FC2ブログ

扶桑会について

指導者: 石塚嘉 【達人・名人・秘伝の師範たち】
稽古日時:日曜14時半~16時半 / 木曜19時~21時
稽古場所:神道扶桑教 世田谷太祠 東京都世田谷区松原1丁目7−20 【道場紹介】 

入会希望者が参加可能な公開稽古は2月23日(金・祝)13時30分から16時30分まで開催します。
場所は 世田谷区総合運動場 体育館 第一武道場です。
扶桑会への入会を希望される方は 左のメールフォームよりお問い合わせください。

扶桑会のYouTubeチャンネルでは「メンバー限定動画」の配信を始めました。一般公開の動画ではカットしている口伝や、道場でしか見せないコツを取り上げています。
興味のある方は 「Aiki-Kobujutsu」チャンネルホームページ にアクセスして「メンバーになる」から購読手続きしてください!
【扶桑会がTV放送されました!】 縦に使う1 
NHKWorld「J-arena」(↑上の画像をクリックすると無料視聴できます) 
 

【関連商品】 縦に使う1 扶桑会DVD「柔(やわら)の力の完成」←Amazonへリンク   
【Twitter】https://twitter.com/aiki_fusoukai
【Instagram】https://www.instagram.com/aiki_kobujutsu/
【Facebook】https://fb.com/kobujutsu

【動画解説】其の四百七十五 首投 大東流合氣柔術 扶桑会  




(注意:首関節に作用させる技ですので、実施の際は熟練した指導者のもとで稽古してください)

後から羽交い絞めにされたとき、その相手の頭をつかんで前に投げ倒す…今回紹介する動きの概要を端的に言えばそういうことだ。

聞いただけだととても難易度高く思われるかもしれないが、前回までに積み上げてきた「肚で動く」考え方を使えば可能になる。



首投6



相手は後方から脇の下に腕を回してくる。
これによって完全に固定されてしまうとまた別の対処法を考えなければならないので、ここでは相手の攻撃意図を察したら、即座に我が腕を体側に密着させて挟みつけ、相手の腕の動きを止める。







この、腕で挟み密着させる操作を出来る限り柔らかく行うことで、相手に力を伝導させやすくなる。
決して筋力を用いた力技とならないように注意する。「腰で挟む」とでもいうような感覚である。



首投5



この初動によって相手と一体化したような状態を作ったら、いよいよ「肚で動く」意識を使って相手の上半身を自分の前につり出すような操作を行う。

腰を振り、接点を柔らかく動かすことで、相手の頭を「振り出す」ようなイメージを持つ。
最初は小さい動きになりがちだが、下半身から腰~上半身にかけて大きな波が伝わっていくように技をかけてみる。



首投2



上手くできるようになると、相手はほとんど抵抗なく体勢を崩して前のめりになる。
自分がしがみついた大木がやおら回転して、振り回されるようなものと考えてもらえれば良いだろう。

そうなれば自然と視界に入った相手の頭を柔らかく挟み、身体を沈めて前方へ投げればよい。



首投3



この時も、腕の力を使って力で投げてやろうとすると、相手は抗う。

相手の頭に接する手に力は不要だ。ただ、からみつくように、相手を逃げ場に誘導するようなイメージで投げる操作を行えば、比較的安全に技を完遂することができるだろう。





スポンサーサイト



Posted on 2024/02/24 Sat. 19:04 [edit]

category: 後捕

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  合気柔術  連動 
tb: 0   cm: 0

【稽古日誌】令和6年2月8日 12日 15日 大東流合氣柔術 扶桑会  




大東流合氣柔術扶桑会の稽古日誌、今回は2月中旬の修練内容です。

まずは2月8日(水)の稽古から。


PSX_20240219_221112.jpg



真下に沈む意識で、相手を乗せる考え方で技をかけていきます。



PSX_20240219_221519.jpg



実はこの日から10日余り、事情があって私自身が稽古を休みました。
山に籠って修行を行うために、外部とは一切連絡が取れない状況でしたが、会の運営は有段者を中心に自主的に行ってもらいました。
都合三回ほど、いつもの指導者が不在の中での修練です。



PSX_20240219_221319.jpg



この日もテーマを決めてしっかりと取り組んでくれたようです。
こうしたことも、会全体として成長していくきっかけにしてもらえれば、と思います。



PSX_20240219_221739.jpg







続いては2月12日(月・祝)、公共施設での稽古です。



PSX_20240219_222028.jpg



攻撃の種類を変えながら、小手返しの習熟をテーマに修練しました。

正面打ち、中段突き、両手取り…それぞれの攻撃に対して捌き方が異なります。



PSX_20240219_222248.jpg



一方、手首から先を固定することによって全身に力を伝え、崩していくという根幹部分はどの攻撃法であっても同じです。



PSX_20240219_222548.jpg



この日の稽古では、終盤に基礎鍛錬の重要性を強調してまとめたということで、大変意義のあるものだったと感じます。



PSX_20240219_222721.jpg







最後は2月15日(木)の修練です。
この日までは、いつも受け手をしてくれている会員が教授代理として指導に回ります。



PSX_20240219_223038.jpg



肘の外側と内側を攻めて崩しをかける動き。
どちらもそれぞれ触る位置と、力の方向が異なります。



PSX_20240219_223347.jpg



単純に形を繰り返すだけではなく、大東流の技法を要素に落とし込んで、分類整理しながら理解しやすいように修練できたと思います。
稽古内容を吟味して組み立てていくのも、大事な訓練です。



PSX_20240219_222924.jpg



この経験を活かして、今後もさらに成長していってくれることを望みます。



PSX_20240219_223549.jpg












Posted on 2024/02/22 Thu. 22:48 [edit]

category: 稽古日誌

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  合気柔術  小手返 
tb: 0   cm: 0

【動画解説】其の四百七十四 回って制する 大東流合氣柔術 扶桑会  




前回は軸を作って後方の相手に素早く向かい合うという動きを解説した。

その動きの原理を使って、今回は実際に相手に対して力を発揮し、制するまでの一連を見てみよう。



立襟捕2



相手は後ろから首のところにある衣服をつかむ。
道着の場合、この部分を立ち襟(たちえり)と呼ぶ。

掴んだ後は引きずり落とすなり、固定したまま空いた方の手で攻撃を加えてくる心づもりだ。







この時、相手の(掴んだ)腕の内側に入るように回転する。
これが外側に回った場合でも慌てることはない。その時は別の崩しをかければよい。

いずれにせよ、前回の動画解説で述べたように、「軸に落下する」ような意識で体を一本にして体を回転させるのだ。



立襟捕4



さて、「体の転換」で相手と向かい合ったとき、大事になってくるのはここでも「軸」の安定性である。

相手の攻撃をけん制するために伸ばした腕を顎に当て、相手が立ち襟をつかんでいる手を手刀で「はさむ」。
この時に自分の軸を中心にして、体を前後に開くのだ。



立襟捕3



これは決して、腕の力で押したり引っ張ったりするのではない。
むしろ腕は脱力し、柔らかく相手を接触させた状態で、腰の操作によって相手の身体に張りを作る。

この口伝を「押し引き」というが、これを力による作用と勘違いしないことが重要なのだ。



立襟捕1



たとえるならば、弓を引くような動作といえようか。
腰を回転させることで、接点の間の距離を広げる。その操作においても、振り向くときに作った軸を使うのである。

これも筋力によらない柔らかい力が要求される操作だ。
稽古の中で会得していってもらいたい。









Posted on 2024/02/17 Sat. 19:00 [edit]

category: 後捕

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  合気柔術  手刀  古武術  転換 
tb: 0   cm: 0

【動画解説】其の四百七十三 軸で回る 大東流合氣柔術 扶桑会  




「体の転換(たいのてんかん)」とは、体の向きを変更することをいう大東流合気柔術の術語である。

武術における転換とは、向きを変えることによってより安定した力を発揮できる状態を作るという意味を含んでいる。
ただ顔の方向が変わればいいというものではない。



軸で回る1



つまり、転換を行った後でも自分の身体が体術的に十分な状態であるかどうかが問われるということだ。
今回の動画では、「軸」の概念を使って転換の前後でも対応力に差が出ないように動くことを目指した。







これまでの動きでは腰の位置を移動させることによって、体全体を一つの塊として動かす意識を高めてきた。

ただ、今回の動きにおいては後ろにいる相手に対していかに素早く、かつバランスを崩すことなく(自然体のままで)向き直ることができるかということが主眼である。



軸で回る2



腰の位置はその場で180度向きを変えればよいのであるから、腰の片側に一本の軸を通して、その軸を支点として回転することが効率がいい。



軸で回る5



この時、軸に対して力を入れ、地面を蹴るようなイメージで動いてしまうと、見かけ上のスピードは出るかもしれないが、どうしても力のバランスが偏ってしまう。

簡単に言うとグラついてしまうのだ。



軸で回る3



それを避けるため、今回の動画では、軸に取った足を股関節から一瞬緩めて、沈み込むような意識をとりながら動くことを提唱している。

言葉では伝わりずらいかもしれないが、膝、くるぶしを柔らかく使い「地球の中心に落ちる」意識で、その落下感を利用して体を方向変換するのだ。

こうすることで、古武術的な瞬間の動きが可能になる。実際に稽古の中で体感していただければ、幸いである。





Posted on 2024/02/10 Sat. 19:00 [edit]

category: 基本動作

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  合気柔術  古武術  連動  中心  転換 
tb: 0   cm: 0

【稽古日誌】令和6年2月1日 4日 大東流合氣柔術 扶桑会  




大東流合氣柔術 扶桑会の稽古日誌。今回は2月初旬の稽古内容について記録していきます。

まずは2月1日(木)の稽古から。



PSX_20240201_233732.jpg



手首を取って2カ条から3カ条に変化する操作。

仮に一つの技が効かなかったとしても、次から次に変化して相手を制していく大東流の特徴がよく出た動きです。



PSX_20240201_232854.jpg



さらには小手の内側と外側を極める4カ条の操作。

手先の力でこね回してしまいがちですが、それでは力が伝わりません。



PSX_20240201_234507.jpg



むしろ手首から先はゆったりとさせて、身体全体の力が接点に集中するように施術します。

上手くいったら飛び上がるほど効きますが、不思議と「イやな」痛みではないんです。
この辺りにも、古武術大東流の秘密が隠されているように思います。



PSX_20240202_000140.jpg















続いて2月4日(日)の稽古。

この日は公共の運動施設で修練させていただきました。



PSX_20240204_222025.jpg



大東流合氣柔術は初動で相手の動きを無力化することにその特徴があります。

いわゆる「詰める」動きがその代表的なもので、両手取り、片手取りなどをその接点を通じて相手に力を返していくような意識で、肩や肘、手首関節などを固定してしまう操作を行います。



PSX_20240204_225228.jpg



一方で、相手の攻撃を敢えて受け止めず、その力の線を延長させるような形で崩しをかける技術の体系も存在します。

こちらはやや上級者向けとなりますが、この日の稽古ではその二つの手法に取り組んでみました。



PSX_20240204_232753.jpg



相手に手首をつかませるように見せかけながら、そのまま誘導して体勢を崩すなど、慣れない動きでしたが新鮮な気持ちで修練できたと思います。



PSX_20240204_221359.jpg



単純に末端だけを使った動きでは、相手は乗ってきません。
心理的な面も含めた、「相手と一体化する」意識が重要になってきます。

どちらの手法においても、共通する点があることに気づいてくれたのではないでしょうか。



PSX_20240204_234023.jpg









Posted on 2024/02/06 Tue. 19:37 [edit]

category: 稽古日誌

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  合気柔術  手刀  古武術  姿勢  重心  攻撃線 
tb: 0   cm: 0

【動画解説】其の四百七十二 腰が先 大東流合氣柔術 扶桑会  




今回は相手の目の前から「消える」ように感じさせる動きについて解説してみたい。

これもやはり、腰、肚の意識がポイントとなる身体操作だ。



腰が先4



まずは空間上にある自分の腰の位置を感得するところから始める。

日常生活の中で自分の身体の位置、在り場所を意識化することはほとんどない。
その空間認知は無意識下で自動的に行われている。

そこを敢えて意識化してとらえるのだ。







たとえば歩いているときであれば、足の運動に連れて腰が平行移動していく感覚や、微妙に上下する感覚が得られるだろう。

次に足の運動によって腰の位置が変わるのではなく、腰の空間座標が移動することによって、上半身と下半身がそれに追随するというように認識を「ずらす」。



腰が先2



今回の動画で取り上げた動きを、上に述べたような思考の転換とともに行ってみると良い。



腰が先3



修練を重ねることにより腰、肚を中心に自分の身体を動かしていく感覚を養成していくと、上半身にかかる慣性力や、下半身が地面を蹴る際にかかる筋力的な負担が軽減し、身体が一つの塊になったように感じられる。

扶桑会では、この身体が一塊になる感覚を「一本になる」と呼称している。



腰が先5



動画の最後に紹介した「三角飛び」はまさにその「一本になる」感覚の養成を行うものであり、扶桑会の稽古の中では重要メニューとして必ず毎回行っている。

皆さんも日々の訓練に取り入れてみてはいかがだろうか。







Posted on 2024/02/03 Sat. 19:00 [edit]

category: 基本動作

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  合気柔術  連動 
tb: 0   cm: 2

【稽古日誌】令和6年1月21日本稽古 25日 28日 大東流合氣柔術 扶桑会  




大東流合氣柔術 扶桑会の稽古日誌。今回は1月下旬の稽古内容について記していきます。

まずは1月21日(日)。この日は今年最初の本稽古でした。



PSX_20240121_160329.jpg



大東流の基本的な考え方、核心技法を重点的に修練する本稽古ですが、この日のテーマは「千鳥足」です。

その場にいながらにして腰の位置を変え、身体を捌いて力の方向を変える身体操作です。



PSX_20240121_162944.jpg



両足のつま先が180度近く開くことから「千鳥足」の呼称がついたと推察されますが、実際の操作では足の形にとらわれてはいけません。

重要なことは腰の方向がしっかりと変えられるかどうかにあります。



PSX_20240121_162249.jpg



手を変え品を変えて様々な方向から研究を行いましたが、若干時間切れの感もありました。

「千鳥足」とその周辺技法については、今後も継続的に取り上げていこうと思います。



PSX_20240121_155851.jpg
















続いては1月25日(木)の稽古です。
この日は初級者のための形稽古を多めにし、その分回数をこなす修練内容としました。



PSX_20240125_232919.jpg



扶桑会においては、形を習得し、古武術の理解を深めていくのと同等に重視しているのが「受身」の習熟です。

この日、稽古後の感想では、会員それぞれが思わぬ転倒やアクシデントにあった時、とっさの受身で危険回避したという体験談を次から次に聞かせてくれました。



PSX_20240125_232054.jpg



自転車で転んだ、坂道で滑った、階段から落ちた…。いずれも大事に至らず、何事もなかったかのように次の行動に移れたということです。

考えてみれば、「護身」という概念として、受身ほど「即効性のある技術」はないと言えるでしょう。



PSX_20240125_233438.jpg



一般的な生活者として、「でんぐりがえり」のように身体を回転させることを日常的に行っている人は稀です。

扶桑会の稽古では毎回、前受身、後ろ受身、横受身、前方回転受身、後ろ回転受身を反復修練しています。
身体を大きく回転させることは神経機能の強化や平衡感の調整につながり、身体感覚は必ず研ぎ澄まされて行きます。

慣れないうちは恐怖感があるかもしれませんが、経験者が丁寧にわかり易く指導します。

安全に受身の練習をしてみたい方は、扶桑会の稽古に参加してはいかがでしょうか。



PSX_20240125_234834.jpg
















最後は28日(日)の稽古。

この日は体捌きについて研究しました。



PSX_20240129_104708.jpg



いつもやっている基本的な技も、体の捌き方を少し変えることで、全く違う動きになることを体感します。



PSX_20240129_093003.jpg



手先の動きに注目しがちですが、手首や肘の関節を捕る時点においては、相手はすでに崩れているのです。



PSX_20240129_093145.jpg



そのためには、接触点を丁寧に扱い、全身の動きで身体の捌きを使うことが必要となります。

当然力任せに振り回すのではなく、柔らかく繊細な感覚を忘れてはいけません。



PSX_20240129_103007.jpg



古武術としての大東流合氣柔術の、核心部分に迫るような稽古になりました。



PSX_20240129_110251.jpg









Posted on 2024/02/01 Thu. 17:28 [edit]

category: 稽古日誌

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  合気柔術  手刀  古武術  中心  連動  受身 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

入会はこちらから

大東流合気柔術って何?

これまでの動画と記事

最新記事

最新コメント

カテゴリ

アクセス数

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top