FC2ブログ

扶桑会について

指導者: 石塚嘉 【達人・名人・秘伝の師範たち】
稽古日時:日曜14時半~16時半 / 木曜19時~21時
稽古場所:神道扶桑教 世田谷太祠 東京都世田谷区松原1丁目7−20 【道場紹介】 

入会希望者が参加可能な公開稽古は4月29日(月・祝)13時30分から16時30分まで開催します。
場所は 世田谷区総合運動場 体育館 第一武道場です。
扶桑会への入会を希望される方は 左のメールフォームよりお問い合わせください。

扶桑会のYouTubeチャンネルでは「メンバー限定動画」の配信を始めました。一般公開の動画ではカットしている口伝や、道場でしか見せないコツを取り上げています。
興味のある方は 「Aiki-Kobujutsu」チャンネルホームページ にアクセスして「メンバーになる」から購読手続きしてください!
【扶桑会がTV放送されました!】 縦に使う1 
NHKWorld「J-arena」(↑上の画像をクリックすると無料視聴できます) 
 

【関連商品】 縦に使う1 扶桑会DVD「柔(やわら)の力の完成」←Amazonへリンク   
【Twitter】https://twitter.com/aiki_fusoukai
【Instagram】https://www.instagram.com/aiki_kobujutsu/
【Facebook】https://fb.com/kobujutsu

【動画解説】其の四百八十 霞に構える 大東流合氣柔術 扶桑会  




「千鳥足」の足捌きを紹介するシリーズの2回目である。

今回はこの操作を理解するうえで、大東流合氣柔術の一ヶ条「切返」という形を用いて解説を加えてみたい。



霞に構える1



前回説明した通り、「千鳥足」は第一義として「腰の向きを変える動き」を利用した技法である。

それも相手の攻撃に衝突することなく、その場で一気に方向の転換が可能だ。
この特性を利用して、相手に掴まれたところに負荷をかけず崩しをかけて、投げ飛ばしてしまうのが「切返」である。



 



動画にあるように、この形は「千鳥足」の足捌きを行うだけでは効果を得られない。

腰の向きを変えるということは、上半身もそれに連動して方向が変わらなければならない。
しかし、相手に肩を抑えられている状況では、なかなか上半身の連動が起きづらいのが現実だろう。

どうしても肩の接点を意識してしまって力が入り、「ぶつかり」が生じてしまう。



霞に構える4



そこで、今回は剣を使ってその弊害を除いてみよう。

「千鳥足」を切り、身体を半身にして、相手に向けて剣を水平に構える「霞」の構えを取る。
この時にしっかりと剣先を感じて、その延長線上にいる相手に力を伝えることを意識してみる。

下半身から腰、そして上半身と、全身を一つにして剣に力を乗せ、放出するイメージで構えるのだ。



霞に構える7



ひとしきり剣を使った構えを練習したら、実際にこれを体術に移してやってみる。

掴まれているところに気を取られすぎず、剣を構えた時の形に全身をアジャストしてみよう。



霞に構える5



最初はどうしても、肩で相手を引っ張り込もうという意識が働くが、そういうときには再度「剣を構える」という単独操作に立ち返ってみる。

できるだけ身体を大きく動かして、腰の力を発揮するところを心がけてほしい。





スポンサーサイト



Posted on 2024/03/30 Sat. 19:00 [edit]

category: 両肩捕

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  合気柔術  連動  転換 
tb: 0   cm: 0

【動画解説】其の四百七十九 千鳥足 大東流合氣柔術 扶桑会  




今回からは古武術大東流の足捌きの一つである「千鳥足(ちどりあし)」について、様々な角度から解説していく。
思いのほかバリエーションが増えてしまい、2~3か月は「千鳥足」関連の動画が続くことになるが、最後までお付き合いいただいた暁には、この足の使い方が相当程度身につくことになるはずだ。



千鳥足2



なお、動画の中では省略してただ「千鳥(ちどり)」とだけ発語していることが多々あるが、これは単に言葉足らずであるだけで、本来は「足」をつけて呼称するのが正しい。

しかしながら、この「足」を省略する呼び方が、はからずもこの操作法の問題点に触れてもいるのだ。
そうした点もこの連作の中で明らかにしていきたい。







さて、冒頭で述べたように「千鳥足」とは足捌きの一種である。

相手に対して自分の位置を変える際に、二本の足を片方ずつ動かしていくのが通常の移動方法ではあるが、千鳥足においては足を交叉させるように操作することで、一動作で身体を90度方向転換することができる。

このことがまさに千鳥足が移動の速度において優位性を持っている点だ。



千鳥足4



身体操作上の注意としては、まず「腰の向きを変える」という意識を持つこと。

その意識の中で身体を向ける側の足の爪先を大きく外側に開く。
これを軸足として、そのふくらはぎにもう一方の脚の膝を乗せるようにする。



千鳥足3



慣れてきたら「一本足で立つ」くらいの気持ちで動いてみると良い。
最初は難しく感じられるかもしれないが、そうすることで安定した体位を作ることができる。



千鳥足5



動画の中では方向の変化を可視化するために木剣を使用している。

さらに剣を構えることで、単なる足捌きの修練ではなく、姿勢を崩さずに動くことが主眼であるのだと感得できる。
骨盤に上体がまっすぐ乗った「自然体」であってこそ、有効な動きであることを心得てもらいたい。








Posted on 2024/03/23 Sat. 19:00 [edit]

category: 基本動作

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  古武術  姿勢  転換 
tb: 0   cm: 0

【稽古日誌】3月14日、17日 本稽古、20日 大東流合氣柔術 扶桑会  




大東流合氣柔術 扶桑会の稽古日誌、今回は3月中旬の修練内容について記していきます。

まずは3月14日(木)の稽古。
この日は畳の道場を使うことができず、普段剣道場として使われている板間の施設での稽古となりました。



PSX_20240314_214256.jpg



そのため大きな受身や居捕(座った状態で行う技)は最小限に止め、手首や肘の操作法や、剣を使った動きの修練を中心に研究しました。



PSX_20240314_214818.jpg



木剣を使った修練では、青眼の構え方、運歩などの基礎から、四方投げ、一本捕を剣を使って単独で鍛錬する方法に取り組みました。

すでに「独習法」としてYouTube動画に公開している動きですが、改めて皆で共有することで、その価値を再確認しました。



PSX_20240314_215646.jpg



一人稽古にも十分に生かせる修練法です。
剣の理合の体得に役立ててください。

※「独習法」は当ブログ内「カテゴリ>基本動作」の中に格納されています。



PSX_20240314_220631.jpg











3月17日(日)、この日は3月の本稽古でした。

扶桑会の本稽古ではこれまで何度も取り上げているのですが、この本稽古でも「自然体」をテーマに3時間の研究をしました。



PSX_20240317_230227.jpg



我々が「自然体」と呼ぶ身体を作るためには、地球に働く重力を感じて、それを受け入れることから始めます。

つまり、身体感覚において自分が生きている環境と素直に合致していくことを目指すのです。



PSX_20240317_224025.jpg



やがて修行が進めば、その感覚は他者との関係性にも及んでいくでしょう。

自他を過剰に区別し、自我をあくまで押し通すことが人を不自由にします。それは、私たち現代社会に生きるものが負う宿痾(しゅくあ)といってもよいと思います。



PSX_20240317_220150.jpg



それを乗り越えることを、扶桑会の稽古では目指していきます。



PSX_20240317_232413.jpg












最後は3月20日(水・祝)の稽古。



PSX_20240320_191934.jpg



相手との接点をいかに「持たせたまま」にするか。

脱力、手刀の使い方、粘着など個々の操作法を統合して、相手が握ったところを離せなくさせる動きに取り組みました。



PSX_20240320_184426.jpg



身体操作もさることながら、相手とぶつからず、ひたすらくっついていくという動きには、心理的な意識改革が必要です。



PSX_20240320_181840.jpg



その根本の考え方を、日本古武術の修練を通して心に定着させていけるといいですね。



PSX_20240320_195006.jpg
















Posted on 2024/03/23 Sat. 09:25 [edit]

category: 稽古日誌

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  合気柔術  手刀  古武術  受身  自然体  剣の理合  一本捕 
tb: 0   cm: 0

【動画解説】其の四百七十八 諸手返し 大東流合氣柔術 扶桑会  




前回は持ち上げられた腕を、いわゆる「筋力」を使わずに下げる動きを解説したが、今回はそれと逆の操作、「上げる」動きである。



諸手返し1



ただ単純に「上げる」といっても、相手が両腕で抑え込んでいるところを打開するのだ。

ここでは掴まれた片腕に相手が縋り付くようにして手を離せなくさせ、そのうえで手刀を立てて腕を振り上げると、相手の腰が浮き、つま先立ちになるところまでを目指す。







動画では相手の腰を浮かせた後、2カ条から3カ条に手首を極めて、前方に投げる動きまでを行っているが、ここでは相手を持ち上げるまでの動きを中心に述べていく。

カギはここでも「初動」である。



諸手返し5



相手は両腕でこちらの片腕を押さえにかかる(諸手取)。
これに対して肩から先の腕力を作用させても、到底動かせないということは前回までの動画解説でも再三強調してきたことだ。

ではどうするか。
相手の力をいったん受け入れるように、自分の身体の内部にまで感じてみる。
次の瞬間、相手が掴んでいる感覚を変えないように、接点ごと「ずらす」のだ。



諸手返し2



ここで、前回述べた「肩を落とす」動きが再登場する。
肩、といってもその付け根、肩甲骨までを含めた大きなユニットを指すが、その部分を脱力して重力に沿うように落としてみてほしい。

相手は接点に何の違和感も感じないまま、体全体がわずかに動いてしまう。
その微動を見逃さずに、手刀を摺り上げるようにして上に操作するのだ。



諸手返し6



この時に重要なのが、腕の内側、つまり力瘤の出る方の筋力を作用させないことだ。

そうではなく、小指から尺骨、二の腕の裏側の線を意識して斬り上げてみるとよい。
伸筋を使った脱力によって、思わぬ力が相手に伝わることが体感できるだろう。




Posted on 2024/03/16 Sat. 19:00 [edit]

category: 諸手捕

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  合気柔術  手刀  古武術  中心 
tb: 0   cm: 0

【稽古日誌】令和6年3月3日、7日、10日 大東流合氣柔術 扶桑会  



大東流合氣柔術 扶桑会の稽古日誌、今回は3月上旬の修練内容を記録していきます。

まずは3月3日(日)、この日は「桃の節句」でした。
春の訪れを間近に感じながら、会員さんが差し入れてくれた「桜餅」を皆でいただきました。



PSX_20240303_193405.jpg



稽古の方は手先ではなく、全身を使うことをテーマに。

手首から小手にかけてを様々な手法を使って極める動きを修練しました。



PSX_20240303_200903.jpg



腕や手に力を込めてしまうと動かない相手の身体も、肩から先を脱力して腰から出る力で操作すると、あっけないほど自由になります。



PSX_20240303_200738.jpg



これを単なる武術技法としてのみとらえるのではなく、生活一般に援用できる智慧として活かしていく…。

扶桑会の目指すところは、そこにあります。



PSX_20240303_202415.jpg












続いては3月7日(木)の稽古。

この日の稽古では、相手との間合いを活かして技をかけることを目指しました。



PSX_20240307_225011.jpg



大東流を始めてしばらく経ち、ひと通りの動きを覚えると、気持ちが前に出ていくようになります。

それは大変良いことですが、一方で相手との適切な距離感を見失うことにもつながりがちです。



PSX_20240307_225342.jpg



相手との距離を保ち、その間合いを壊さないようにしていれば、こちらから出ていかずとも相手の方から体勢を崩してくれることが多々あるのです。



PSX_20240307_230004.jpg



引いてはいけないが、出すぎてもいけない。

このあたりにも古武術ならではの考え方が秘められています。



PSX_20240307_230414.jpg












最後は3月10日(日)の稽古。

この日はオーストラリアのメルボルンにある空手道場の生徒さんが参加されました。
4月にはその道場の師範をはじめ7人の空手家が来日し、扶桑会に出稽古に来られるということで、その事前視察としての体験稽古です。



PSX_20240310_212711.jpg



これまでに各種メディアで紹介されたこともあり、各方面から扶桑会の古武術について問い合わせをいただきますが、本当にありがたい御縁だと感謝しています。



PSX_20240310_204954.jpg



私たちが世田谷でささやかに続けてきた営みが、少しずつ広がりをもって世界の人びととつながりを持ち始めています。



PSX_20240310_211836.jpg



大きく広く、そしてまた深く浸透していくように。



PSX_20240310_205402.jpg



これからも日々精進してまいります。



PSX_20240310_224216.jpg











Posted on 2024/03/13 Wed. 17:30 [edit]

category: 稽古日誌

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  合気柔術  手刀  古武術 
tb: 0   cm: 0

【動画解説】其の四百七十七 肩を落とす 大東流合氣柔術 扶桑会  




肚から力を発揮することで、接点や身体の末端だけの「小手先の力」ではなく、身体全体を効率よく使うことができるというのが古武術大東流の核心にある考え方であるが、今回紹介する技法も、その流れに沿った操作だ。



肩を落とす2



顔の前に掲げた一本の腕を、相手が力いっぱい両手でつかんでくる。
ちょうど刀を構えた腕を食い止めるような感じだ。

片腕と両腕のせめぎあいであるから、物理的に考えれば二本の腕の方が負けることはない。
つまり、腕を斬り下すことはできない、ということだ。







実際、技をかける方が腕の力をもってして強引に引き下ろそうとしても、そう簡単に事は運ばない。
相手の強い抵抗を受けて、膠着状態に陥ってしまう。

そこで、腕そのものの力を一瞬停止させて、肩甲骨を含んだ肩のブロック全体をストンと落としてみる。
このときに肘を使って引き落とすようにすると引っ掛かりができて止められてしまう。
ただ、重力に任せるようにして肩から先を丸ごと落とすようにする。



肩を落とす4



掴んでいる側にとっては、自分が掴んでいる腕が突如宙に浮いたように感じられて力の行き所を見失ってしまう感覚になる。
強くつかんでいる場合ほど、その時の感覚の変化は急である。



肩を落とす1



その相手の感覚を見逃さずに、手刀を振り下ろす。

これも少しでも相手の手にぶつかるように下ろしてしまうと抵抗を受けてたちまち止められてしまう。
肩を下した時と同様に、柔らかく、重力に従うような気分で斬り落とすことが肝心だ。



肩を落とす3



もちろん、ここに記したようにしただけではどうにも相手が動かないということも考えられる。
「相手とぶつからない」操作というのは聞いてすぐにできるほど単純なことではない。

これまでの本稽古で修練してきた「脱力」と「
手刀の使い方」の要素を援用しながら練習してみてほしい。










Posted on 2024/03/09 Sat. 19:00 [edit]

category: 諸手捕

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  合気柔術  手刀  古武術  丹田 
tb: 0   cm: 0

【稽古日誌】令和6年2月18日 23日本稽古 25日 29日 大東流合氣柔術 扶桑会  




大東流合氣柔術扶桑会の稽古日誌、今回は2月下旬の修練内容について記していきます

まずは2月18日(日)の稽古。


PSX_20240218_212355.jpg



この日は手首の極めを中心に様々な形を研究しました。

崩しては取り替え、また新しい形に極める…の繰り返しです。



PSX_20240218_221134.jpg



言葉は悪いですが「死人に鞭」と言われるように、大東流合氣柔術では次から次に技を変化させて相手をがんじがらめにしていく技法があります。

そこには、一つの形にこだわることなく臨機応変な考え方で敵に対応するようにとの口伝も含まれています。



PSX_20240218_213807.jpg



扶桑会ではまだまだ初歩の段階ですが、これから磨きをかけていこうと考えています。



PSX_20240218_215741.jpg









2月23日(金・祝)は2月の本稽古。

先月に引き続き「千鳥足」の研究を時間をかけて行いました。



PSX_20240223_195107.jpg



方向の切り替え、垂直に沈む操作…。



PSX_20240223_194258.jpg



初動でぶつからず、柔らかく相手に力を伝えるところはすべてにおいて共通です。



PSX_20240223_202137.jpg



一つの技法である「千鳥足」ですが、そこから古武術大東流の核心的な考え方をとらえてほしいと思います。



PSX_20240223_203619.jpg










続いて2月25日(日)の稽古。



PSX_20240225_235948.jpg



接点や手先だけに気を取られず、全身を大きく使うことをテーマに。



PSX_20240226_000953.jpg



動きが小さくなると、自然体から遠ざかります。



PSX_20240226_000528.jpg



私たちは個々の自我を有した人間ではありますが、大宇宙の一構成要素と捉えることもできるのです。

あくまで自然の中の存在として、誰が見ても美しいと感じられる姿勢が扶桑会の目標です。



PSX_20240226_003102.jpg








最後は2月29日(木)。久しぶりに世田谷の扶桑教太祠での稽古となりました。



PSX_20240229_222359.jpg



相手の身体に「張り」を作ることを念頭に修練。



PSX_20240229_221834.jpg



小手先の出力では「張り」を作ることは出来ません。

相手の身体を緊張させずに、伸ばすことで可動域を奪う考え方です。



PSX_20240229_221643.jpg



日々異なるテーマで研究を重ねながら、その根幹を求めて修練していきます。



PSX_20240229_233454.jpg














Posted on 2024/03/04 Mon. 17:43 [edit]

category: 稽古日誌

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  合気柔術  古武術  姿勢  自然体 
tb: 0   cm: 0

【動画解説】其の四百七十六 軸に乗る 大東流合氣柔術 扶桑会  




今回も体軸の移動を使って崩しをかけていく操作について解説してみたい。

受け手は中段突きで攻撃を加えてくる。そうした状況への対処法としても有効だ。



軸に乗る2



相手の突きを外側に捌くのだが、この時に手刀を突きの内側に巻き込むようにして払いを入れる。
これを腕の力で強引に行うと、肩から先の腕が動くに過ぎず、相手の体幹は崩れない。







動画の中で再三言及している通り、充分に相手の身体が吊り出される位置まで自分の重心を移動させることが重要だ。

それもただ単純に体を移動させるのではなく、動かす脚と上半身にしっかりと軸を作り、そこに体重を乗せることで相手の身体は大きく崩れていく。



軸に乗る1



ここでは腕の力はほとんど使わない。

柔らかく小指から尺骨にかけての部分―これは手刀でいうと「刃」ということになる―を伸ばして、全身の移動に連動させていく。
この操作で相手は抵抗の意志を持つ間もなく体勢を崩されるのだ。



軸に乗る5



相手が外側に崩れたら、間髪を入れずに今度は相手の背後に重心移動する。
同時に相手の頸動脈に手刀の峰を当てて斬り落とすように腰を回転させると、たまらず相手は倒れてしまう。

これも実際には腕の力はほとんど使わない。
手刀はただ柔らかく相手に接しているくらいの方が強烈に効くのである。



軸に乗る3



激しく突きかかってくる相手に対して、接点がぶつからないように「大きく」動いていく。

傍目からは腕の力を使って倒しているように見えるかもしれないが、技の成否はいかに柔らかく全身を使えるかにかかっているのだ。






Posted on 2024/03/02 Sat. 19:00 [edit]

category: 中段突

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  合気柔術  連動  重心  手刀 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

入会はこちらから

大東流合気柔術って何?

これまでの動画と記事

最新記事

最新コメント

カテゴリ

アクセス数

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top