FC2ブログ

扶桑会について

指導者: 石塚嘉 【達人・名人・秘伝の師範たち】
稽古日時:日曜14時半~16時半 / 木曜19時~21時
稽古場所:神道扶桑教 世田谷太祠 東京都世田谷区松原1丁目7−20 【道場紹介】 

入会希望者が参加可能な公開稽古は4月29日(月・祝)13時30分から16時30分まで開催します。
場所は 世田谷区総合運動場 体育館 第一武道場です。
扶桑会への入会を希望される方は 左のメールフォームよりお問い合わせください。

扶桑会のYouTubeチャンネルでは「メンバー限定動画」の配信を始めました。一般公開の動画ではカットしている口伝や、道場でしか見せないコツを取り上げています。
興味のある方は 「Aiki-Kobujutsu」チャンネルホームページ にアクセスして「メンバーになる」から購読手続きしてください!
【扶桑会がTV放送されました!】 縦に使う1 
NHKWorld「J-arena」(↑上の画像をクリックすると無料視聴できます) 
 

【関連商品】 縦に使う1 扶桑会DVD「柔(やわら)の力の完成」←Amazonへリンク   
【Twitter】https://twitter.com/aiki_fusoukai
【Instagram】https://www.instagram.com/aiki_kobujutsu/
【Facebook】https://fb.com/kobujutsu

【動画解説】其の四百七十六 軸に乗る 大東流合氣柔術 扶桑会  




今回も体軸の移動を使って崩しをかけていく操作について解説してみたい。

受け手は中段突きで攻撃を加えてくる。そうした状況への対処法としても有効だ。



軸に乗る2



相手の突きを外側に捌くのだが、この時に手刀を突きの内側に巻き込むようにして払いを入れる。
これを腕の力で強引に行うと、肩から先の腕が動くに過ぎず、相手の体幹は崩れない。







動画の中で再三言及している通り、充分に相手の身体が吊り出される位置まで自分の重心を移動させることが重要だ。

それもただ単純に体を移動させるのではなく、動かす脚と上半身にしっかりと軸を作り、そこに体重を乗せることで相手の身体は大きく崩れていく。



軸に乗る1



ここでは腕の力はほとんど使わない。

柔らかく小指から尺骨にかけての部分―これは手刀でいうと「刃」ということになる―を伸ばして、全身の移動に連動させていく。
この操作で相手は抵抗の意志を持つ間もなく体勢を崩されるのだ。



軸に乗る5



相手が外側に崩れたら、間髪を入れずに今度は相手の背後に重心移動する。
同時に相手の頸動脈に手刀の峰を当てて斬り落とすように腰を回転させると、たまらず相手は倒れてしまう。

これも実際には腕の力はほとんど使わない。
手刀はただ柔らかく相手に接しているくらいの方が強烈に効くのである。



軸に乗る3



激しく突きかかってくる相手に対して、接点がぶつからないように「大きく」動いていく。

傍目からは腕の力を使って倒しているように見えるかもしれないが、技の成否はいかに柔らかく全身を使えるかにかかっているのだ。






関連記事
スポンサーサイト



Posted on 2024/03/02 Sat. 19:00 [edit]

category: 中段突

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  合気柔術  連動  重心  手刀 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kobujutsu.jp/tb.php/616-2aec795f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

入会はこちらから

大東流合気柔術って何?

これまでの動画と記事

最新記事

最新コメント

カテゴリ

アクセス数

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top