FC2ブログ

扶桑会について

指導者: 石塚嘉 【達人・名人・秘伝の師範たち】
稽古日時:日曜14時半~16時半 / 木曜19時~21時
稽古場所:神道扶桑教 世田谷太祠 東京都世田谷区松原1丁目7−20 【道場紹介】 

入会希望者が参加可能な公開稽古は2月23日(金・祝)13時30分から16時30分まで開催します。
場所は 世田谷区総合運動場 体育館 第一武道場です。
扶桑会への入会を希望される方は 左のメールフォームよりお問い合わせください。

扶桑会のYouTubeチャンネルでは「メンバー限定動画」の配信を始めました。一般公開の動画ではカットしている口伝や、道場でしか見せないコツを取り上げています。
興味のある方は 「Aiki-Kobujutsu」チャンネルホームページ にアクセスして「メンバーになる」から購読手続きしてください!
【扶桑会がTV放送されました!】 縦に使う1 
NHKWorld「J-arena」(↑上の画像をクリックすると無料視聴できます) 
 

【関連商品】 縦に使う1 扶桑会DVD「柔(やわら)の力の完成」←Amazonへリンク   
【Twitter】https://twitter.com/aiki_fusoukai
【Instagram】https://www.instagram.com/aiki_kobujutsu/
【Facebook】https://fb.com/kobujutsu

【動画解説】其の四百六十五 乗せて沈む 大東流合氣柔術 扶桑会  




今回は相手の力を受け止め、つなげたまま引き落とす操作法について解説してみる。

単純な動きに見えるが、大東流合氣柔術の重要な思考法を含んだ身体操作だ。



乗せて沈む



ちなみに今回、技術展示しているのは、普段は受けに回ってくれている会員である。
今後は少しずつ、自分なりの技術の解釈を公表していく機会を設けていきたいと考えている。

人に見てもらうということは、批評にさらされるという点で大変厳しいものではあるが、その一方で非常にたくさんの気づきを得る経験でもある。
技術向上の良い契機となることを期待したい。







前置きが長くなってしまったが、動画のタイトルにあるように相手が両手で掴んできたその力を、自分の身体に「乗せて、沈む」。

簡単に言うとそれだけの操作だが、この二つの動作のあいだに、相手とのつながりを維持することが非常に難しい。



乗せて沈む1



動画の中で「どこを押しているか分からなくする」という言葉が出ていることに注目してほしいのだが、相手が掴んできたときに単純に押し返してしまうと、相手は攻撃の目標を定めやすくなる。

そうなると、力押しに突破されてしまう。



乗せて沈む4



つかまれた両手で対抗するのではなく、腰、骨盤のあたりで受け止めることで、相手は力の向けどころを失う。
その反対にこちらとしては、相手の身体の深いところを捕まえたような感覚を得られる。

これがつまり「つながる」ということなのだ。



乗せて沈む2



腰で捕まえた相手の力を、今度は真下に向けて誘導する。
二つの動作を断絶することなく、一つの流れで行うことで「つながり」を失わない感覚をつかんでいただきたい。






関連記事
スポンサーサイト



Posted on 2023/12/16 Sat. 19:00 [edit]

category: 両手捕

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  合気柔術  古武術 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kobujutsu.jp/tb.php/599-fd8b03f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

入会はこちらから

大東流合気柔術って何?

これまでの動画と記事

最新記事

最新コメント

カテゴリ

アクセス数

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top