FC2ブログ

東京稽古会への入会について

通常稽古は毎週木曜・日曜(または祝日)の2回行っています。通常稽古は会員限定です。
入会希望者が参加可能な本稽古は 7月31日(日)17時00分から20時00分まで開催します。
場所は 世田谷区総合運動場 体育館 第一武道場です。

東京稽古会への入会を希望される方は 左のメールフォームよりお問い合わせください。

稽古日誌令和4年 5月26日 29日 6月5日 大東流合気柔術 東京稽古会  




大東流合気柔術東京稽古会の稽古日誌です。
今回は5月下旬から6月上旬にかけての修練内容を記録していきます。



_20220526_225621.jpg



まずは5月26日(木)の稽古。



_20220526_230455.jpg



中心の力を伝える「いただきます」の形からの操作法で、相手の体勢を崩していきます。



_20220526_230806.jpg



これから夏が近づき、徐々に気温が上がっていく中での稽古となります。
熱中症や、集中力の途切れによって思わぬ怪我をする可能性もあります。

指導者側も適切な水分補給を促すなどしますが、やはり個々人が自分の体調を管理していくことが必要です。



_20220526_231134.jpg



自分自身の判断によって自分の身を守る。これも立派な武術的思考法です。



_20220526_231412.jpg









5月29日(日)は世田谷総合運動公園 体育館での稽古。



IMG_20220530_084633_066.jpg



上体を骨盤の上にまっすぐ乗せる身体の使い方をテーマに修練しました。



_20220529_225853.jpg



地球の中心から伸びる重力の線と自分の身体の軸を合致させることによるスムーズで力強い動き。
それが、東京稽古会が重視する「自然体であること」につながっていきます。



半身投a



概念としてそれを捉え直し、意識化したうえで実際に身体に練り込んでいく鍛錬ですが、頭ではわかっていても実技に落とし込むのは大変難しいものです。



_20220529_225803.jpg



まずは知ること。そして実行すること。
一夕一朝には成らない武術修行の奥行きです。



_20220529_225638.jpg









6月5日(日)は扶桑教太祠 本殿での稽古。



_20220605_195620.jpg



基本の型を冒頭に2つ修練しました。
一本捕と逆腕捕。



_20220605_192436.jpg



基本とはいいながら、非常に多くの要素を含む重要な技です。
これから継続して毎回行っていきます。



_20220605_192949.jpg



その後裏落、車倒。
さらに半座半立ちの形を複数。



_20220605_193936.jpg



この夏は昇級審査に挑む会員が多く控えています。



_20220605_194528.jpg



昇級昇段は最終目標ではありませんが、技術向上の手掛かりとして、気持ちの張りにもなります。

稽古会としても、お互いにサポートしあっていきます!



_20220605_195518.jpg



Posted on 2022/06/12 Sun. 17:36 [edit]

category: 稽古日誌

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 合気柔術  古武術  大東流  手刀  丹田  一本捕 
tb: 0   cm: 0

其の三百八十八 交叉させる 大東流合気柔術 東京稽古会  




今回は体を脱力させて柔らかく操作するための鍛錬法を紹介する。



交叉させる4



相手の攻撃に対し、体を前傾させずに自然体を保ち、中心の力を効かせることで無力化してしまう。

その時に必要な要素が、先ほども述べた「脱力」である。







動画を見れば一目瞭然であると思うが、この一連の捕手側の操作において相手との接点は終始「掴まれていない」。
対照的に相手の攻撃は両手を力いっぱいに掴んできている。



交叉させる2



掴むことで腕の内側の筋力が発動され、いわゆる「力が入った」状態になる。
すると、肩から先の腕力は発揮されるものの、身体全体としての力は無効となる。



交叉させる3



それに対して捕手側は、接点に手刀を当てるだけか、または四指と親指で接点を挟み込んでいる。

この「掴まない」操作が脱力の効果を生み、全身の連動による体全体の力を相手に伝える。



交叉させる1



その結果として、力を入れると決して発揮できない「柔らかい力」が相手の身体を絡めとってしまう。

文章ではなかなか伝わらないかもしれないが、この脱力の鍛錬で日本古武術の思考法である「やわら」の感覚を養成できるのだ。








Posted on 2022/06/11 Sat. 18:00 [edit]

category: 両手捕

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  合気柔術  手刀  古武術  中心 
tb: 0   cm: 0

其の三百八十七 手首を折る 大東流合気柔術 東京稽古会  




相手からの攻撃をうけると、どうしても恐怖心が生まれる。

約束の上に成り立つ形稽古でも、双方気持ちが乗るほどに攻めは激しく、強くなるし、またそうでなくてはいけない。



手首を折る4



そんな時に、相手の攻撃を無効化した状態で技をかけていくという考え方がある。







すなわち大東流合気柔術の2ヶ条の捌きでは、相手との間合いを取って向こうの攻撃力を減衰させるという思考法を使う。



手首を折る3



攻めを受けたときに、それを柔らかく自分の重心に乗せ、そのまま身体を移動させることで、相手を身動きが出来ない状態に追い込むのだ。



手首を折る1



今回の操作では、三角点に重心を移動して爪先立ちにさせ、手刀による接点に相手が寄りかかるような状態を作ってしまう。
言わば、相手がこちらの接点に「頼り切る」ように。



手首を折る5



この重心移動において、このところ再三言及している「自然体での捌き」が有効となるが、詳しい解説はまた次項に譲ることとしたい。









Posted on 2022/06/04 Sat. 18:00 [edit]

category: 正面打

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  合気柔術  手刀 
tb: 0   cm: 0

稽古日誌 令和4年5月15日 19日 22日本稽古 大東流合気柔術 東京稽古会  




大東流合気柔術東京稽古会の稽古日誌、今回は五月中旬の稽古の記録です。

5月15日(日)は扶桑教太祠 本殿を拝借しての稽古です。



_20220515_190231.jpg



この日は基本操作の確認ののち、「乗せる」動きについて修練。



_20220515_184011.jpg



様々な形に派生させて練り込んでいきました。




_20220515_184827.jpg



東京稽古会では、稽古終了後に会員それぞれが当日の感想を述べます。

自分の感覚や気づきを言語化することは、技術や思考法を自分の血肉にするためには非常に有効です。



_20220515_185727.jpg



そしてまた、他者の意識化した感覚を聞くことも大きな学びになります。

この日も良い稽古ができました。



_20220515_190411.jpg












続いては5月19日(木)の稽古。



_20220519_225817.jpg



基本動作である「手刀の使い方」について、多種多様な操作法を反復練習しました。



_20220519_230326.jpg



詰める、突く、斬る、摺り上げる…



_20220519_230924.jpg



原点に立ち返って修練するうちに、基本の奥に隠されたものがおぼろげに見えてきます。



_20220519_231448.jpg



古武術修業は、熟練者も初心者も等しく、新しい発見を与えてくれることを実感します。



_20220519_225322.jpg









最後は5月22日(日)。この日は5月の本稽古です。



_20220522_193841.jpg



新しく入会を希望する二人を受け入れての稽古でした。



_20220522_194705.jpg



日本文化を外国に伝えたり、武術とは全く違う分野で活躍しながら、そこで活用するために日本古来の身体の使い方を研究したいという明確な目標を持った人たちが、この大東流合気柔術の門を叩いてくれています。



_20220522_194852.jpg



稽古会を主宰するようになって8年。もっとも手ごたえを感じるのはこうした人たちとの出会いです。



_20220522_193721.jpg



現代日本人が失ってしまった古武術の思考法や身体運用法、またそこに秘められた知恵を、できるだけたくさんの人に伝えていきたい、またそれをより深く研究し、身につけたい。

そうした思いで始めたささやかな会が、少しづつ育っています。



_20220522_194959.jpg



原点を忘れることなく精進を重ね、着実に進んでいきます。




_20220522_195358.jpg










Posted on 2022/05/30 Mon. 18:39 [edit]

category: 稽古日誌

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  合気柔術  手刀  古武術  姿勢 
tb: 0   cm: 0

其の三百八十六 胸取裏落 大東流合気柔術 東京稽古会  




自然体でいることでこそ、本来自分が持っている力を発揮できるということを、大東流合気柔術の技法を通じて体感する。
東京稽古会の修練は、そうした実感をもとに本来日本人が有していた身体感覚を取り戻すことを一つの目的にしている。



裏落サムネ



今回取り上げたこの古武術特有の動きも、その実感を得るのにとても適した操作だ。







相手が掴みかかってくる動きに対して、手刀中心に差し出しつつ、すれちがうように側方へ捌く。
すると当然手刀が相手に接触するが、そこには意識を向けずただ自然体のまま身体を動かしていくことに集中する。



裏落1



この時に相手との接点である手刀に力が入ってしまうと、相手の身体との「つながり」が切れてしまう。

現代人には感覚的に腕の力で物事を進めようとする習性があるので、どうしても最初の内はそこで滞ってしまいがちだ。



裏落3



そこを乗り越え、手刀を身体全体のものとして使えたとき、つまり全身が一体となった時、相手の身体は苦も無く動く。

全身を一体化する、すなわち自然体で動くということだ。



裏落4



自然体については語るべきこと、伝えたいことがまだ多く残るが、それもまたおいおい稿を改めて述べていきたい。






Posted on 2022/05/28 Sat. 18:00 [edit]

category: 胸捕

thread: 古流武術・武道 - janre: スポーツ

tag: 大東流  合気柔術  手刀  古武術  中心 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

入会はこちらから

大東流合気柔術って何?

これまでの動画と記事

最新記事

最新コメント

カテゴリ

アクセス数

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top