FC2ブログ

扶桑会について

指導者: 石塚嘉 【達人・名人・秘伝の師範たち】
稽古日時:日曜14時半~16時半 / 木曜19時~21時
稽古場所:神道扶桑教 世田谷太祠 東京都世田谷区松原1丁目7−20 【道場紹介】 

入会希望者が参加可能な公開稽古は2月23日(金・祝)13時30分から16時30分まで開催します。
場所は 世田谷区総合運動場 体育館 第一武道場です。
扶桑会への入会を希望される方は 左のメールフォームよりお問い合わせください。

扶桑会のYouTubeチャンネルでは「メンバー限定動画」の配信を始めました。一般公開の動画ではカットしている口伝や、道場でしか見せないコツを取り上げています。
興味のある方は 「Aiki-Kobujutsu」チャンネルホームページ にアクセスして「メンバーになる」から購読手続きしてください!
【扶桑会がTV放送されました!】 縦に使う1 
NHKWorld「J-arena」(↑上の画像をクリックすると無料視聴できます) 
 

【関連商品】 縦に使う1 扶桑会DVD「柔(やわら)の力の完成」←Amazonへリンク   
【Twitter】https://twitter.com/aiki_fusoukai
【Instagram】https://www.instagram.com/aiki_kobujutsu/
【Facebook】https://fb.com/kobujutsu

【動画解説】其の四百六十七 剣を振る 大東流合氣柔術 扶桑会  




扶桑会では脱力のための鍛錬法として、木剣による素振りを推奨している。
これは通常立位で行うことを想像されると思うが、今回紹介するのは座ったままで振り下ろす方法である。



剣を振る1



立って行う素振りは、足の前への踏み込み、あるいは後退と合わせて全身の連動を用いて行う。

動画で説明しているように、立位の場合でも腕の力を使うのではなく、肚(丹田)から発した力を剣に乗せ、切っ先の軌跡が最大円周を描くように振る。







ところが坐位の場合には足の移動を伴わないために、肚の意識をより深く持たなければ、先に述べたような感覚で振ることはできないのだ。
はじめのうちはどうしても肩から先で剣を操作してしまいがちだ。足を使えない分、立って剣を振るよりも難しさが増すという実感を抱かれる方が多いのではないだろうか。
その分、鍛錬としての実は上がる、と私は考えている。



剣を振る5



さらに、我々の鍛錬法として坐位での素振りが適しているといえる理由に、東京の地域的事情として公共の場で木剣を振ることが難しいということがあげられる。
立った状態で自由に木剣を振り回すことができるほど、自宅に広い庭があれば話は別であるが、多くの人はそのような恵まれた環境を持っていない。

公園で模擬刀を使って居合の修練をしていた人が警察に捕まったという笑えない話もあるほどだから、深夜であっても人目につくところで剣の素振りをするなど、憚られるのが都会の実情なのだ。



剣を振る6



その点坐位で行う剣の素振りは部屋の中でも安全に行うことができる。
畳一枚のスペースがあれば家族に迷惑をかけることもなく、納得いくまで鍛錬が可能だ。



剣を振る4



少々情けない話ではあるが、かくのごとく普通の社会人が武術の稽古を行うのには、若干の制約がある。
それを知恵と工夫で乗り越えていくのも、現代の武術者に課せられた命題だとせざるを得ない。





関連記事
スポンサーサイト



Posted on 2023/12/30 Sat. 19:00 [edit]

category: 基本動作

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  合気柔術  古武術  丹田  連動 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kobujutsu.jp/tb.php/606-a6ac7e9e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

入会はこちらから

大東流合気柔術って何?

これまでの動画と記事

最新記事

最新コメント

カテゴリ

アクセス数

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top