FC2ブログ

東京稽古会への入会・体験参加について

通常稽古は毎週木曜・日曜(または祝日)に開催しています。通常稽古は会員限定です。
体験参加が可能な本稽古は 12月12日(日)16時00分から19時00分まで開催します
場所は 世田谷区総合運動場 体育館 第一武道場です。
東京稽古会への入会または体験参加を希望の方は 左のメールフォームよりお問い合わせください。

其の三百五十六 搦めて投げる 大東流合気柔術 東京稽古会  




攻撃線の考え方はいろいろな角度から考察することが出来るが、今回は「相手の攻撃を止めない」ことから得られる効果について考えてみたい。



搦めて投げるサムネ-2



胸取り正面打ちは片手で胸倉を捕まえたうえで手刀による攻撃を指す。
現代では顔面に拳による打撃を試みることの方が一般的であろうから、今回は正面打ちではなく顔面突きとした。







さて、正面打ちでも顔面突きでも同じことなのだが、このように攻撃側が相手を片方の手で固定してかかってきた場合、捕り手は防御が取りにくいと考えるのではなく、攻撃側との接点を有利に活用できると捉える。



搦めて投げるサムネ3



すなわち、攻撃側は胸倉をつかむことによって自ら可動域を狭くしてしまっているのだ。
捕り手はそこを見込んで、相手に攻撃「させる」。



搦めて投げる5



顔面突きが来た場合、その打撃の軌道上にできる限り相手の腕を伸ばさせるのだ。
こうすることによって、攻撃側の両肩は必然的に詰まっていく。

正面打ちの場合にも、同じ考え方が成立する。



搦めて投げる4



試しにやってみてもらえれば良く理解できるが、相手の腕をつかんで引き伸ばそうとしても上手くいかない。
抵抗を受けて、相手の腕はあるところで止まってしまう。

しかし、自らの意志で伸びようとする腕は、攻撃側が容易く自縄自縛に陥ってしまうほど良く伸びる。



搦めて投げる1



脱力して攻撃線を外し、敵に攻撃させることで我が方を有利にする。
これもまた、大東流合気柔術の興味深い思考法であって、現代処世術としても含蓄を含んだものであると感じられる。




関連記事

Posted on 2021/11/07 Sun. 19:38 [edit]

category: 胸捕正面打

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  合気柔術  手刀  攻撃線  正面打 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kobujutsu.jp/tb.php/427-915e78e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

入会・体験希望はこちらから

大東流合気柔術って何?

これまでの動画と記事

最新記事

最新コメント

カテゴリ

アクセス数

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top