FC2ブログ

扶桑会について

指導者: 石塚嘉 【達人・名人・秘伝の師範たち】
稽古日時:日曜14時半~16時半 / 木曜19時~21時
稽古場所:神道扶桑教 世田谷太祠 東京都世田谷区松原1丁目7−20 【道場紹介】 

入会希望者が参加可能な公開稽古は2月23日(金・祝)13時30分から16時30分まで開催します。
場所は 世田谷区総合運動場 体育館 第一武道場です。
扶桑会への入会を希望される方は 左のメールフォームよりお問い合わせください。

扶桑会のYouTubeチャンネルでは「メンバー限定動画」の配信を始めました。一般公開の動画ではカットしている口伝や、道場でしか見せないコツを取り上げています。
興味のある方は 「Aiki-Kobujutsu」チャンネルホームページ にアクセスして「メンバーになる」から購読手続きしてください!
【扶桑会がTV放送されました!】 縦に使う1 
NHKWorld「J-arena」(↑上の画像をクリックすると無料視聴できます) 
 

【関連商品】 縦に使う1 扶桑会DVD「柔(やわら)の力の完成」←Amazonへリンク   
【Twitter】https://twitter.com/aiki_fusoukai
【Instagram】https://www.instagram.com/aiki_kobujutsu/
【Facebook】https://fb.com/kobujutsu

【動画解説】其の四百七十一 肚で投げる 大東流合氣柔術 扶桑会  




このところ末端の力を使わず、肚(丹田)から力を発するという身体操作法を連続して取り上げている。

無論、大東流の動きのどれをとっても、小手先の力だけで完結するものはないのであるが、今回紹介するのは、その中でもより中心からの力、また手先足先の脱力が求められる操作法となる。



肚で投げる4



と言っても内容的には新奇なものではなく、座った状態で両手を掴まれたところを手刀を使って詰め上げ、投げ倒すという、いわゆる「合気上げ」の鍛錬である。

この日は冒頭で受身の訓練も行ったため、膝行しながら次々に相手を変えて合気投げを連続していくという形で稽古してみたのがこの動画である。







このように前後左右あらゆるところからの攻撃に、常に動きながら対処することは良い修練になる。

ともすれば静止した状態から始めがちな合気上げの稽古であるが、準備の整わない状況を敢えて作ることで、肩に力を入れず、肚から力を出し続ける感覚を磨いていく。



肚で投げる3



熟練者はさらに、相手が来るのを待つだけでなく、自分の方から膝行して相手に近づいていく動きも加味してみると良い。

そうすることで、自分の骨盤の上に上半身を垂直にのせた状態を維持するというポイントの重要性がはっきりするだろう。



肚で投げる1



前のめりになったり、後ろに傾いたりしてしまうと、必然的に小手先の力を出さざるを得なくなる。

力を発揮するためには、自然体を崩さないことがいかに大事であるかを理解するのにも良い訓練法である。



肚で投げる6



受けを取る側は、自部が投げられる方に爪先を向け、柔らかく身体を使って大きく受身を行うこと。

複数組で修練する場合には、他の組の受け手と衝突しないように注意しながら訓練してください。






スポンサーサイト



Posted on 2024/01/27 Sat. 19:02 [edit]

category: 両手捕

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  合気柔術  中心  古武術  受身 
tb: 0   cm: 0

【稽古日誌】令和6年1月11日、14日、18日 大東流合氣柔術 扶桑会  




大東流合氣柔術 扶桑会の稽古日誌、今回は1月中旬の修練の内容について記します。

扶桑会は毎年一つの文字を選んで稽古場所に掲げます。
稽古の中で大事にしたい心構えや考え方を目に見えるようにしておこうという試みです。

今年は「今」を選びました。



PSX_20240114_195537.jpg



「一大事と申すは今日唯今の心なり」とは、禅の世界でよく語られる教えですが、神道にも「中今」という概念があります。

過去にこだわらず、先々にとらわれず、今この瞬間だけに心の焦点を当てること。
古武術の修行とは究極を言えばその境地にたどり着くことだと考えています。

あらゆる雑念を排し、純粋に「今」に没入して稽古をやり通すことができるか否か?
この一年をかけて取り組んでいきたいと思います。



PSX_20240112_000018.jpg



さて、1月11日(木)の稽古です。
この日は湾岸地域にある民間体育施設での稽古となりました。



PSX_20240112_000148.jpg



いつもの稽古場とは東京の西と東に大きく分かれるため、通うのに負担がある人もいると思いますが、それをものともせず集まった会員さんたちと熱気高く修練しました。



PSX_20240112_113140.jpg



柔術としての大東流は、合気道や柔道などとは違い、投げ落として終わりではありません。
昨年までの反省点として、痛みを伴う関節固定などを省略してしまうことも多かったことがありました。

しっかりと固め、極めを施して動きを奪い、技を完成させることを心がけていきます。



PSX_20240112_002910.jpg











続いて1月14日(日)の稽古。

重心移動を使った固定方法や、相手の自由を奪うための位置取りなどをテーマに修練しました。



PSX_20240114_194551.jpg



力ずくで押さえ込んだ場合、相手の反発する力に負けた時点で逆転を許してしまいます。

全身の連動を使って、筋肉の力ではない理合で固めることを目指さなければなりません。



PSX_20240114_193355.jpg



また、関節の捕り方、身体のどこに密着させると効果が出るのか、ディティールの部分も重要です。

全体を大きくとらえながら、細かいところへの目配りも忘れずに。



PSX_20240114_195250.jpg



まさに日常生活でも求められる教訓ではないでしょうか?

大東流の口伝は、古武術以外にも活かすことのできる含意の宝庫です。



PSX_20240114_191453.jpg










最後は1月18日(木)の稽古。

基本の形を修練した後、この日は二カ条の動きで手首を制する鍛錬に取り組みました。



PSX_20240119_004731.jpg



身体の位置取り、捌き、指の使い方…。

理屈はわかっていても相手を前にすると、自分の思う様に動けないのが実際です。



PSX_20240119_005427.jpg



想定と違ったことが起きても、小手先の力で無理やりにこね回さないことを意識して稽古をするのが大事です。



PSX_20240119_005813.jpg



少しずつ、感覚をつかんでいってください!



PSX_20240119_213759.jpg







Posted on 2024/01/22 Mon. 20:28 [edit]

category: 稽古日誌

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  合気柔術  古武術  手刀  連動  重心 
tb: 0   cm: 0

【動画解説】其の四百七十 まわる 大東流合氣柔術 扶桑会  




今回も、肚を「力の出所」にする身体操作について、引き続き解説していきたい。



まわる3



これまで剣を振る動きと膝行で足運びをする場合に、身体の中心から「肚から動く」という意識を持つことによって、大東流合氣柔術の様々な操作に応用できる感覚が養成できることを見てきた。

特に前々回「其の四百六十八 肚で動く」では足と腕を同時に操作する鍛錬法で、強引に肚を使って動く意識付けを行った。







それでは前方後方に複雑に動き回る膝行であればどうなるだろうか?
慣れない動きであるがゆえに、どうしても足先に推進力を頼ったり、上半身による反動を使って身体を進めてしまいがちだ。



まわる5



ここで有効なのは「力は出すものだ」という古武術ならではの思考法である。

どのようなスポーツであっても、あるいは日常生活、仕事においても、私たちは口癖のように「力を入れる」と口にする。
たとえば「力を入れて頑張ろう」、「もっと力を入れなさい」という具合に。



まわる1



今回の動きが特にわかり易いのは、「力を入れる」場合、その部位としては足先と上半身の胸から上になることだ。
実際に試してもらえると良いが、明らかにその部分にしか意識がいかないことに気付かれると思う。

反対に「力を出す」という意識を持ちながら、前後左右への膝行を行ってみてほしい。



まわる4



身体の中心である丹田(肚)の辺りを起点として、放射状に力が発揮される感覚に導かれて、滑るように身体が移動していくはずだ。

ちょっとした意識の違いが、実際の操作においてかくも大きな効果を生む。
「力を出す」という概念については、今後も引き続き研究を重ねていきたい。








Posted on 2024/01/20 Sat. 19:00 [edit]

category: 基本動作

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  合気柔術  古武術  中心  丹田 
tb: 0   cm: 0

【稽古日誌・動画解説】其の四百六十九 令和6年1月8日 稽古初め 大東流合氣柔術 扶桑会  




大東流合氣柔術 扶桑会、令和6年最初の稽古日誌です。
今回は一年の古武術修行の始動となる稽古初めについて、その内容を記していきます。

同時に「稽古初め」と題してYouTube動画も公開しましたので、そちらにも若干の解説を加えてみたいと思います。



PSX_20240108_215247.jpg



1月8日(月・祝)、神道扶桑教世田谷太祠にて、「稽古初めの儀」が執り行われました。

扶桑教は中世から続く富士山信仰「富士講」の流れを汲む教派神道です。
世田谷太祠にはその大教庁(本部)が置かれています。

この日は厳粛な雰囲気の中、古式の神道作法に則って神事が進められました。



PSX_20240108_220608.jpg



神道に限らず、古来から伝わる儀礼や祭式は、現代になってその継承が危ぶまれているものも多くあります。
それらは単純な形式を保存しているのではなく、所作や動きの「形」の中に込められた精神性を伝承していると、私は強く感じています。

一つの儀礼、祭式が失伝するということは、そこに込められた古(いにしえ)の人々の子孫への思いが忘れられてしまうことにほかなりません。







古武術という、現代においては軽視されがちな伝統技術に携わる我々にとっても、こうした現状は共通の課題です。
今を生きている人間は、数えきれないほどの多くの先人の命を受け継いでここに存在しているのだということを、心にとめておくべきであると思います。



PSX_20240108_222716.jpg



稽古初めでは、毎年恒例となっている神前奉納演武も行いました。

一年の初めに、これまでの蓄積と、これから目指す武術の方向を神前で披露します。



PSX_20240108_223020.jpg



動画の中でも見ていただけますが、今年は古式の柔術技を多く取り入れた演武としました。
また、神前での所作をこれまで以上に意識しています。



PSX_20240108_225144.jpg



現代武道でも、厳格な所作を行うところもありますが、私たち扶桑会では、その所作の意義を知り、さらにその精神性を体現することを目指します。



PSX_20240108_230553.jpg



相手とつながり、そのつながりを失わないように技を終える。
その意識は周囲の環境への配慮を失わない心得に通じ、ひいては実生活において自他の関係性を良好に保つことへと転じていきます。



PSX_20240108_230412.jpg



令和6年も、心楽しく充実した稽古に邁進していく所存です。

本年も、大東流合氣柔術 扶桑会の動画解説ブログ、稽古日誌をよろしくお願いいたします。



PSX_20240108_211449.jpg





Posted on 2024/01/13 Sat. 19:13 [edit]

category: 稽古日誌

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  合気柔術  古武術 
tb: 0   cm: 0

【動画解説】其の四百六十八 肚で動く 大東流合気柔術 扶桑会  




  【謹んで新年のお慶びを申し上げます】
 令和6年、大東流合気柔術 扶桑会は創設から10年の節目の年を迎えました。
 私たちはこれまで動画、画像、テキストなどを駆使しながら古武術の思考法や技術を発信してきました。
 そのスタイルは今後も変えることなく、さらに新たな展開を模索していくつもりです。
 今後も、扶桑会の活動をよろしくお願いいたします!




肚で動く1



自動車は大変便利な文明の利器だ。人を乗せ、重い荷物を遠くまで運び、人の労力はたかだかアクセルやブレーキを踏む程度の脚力と、ハンドルやレバーを操作する腕力があれば良い。
昔は井戸や泉まで桶を担いで水を汲みに行くことで得られた飲み水も、現代では指先で水道の蛇口をひねれば手に入る。

欲しい品物はスマホ画面をタップするだけで自宅に届けられ、人と交渉するために遠い道程を移動することもなく、コンピュータ端末を指で操作すれば海外の人ともビデオ映像を通して会話ができる。

2020年代、私たちの社会はさらにこうした「体の末端で何でもできる生活」への傾斜を強めていくだろう。
バーチャル世界の一般化が進めば、脳と機械が直結するような極端な現実感覚が到来するかもしれない。







現代人が作り上げたこの「身体の末端を使うだけで生きていける世界」は、はたして文明として進化しているのだろうか?

いうまでもなく、人は呼吸しなければ生きていけないし、食物を摂取し消化吸収しなければ肉体を維持できない。
空気や血液を循環させるための各臓器が全身に配置され、片時も休むことなく連携しながら私たちの身体の奥底で働き続けている。
人間の生命システムは常に全体として機能し、どれ一つ欠けても身体は成り立たない。

文明が極限まで進んで、身体の末端で「生活を処理する」社会が出現することに、生命体としての人間は根源的な不安を感じ始めているのではないだろうか。
先進国での精神疾患や孤立は増加の一途をたどり、その病理を解明する立場からは「身体性」を取り戻す必要性が指摘されている。自分の身体を、自分のものと感じて生きられないことが耐え難いストレスを生んでいるのだという。

人間は宇宙の一部として、その全身を使って生きるのが自然な姿なのだ。



肚で動く5



さて、今回の鍛錬法「膝行素振り」はまさにその全身を連動させて使うというコンセプトがその中核をなす。

足を使って体を進め、腕を使って剣を振るという操作を同時に行うのだが、その時に体の中心、つまり丹田(肚)を起点に力を発していく意識を働かせる。
足の爪先や剣の柄を握る手に力がこもってしまいがちだが、むしろ体の末端は柔らかくし、肚の中心から力を放出するようにして進んでいく。



肚で動く3



足と腕を同時に使うことによって、却って末端への執着が薄くなる。
始めはぎこちない動きに苛立つことがあるかもしれないが、繰り返し鍛錬していく中で、いつしか身体の中心を発したエネルギーが全身をくまなく通過する感覚に気付くだろう。

その時、身体の奥底に閉じ込められていた人間本来の生きる喜びが湧き出てくるのだ。



肚で動く2



これは、末端だけを使って「生活を処理していく」科学文明に対する、生命の側からのアンチテーゼである。

大仰に聞こえるかもしれないが、これからの時代を生きていく人間にとっては重要な視点ではないだろうか。





Posted on 2024/01/06 Sat. 19:00 [edit]

category: 基本動作

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  合気柔術  古武術  連動  丹田 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

入会はこちらから

大東流合気柔術って何?

これまでの動画と記事

最新記事

最新コメント

カテゴリ

アクセス数

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top