FC2ブログ

東京稽古会への入会について

通常稽古は毎週木曜・日曜(または祝日)の2回行っています。通常稽古は会員限定です。
入会希望者が参加可能な本稽古は 5月22日(日)14時30分から17時30分まで開催します。
場所は 神道扶桑教太祠 本殿  です。

東京稽古会への入会を希望される方は 左のメールフォームよりお問い合わせください。

稽古日誌 令和4年1月30日、2月6日、11日 大東流合気柔術 東京稽古会  




大東流合気柔術 東京稽古会の稽古日誌。
今回は1月の終わりから2月上旬にかけての記録です。



_20220130_181325.jpg



まずは1月30日(木)。神道扶桑教太祠 本殿での稽古。



_20220130_181455.jpg



この頃がある意味感染症騒ぎのピークだったかもしれません。参加者も少なめでしたが、その分基本姿勢や大東流の根幹となる考え方についてじっくりと取り組むことが出来ました。



_20220130_182100.jpg



武術者として、尋常ではない社会情勢にどう対応していくか。
各人が「実践する武術」をとらえ直す良い機会と考えたいものです。



_20220130_181643.jpg










2月6日(日)も、扶桑教太祠本殿での稽古。



_20220206_201439.jpg



腰で相手の力を受け入れる訓練をテーマに、両手取り小手返、搦投。



_20220206_202814.jpg



車倒、切返など…



_20220206_202129.jpg



形の稽古は、定まった動きを身体に練り込むことで、予測できない状況にも対応できる力を養成することが目的です。



_20220206_210023.jpg



共通の動きに取り組むことで、お互いに切磋琢磨できることもその利点ですね。



_20220206_210244.jpg













2月11日(金)は世田谷総合運動公園 体育館での稽古。



_20220211_201649.jpg



昇級審査組の自主練習や、YouTube用のショート動画撮影などを行った後に2時間の修練を行いました。



_20220211_205107.jpg



両手取、袖捕、衣紋締。
多彩な攻撃に対して力づくではなく対処する操作を数多く修練しました。



_20220211_203049.jpg



相手とつながり、自分の力を無理なく伝えていく。
突き詰めれば大東流合気柔術の目指すところはそれをいかに洗練していくかということです。



_20220211_203940.jpg



好んで敵を設定して、彼も我も危ういところでせめぎ合い、それに勝利する術を手に入れることを目的とするものではないと、私は考えます。



_20220211_202617.jpg



自らを強くすること。その強さとは人に勝ることではなく、あくまでも自己の鍛錬と向上をめざす過程の中にあります。

東京稽古会はそうした強さを求める人びとにとっての良きプラットフォームとして存在していきたいと思います。



_20220211_212621.jpg







関連記事
スポンサーサイト



Posted on 2022/02/21 Mon. 19:08 [edit]

category: 稽古日誌

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  合気柔術  小手返 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kobujutsu.jp/tb.php/454-6793d540
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

入会はこちらから

大東流合気柔術って何?

これまでの動画と記事

最新記事

最新コメント

カテゴリ

アクセス数

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top