FC2ブログ

扶桑会について

指導者: 石塚嘉 【達人・名人・秘伝の師範たち】
稽古日時:日曜14時半~16時半 / 木曜19時~21時
稽古場所:神道扶桑教 世田谷太祠 東京都世田谷区松原1丁目7−20 【道場紹介】 

入会希望者が参加可能な公開稽古は2月23日(金・祝)13時30分から16時30分まで開催します。
場所は 世田谷区総合運動場 体育館 第一武道場です。
扶桑会への入会を希望される方は 左のメールフォームよりお問い合わせください。

扶桑会のYouTubeチャンネルでは「メンバー限定動画」の配信を始めました。一般公開の動画ではカットしている口伝や、道場でしか見せないコツを取り上げています。
興味のある方は 「Aiki-Kobujutsu」チャンネルホームページ にアクセスして「メンバーになる」から購読手続きしてください!
【扶桑会がTV放送されました!】 縦に使う1 
NHKWorld「J-arena」(↑上の画像をクリックすると無料視聴できます) 
 

【関連商品】 縦に使う1 扶桑会DVD「柔(やわら)の力の完成」←Amazonへリンク   
【Twitter】https://twitter.com/aiki_fusoukai
【Instagram】https://www.instagram.com/aiki_kobujutsu/
【Facebook】https://fb.com/kobujutsu

其の四百四十八 親指で乗る 大東流合気柔術 扶桑会  




攻撃してきた相手と接しているところを脱力し、柔らかく使うことで打開していく動きについて、これから数回にわたってお伝えする。

「接点でぶつからない」、大東流合氣柔術ならではの考え方だ。



親指1



たとえば拳による突き、足による蹴りなど、勢いづいた攻撃者との接点を柔らかく捉えるということは、それだけで大変難しい技術だ。
最初からそうした動きが自在に出来るようにはならないので、その訓練として片手首をつかまれる状況を想定する。







最初のうちはこうした入力に対しても、やはり体がこわばってしまい、力任せに振りほどこうとするような形になってしまうだろう。



親指6



動画の中で説明している通り、初心者はまず肩から先の筋力を「オフ」にすることを目指してみてほしい。

実際には手首で相手とぶつからなければ良いのであるが、接点だけを脱力するのは慣れないうちは難しい。



親指3



そのうえで、手のひらに関しては指先を柔らかく開くようにする。
扶桑会ではこれを「手刀を活かす」と言っている。

さらに開いた手刀の親指の「背」の部分で、相手の親指の付け根に触れるようにするのだ。



親指5



この時に、先ほどの「肩から先の筋力オフ」が重要になる。

足を動かし、全身を使って相手の親指に触れていくような意識で操作してみてほしい。
このことが「ぶつからない身体の使い方」につながっていくのであるが、今回はここまで。

次回もまた、同様の動きについて解説してみたい。







関連記事
スポンサーサイト



Posted on 2023/08/19 Sat. 19:00 [edit]

category: 交叉捕

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  合気柔術  手刀 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kobujutsu.jp/tb.php/572-13a93aa6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

入会はこちらから

大東流合気柔術って何?

これまでの動画と記事

最新記事

最新コメント

カテゴリ

アクセス数

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top