FC2ブログ

大東流合気柔術 東京稽古会スケジュール

次の本稽古は 12月23日(日) 15時半から17時半まで
場所は 世田谷区総合運動場 体育館 第一武道場です。
参加費用は3000円です。 参加ご希望の方は 左のメールフォームよりお問い合わせください。

 

また、1月14日(月・祝)にも本稽古を行う予定です。自主稽古は随時開催しています。
(※自主稽古には東京稽古会会員のみ参加可能です)詳細はお問い合わせください

其の百十三、折りたたむ 大東流合気柔術 東京稽古会  

相手の手首を折りたたむようにして地面につけ、制します

こう書くと、いかにも力技で相手をねじ伏せるようなイメージを持たれるかもしれませんが、ハズレです。


折りたたむ7


例によって、力を使わずにやったほうがスムーズに相手を倒せるんですね。古武術では。
動画を見ましょう。





相手に手首を掴まれます。
前回やった「手を開く」操作で相手の攻撃を止めます。(其の百十二、開いて止める

手首を柔らかく使い、相手の腕の上から巻き付けるようにして、手首をつかみます。
この時、手先だけを動かしたのでは、上手くいきません
相手に「嫌がられる」、つまり、相手の抵抗を受ける感じが強くなります。


折りたたむ3


手を動かすときには、必ず身体全体で操作すること。
これまで何度もやってきましたから、分かりますよね。(「其の百三、連動する」「其の百十、前に置く」など)

相手の腕の外側に手刀を回すときには、身体を外に向け、次に内側に斬りこむときにはまた腰を内側に回します。


折りたたむ6


こうすると、不思議なことに、相手の手首はさほどの抵抗感なく折れてくれます。
これは、相手が強い力で握っていればいるほど、そうなります。

バットの両側を二人で握って回しあいっこしたら、太い側を持った人が、有利ですよね。
太い方を子供が握って、細い方をプロレスラーが握っても、子供が勝ちますよね。
あれ?このたとえ合ってましたっけ???
つまり、手首がバットの細い方で、腰がバットの太い側ですといいたかったんですが・・・あかん、混乱してきた。


ともあれ。

相手の手が曲がったら、空いた片方の手を手の甲に添えるようにして優しく折りたたむようにします。


折りたたむ5


この時点で相手の腰は崩れているはずですから、そのまま自分の体勢を低くすると、あっけなく相手は倒れてくれます。

ここも、力任せに手の力で押し崩そうとしてはダメです。
相手の手を握っている接点には、必要以上の圧力をかけず、身体全体を連動させて低くなることがコツです。

これで、相手は抵抗なく倒れます。


折りたたむ2


あらためて、自分の書いた文章を読み返すと、「インチキ臭いぞこいつ」と思われるんじゃないかと心配ですが・・・。

でもホンマやねんもん!

気になる方は、一度稽古会へどうぞ。
東京稽古会は、誰でも参加できますので。体験も可能です。


関連記事

Posted on 2016/07/18 Mon. 09:38 [edit]

category: 片手捕

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  合気柔術  古武術  姿勢  手刀 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kobujutsu.jp/tb.php/116-c8a49986
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

稽古への参加希望はこちらから

大東流合気柔術って何?

これまでの動画と記事

最新記事

最新コメント

カテゴリ

アクセス数

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top