FC2ブログ

大東流合気柔術 東京稽古会スケジュール

次の本稽古は 8月15日(日)14時00分から17時00分まで
開催場所は 高津スポーツセンター 第二武道場です。
通常稽古は毎週木曜・日曜(または祝日)に開催しています。通常稽古は会員限定です。
東京稽古会への参加を希望の方は 左のメールフォームよりお問い合わせください。

其の三百十九 握る 大東流合気柔術 東京稽古会  




大東流合気柔術は、いわゆる膂力(りょりょく)を用いておこなう武術ではない、という実例を再三取り上げてきた。
今回扱うこの操作法も、またその一つの例だ。



握る4

  

相手に掴まれた両手首を反し、掴ませたまま握り返す。
そうすることで相手は腰から崩れ、無力化してしまう。







この時に必要なことは、腕の筋肉でもなければ、体重の差による圧力でもない。
小指の締めを効かせることだ。



握る1



何度か言及している通り、小指は比較的弱い器官であるが、そのために全身の力を伝えることに適している。

この操作でも、親指で上からのしかかってしまうと相手は微動だにしない。
腕の筋力による出力は、ほとんど効果がないのだ。



握る3



ただし、小指の締めは、握力を使ってしまうと結局、腕力の一作用でしかなくなってしまう。
全身の動きを伝えるためには、脱力した上での操作が不可欠となる。



握る2



さらには、姿勢手刀、関節の詰めなど、単純な操作ではあるが、そこには古武術としての極意が隠されている。

文章や映像である程度の紹介をすることは可能だが、その先はやはり、個々人が継続的な修練によって会得し、磨いていくしかないだろう。




関連記事

Posted on 2020/12/20 Sun. 09:21 [edit]

category: 両手捕

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  合気柔術  手刀  古武術  姿勢 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kobujutsu.jp/tb.php/374-2179e396
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

稽古への参加希望はこちらから

大東流合気柔術って何?

これまでの動画と記事

最新記事

最新コメント

カテゴリ

アクセス数

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top