FC2ブログ

扶桑会について

指導者: 石塚嘉 【達人・名人・秘伝の師範たち】
稽古日時:日曜14時半~16時半 / 木曜19時~21時
稽古場所:神道扶桑教 世田谷太祠 東京都世田谷区松原1丁目7−20 【道場紹介】 

入会希望者が参加可能な公開稽古は4月29日(月・祝)13時30分から16時30分まで開催します。
場所は 世田谷区総合運動場 体育館 第一武道場です。
扶桑会への入会を希望される方は 左のメールフォームよりお問い合わせください。

扶桑会のYouTubeチャンネルでは「メンバー限定動画」の配信を始めました。一般公開の動画ではカットしている口伝や、道場でしか見せないコツを取り上げています。
興味のある方は 「Aiki-Kobujutsu」チャンネルホームページ にアクセスして「メンバーになる」から購読手続きしてください!
【扶桑会がTV放送されました!】 縦に使う1 
NHKWorld「J-arena」(↑上の画像をクリックすると無料視聴できます) 
 

【関連商品】 縦に使う1 扶桑会DVD「柔(やわら)の力の完成」←Amazonへリンク   
【Twitter】https://twitter.com/aiki_fusoukai
【Instagram】https://www.instagram.com/aiki_kobujutsu/
【Facebook】https://fb.com/kobujutsu

【動画解説】其の四百七十九 千鳥足 大東流合氣柔術 扶桑会  




今回からは古武術大東流の足捌きの一つである「千鳥足(ちどりあし)」について、様々な角度から解説していく。
思いのほかバリエーションが増えてしまい、2~3か月は「千鳥足」関連の動画が続くことになるが、最後までお付き合いいただいた暁には、この足の使い方が相当程度身につくことになるはずだ。



千鳥足2



なお、動画の中では省略してただ「千鳥(ちどり)」とだけ発語していることが多々あるが、これは単に言葉足らずであるだけで、本来は「足」をつけて呼称するのが正しい。

しかしながら、この「足」を省略する呼び方が、はからずもこの操作法の問題点に触れてもいるのだ。
そうした点もこの連作の中で明らかにしていきたい。







さて、冒頭で述べたように「千鳥足」とは足捌きの一種である。

相手に対して自分の位置を変える際に、二本の足を片方ずつ動かしていくのが通常の移動方法ではあるが、千鳥足においては足を交叉させるように操作することで、一動作で身体を90度方向転換することができる。

このことがまさに千鳥足が移動の速度において優位性を持っている点だ。



千鳥足4



身体操作上の注意としては、まず「腰の向きを変える」という意識を持つこと。

その意識の中で身体を向ける側の足の爪先を大きく外側に開く。
これを軸足として、そのふくらはぎにもう一方の脚の膝を乗せるようにする。



千鳥足3



慣れてきたら「一本足で立つ」くらいの気持ちで動いてみると良い。
最初は難しく感じられるかもしれないが、そうすることで安定した体位を作ることができる。



千鳥足5



動画の中では方向の変化を可視化するために木剣を使用している。

さらに剣を構えることで、単なる足捌きの修練ではなく、姿勢を崩さずに動くことが主眼であるのだと感得できる。
骨盤に上体がまっすぐ乗った「自然体」であってこそ、有効な動きであることを心得てもらいたい。








関連記事
スポンサーサイト



Posted on 2024/03/23 Sat. 19:00 [edit]

category: 基本動作

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  古武術  姿勢  転換 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kobujutsu.jp/tb.php/624-63f5cdf9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

入会はこちらから

大東流合気柔術って何?

これまでの動画と記事

最新記事

最新コメント

カテゴリ

アクセス数

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top