FC2ブログ

大東流合気柔術 東京稽古会スケジュール

次の本稽古は 11月17日(日) 9時30分から11時30分まで
場所は 世田谷区総合運動場 体育館 第一武道場です。
参加ご希望の方は 左のメールフォームよりお問い合わせください。


 
また、自主稽古はおおむね週1~2回開催しています。(※自主稽古には東京稽古会会員のみ参加できます)
詳細はお問い合わせください

其の二百六十、開いて崩す 大東流合気柔術 東京稽古会  




前回座ったまま(居捕)でやった操作を、今度は立って行います。
同じく、全身の連動と脱力が重要になります。

動画を見ましょう。







両手首を握って押し込んでくる相手の力を受けとめます。
腕の力で押し返さず、肩から先は脱力して、手刀を張ります。

次に、腰を開くようにして身体の向きを変えます。
この時、下半身の動きに追随するように上半身を動かします
つまり、接点である手首も同じように腰と一緒に開きます。



開いて崩す3



この動きが、腕の力で行われた場合、相手の身体は動きません。正確に言うと、腕が引っ張られるようになり、体幹部分は動かないんですね。

相手と接点でつながりを作ったうえで、身体全体で操作していくことが大事です。
連動と、脱力ですね。



開いて崩す4



身体を開く動きで、相手の身体が少しでも崩れたならば、それを追うように、さらに全身を動かしていきます。

初めは膝~腰~肩の線をそろえるような意識で動かしてみると、分かりやすいかもしれません。
手だけで押し込んでみたり、腰の動きに遅れてからが出たりすると、引っかかるような感覚が出てくると思います。



開いて崩す5



稽古を重ねるうちに、そのあたりが敏感に感じられてくるはずです。
常に意識して修練していくことで、徐々に体感出来てきますよ。

古武術独特の感覚を、味わってみませんか?
東京稽古会に参加してみたい方は、ブログに設置してあるメールフォームでお問い合わせください。



関連記事

Posted on 2019/11/08 Fri. 21:17 [edit]

category: 両手捕

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  合気柔術  手刀  古武術  連動  居捕 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kobujutsu.jp/tb.php/301-e30e56b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

稽古への参加希望はこちらから

大東流合気柔術って何?

これまでの動画と記事

最新記事

最新コメント

カテゴリ

アクセス数

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top