を一本にする」。
古武術の不思議な身体感覚をぜひ味わってみてほしい。





Posted on 2023/12/02 Sat. 19:00 [edit]

category: 片手捕

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  合気柔術  古武術 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

入会はこちらから

大東流合気柔術って何?

これまでの動画と記事

最新記事

最新コメント

カテゴリ

アクセス数

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top